--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 05

面談日でもあり、入所前日でもあった3月14日。2

2月5日(水) 一昨日の続き^^;

兄の本音
ホスピスに入所するにあたり、兄とお金の話を諸々としていた時に判明した事実。
母の年金は多少あるにしても、生活費やら医療費、その他は兄の退職金で賄われていたのだが、残額はもう殆ど無いとの事!
ホスピス云々・・・どころの状態では既にない!
それどころか来月の生活費さえ危ういと兄は言った。
「何でもっと早く言ってくれなかったの?」
と問う私に、普段は聞く事のない「父に対する兄の本音」がとびだした!


「いや・・・実はさ・・・
嬉しい事ではあるんだけど、正直お父さんがココまで頑張ってくれるとは思ってもみなかったんだよね。
膵臓癌を告知された時に言われた”余命宣告”では3ヵ月~半年。
抗がん剤が上手くいって1年。って言われたじゃんか?
お兄ちゃんが仕事に行ってても頻繁に遅刻や早退したり、有休も使い切って欠勤も多くなったりで・・・
色々と会社に居辛くなったり・・・ってのもあったし、お兄ちゃん自身が体調壊しちゃったりなんかして。
だったら思い切って退職して、お父さんの傍に最期まで一緒に居てあげようと思ったんだ。
余命宣告なんかをマトモに信じてた訳ではないけど、正直、膵臓癌の末期だと言われて、変な言い方だけどココまで頑張ってくれるだなんて思わなかったから・・・
お兄ちゃんの退職金があれば1~2年位は大丈夫!って思ったんだけど・・・
喜ぶ事なんだけど・・・でも・・・だから計算外で・・・
お兄ちゃんもどうしようか?と悩んでいたんだよ・・・」


その言葉を聞き、兄の優しさ、覚悟、父に対する愛情をひしひしと感じた私。
確かに何か事あるごとに、父は「お兄ちゃん、お兄ちゃん」で、全てを”おんぶに抱っこ”状態!
兄が仕事を辞め実家に居ても、仕事中でも夜中や明け方でも、私にも電話をしてきていた父。
私はそれでも、兄が父の傍に居てくれたからこそ気持ちの持ちようも違ったし、何とか仕事も続けてこれた。
逆に、兄も仕事を辞めてしまったから・・・いくら退職金があったにせよ、いつまでも持つ訳がないのだから、少しでも多く実家に金銭面で協力できれば!と思ってきた。
でも、それも全ては兄が父から片時も離れずに居てくれたから出来た事・・・兄のおかげ!

「聞きづらい話だったけど兄ちゃんにちゃんと聞いて良かったよ!
んで、話してくれて本当に良かった!
・・・判った!お金の事は全て私に任せて!
ちゃんと後の事(兄・母の生活費も含めて)も考えるから大丈夫だよ。安心して^^」


・・・そんな経緯があり、私はコッソリと、誰にも悟られないように銀行へ電話をした。
今まで(ほんの少しだけど)あった自分の貯金も実家に入れ・・・
でも何かあった時の為にと思い、少しづつ積み立てていた定期預金。
定期なんか解約したところで雀の涙ほどしかない!んじゃ、どうする?今から仕事を掛け持ちしたって間に合わない!
結果・・・お恥ずかしい話だが出した結論は「銀行から借入しよう」そう思っての電話だった。

電話でざっと話をし、その後銀行へ向かったのだが・・・
今まで銀行で借入なんぞした事がない為勝手もわからず・・・
教育ローンとかマイカーローンとか・・・借換や、家の購入・・・それらとも違う為、何を申し込んだら良いのかも判らない。
何を話せば良いのかも判らない為に、私は担当の方に1~10まで全てをお話しした。
「摂りあえず預貯金もないんですよねぇ~~~^^;」なんて・・・恥ずかしい話もした。
・・・まぁ、この時は恥ずかしいも何もなかったし、かっこつけてる場合じゃないと思ったからお構いなしだったっけ!

使途が自由(?)でも、ちゃんとした金額提示をしなければ申し込みも出来ないけど、その前に、こんな私でも借入が出来るのか?が、大いなる疑問であった。
それに・・・金額提示と言われても・・・
ホスピスに入所して、その後父がどれ位頑張ってくれるのか判らない。
頑張ってくれる期間が長ければ長いほど良いに決まってる!
ホスピスに入所し、頑張っている父に「もうお金がないから退院しなくちゃ!」なんてことは言えないし、まして体調がもっと悪くなったらそんな事は到底出来ないし、したくもない!
父が思う存分心置きなく・・・また、私たち家族も父との大事な時間を「お金の不安」なんかで共に過ごしたくない。
余裕があれば余計な心配もせず、父と大事な時間が過ごせるというもの。


姉の知人の旦那様が、父と同じホスピスで最期を過ごされたようで、おおよそ1ヶ月(個室で)60万近く掛かったとの情報を得ていたので
「では摂りあえず60万の申し込みでお願いします^^;
それで審査が通り融資が受けられたとして・・・不足分も再度申し込む事も出来ますか?」
と訊ねる私に、担当の方は親切・丁寧・裏技(?)的な秘策も授けてくれた^^

・・・あとは審査が通るか否か。
万が一駄目でも、どうせダメモトで!で申し込んだのだから諦めよう!それならそれで他の手を打つまでだ!
後は野となれ山となれ!だ!
と、とても40過ぎのいい大人が考えるとは思えない思考回路で金策を練っていた私^^;
摂りあえず100万程度、都合付けられれば当面は平気だろ?そんな感じだったっけ。

そして数日後・・・
(父は既にホスピスに入所していたが)無事に審査も通り融資を受けられる事に相成った・・・これでほっと一安心♪
でも・・・一体幾らまで融資可能かは判らないわけで・・・
母と兄の生活費も考えなくちゃだし・・・う~~~ん(-_-;)てな不安を抱えてたっちゃ抱えてた訳だけど。
そんな後のことはまたその時に考えりゃ良い!今は父との時間を大切にしよう!そう思った。

(※ 今現在、銀行にお借りしたお金は既に返済が終わっております^^)



そして・・・
いよいよ父が最期を過ごした、ホスピス入所の3月15日を向かえた。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))






スポンサーサイト
2014. . 03

面談日でもあり、入所前日でもあった3月14日。1

2月3日(月) なんかココ2~3日は暖かいですね~^^

回想
2月に入り、取り敢えずは何事もなく自分の誕生日を迎えた1日。
癌になる以前の父は自分の誕生日や家族の誕生日を迎えると
「別にめでたくねぇ~よ!生きてりゃ歳はとるんだから!」
そんな事を口にしていたけど、癌にかかってからは違った。
誕生日を迎えた父に「おめでとう!」を言うといつもの如く「生きてりゃ・・・・・」と言いかける父に
「その生きてりゃ!が大事なんだよ!無事に歳をとれるって事は、生きてるからこそ!なんだと思うけど?」
と言う私に、父にしては珍しく素直に言った。
「そりゃそ~だ!その通りだな!」

そして父と過ごせた最後の私の誕生日。2年前の父の言葉をふと思い出す。
「誕生日かぁ~・・・みぃーは40歳か。いいなぁ~!まだまだ若いな!
40歳とまでは言わなくても・・・お父さんは出来るなら20年前に戻りたいな・・・」
・・・そんな言葉を口にした。
父のその時の気持ち・・・父の気持ちが痛いほど胸に突き刺さったっけ。
そんな事を思い出した1日だった。





兄の気持ち
いつもの如くで・・・
大分話は遡り、2年前の3月14日。
待ちに待ったホスピスの面談日だったが、思いがけず翌日からの入所を言い渡された父と私たち家族。
父は複雑な表情を浮かべてはいたものの、数ヶ月に及ぶ何とも言い表わせない辛さ・息苦しさ・不眠による症状が少しでも緩和できる!と、少なからず安堵していたようだ。
勿論、入所する=入院→家族と離れる そんな状態になるのは嫌だけど・・・そんな気持ちでもあったようだ。

ソーシャルワーカーのYさんでさえ「異例の事態」と仰ったし、緩和病棟の看護師さんでさえも驚かれた「即・入院!」
父本人でさえ気持ちの整理がつかぬまま・・・
また私たち家族の心の準備も出来ぬまま・・・
「父ちゃんの状態が少しでも楽になれば!」それだけを考え、入所するにあたっての色々な準備にあたった私。

厭らしい話しではあるけど、正直、最初に私が一番懸念していた事は「お金の事!」
父の症状の事は医師や看護師さんにお任せ出来たとして、ぶっちゃけ直接関係してくる事は多大な費用である事は間違いない!
むかぁ~し昔の記事に書いたけど、「父がいざ!ホスピスに入所」を希望したなら・・・私は昼・夜、仕事を掛け持ちしてもかまわない!入院費用を用意する!と、心に決めていた。
でも、いざ!となったこの日には「昼夜仕事」を選択する事はなかった。
病院の面談から自宅に帰り、父や家族と諸々の不安解消に努めた後、私は誰にも悟られないように銀行へ電話をかけた。

恥ずかしい話しではあるが・・・
父が病気になってから、兄は20数年を勤めた会社を辞めた。
母の年金以外は収入も無く、その間の生活費や医療費は全て兄の退職金で賄われていた。
無論、私も出来るだけの事はしていたのだが・・・

最終的に父に「ホスピス」の話をした後、兄とお金の話をしていた時に兄に聞いた。
「厭らしい話・・・あと兄ちゃんの預貯金はどの位ある?」
すると、思いがけない言葉が返ってきた。
「いや・・・恥ずかしい話、もうほとんど残ってないんだ。
だから正直、来月の生活費や医療費もどうしようかと考えていたところで・・・
お父さんには可哀想だけど・・・ホスピスって言われても、正直お金がない。」

この言葉には驚いた!心底驚いた!
だけど・・・兄の言葉の真意を読み解こう。そう思ったが口から言葉がこぼれ出ていた。

「兄ちゃん・・・兄ちゃんの気持ちは痛いほど判るつもりだよ。
心配かけちゃいけない!って、これ以上の負担はかけちゃいけない!って・・・
そんな風に思っていてくれたのは感謝だけど、でもね!それは違うんじゃないの!
ホスピスに入所するお金が有るとか無いとかの話じゃなくて・・・
その前に兄ちゃんや母ちゃんの生活だってあるんだよ!父ちゃんがホスピスに入所しないとしたって、この先どうするつもりだったのよ?
何でもっと早く・・・こんなになる前に相談してくれなかったのよ?
・・・いや!・・・でも、そんな状態になるまで気付けなくて・・・逆に申し訳ない。」

そんな言葉を発してしまった私。すると思わぬ兄の本音がとび出した。




長くなったので続きます。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))
2010. . 04

気晴らし♪

9月4日(土)
1週間の仕事終わりの金曜日!
先週は体調不良の為、実家へは行ったものの泊まる事ができず・・・
今週の金曜日こそは兄とお酒でも♪と思っていたのだが、どうやら兄は前の会社の人達との『飲み会』に参加するようだ!



兄が会社を辞める2年ほど前、私は兄の働く会社でパートとして1年弱を過ごした。
皆さんは中々馴染みが無いと思われる『真空ポンプ』の製造・修理をする会社。
兄が働く支社では修理を専門としていた。
小型のポンプでも軽くて10Kgほどはある・・・大型のモノではクレーンを使わなければ持ち運び出来ないほどに重い!
私は主に『小型』ばかりを担当していたが、それでも重いものは35Kgほど・・・
力をも必要とし、薬品の刺激物取扱に悪臭・・・女性には向かないであろうと思われる作業の数々・・・・・
そのせいか現場で働く方達は全て男性のみであった!
支社には総勢80名弱の人が働いていたが、女性は私を含め5名のみ!現場で働くのは私1人であった。

兄の妹だからなのか?皆さん私よりは年上の方達ばかりだったからなのか?
それとも(一応)私が女性だから^^?・・・よく判らないが、皆さんとても可愛がってくれた♪
私が辞めた後も『飲み会』などがあると、私の元へもお誘いの連絡をくれる^^
ある時などは兄にお誘いがなかったのに、私は誘われる・・・そんな時もあった!

1度だけ兄とともに参加した時があったが、お互いにイマイチ楽しめない!
総勢10名程の飲み会だが、やはり女性は私のみ・・・
男性ばかり集まれば話の内容も偏り、女性(しかも妹)の前では話しづらい内容もかなりあるだろう!
それから私はお誘いがあっても断るようにしていた^^

兄から「また飲み会やるみたいだけど、みぃーにも連絡きた?」と聞かれ「こないよ^^」と答えていたが、実はお誘いのメールはきていた。
しかし上手い事を書き、やんわりとお断りしていた!そして勿論、連絡のあった事は兄には内緒にして貰う^^
僅か女性1人しか参加しないのに、その女性が自分の妹!妹が一緒の飲み会なんて・・・
私が兄の立場なら、楽しめる筈などない!要らない気を使いながら呑むお酒なんて美味しく感じない!


余談だが、我が兄弟(3人)は父・イチロー家系の血が色濃く受け継がれているようで(?)皆、お酒が強い!
(・・・因みに母はまったくの下戸である!)
しかし兄は大昔・・・まだ若い頃に『泥酔』し、吐きまくり、苦しい辛い想いを2度ほどしたらしく、それ以来は滅多に呑まないし、呑んだとしても嗜む程度!
姉も普段は呑まないが、呑み出すと凄い量を呑むし時間も長い!
まぁ・・・でも・・・吐くほど呑むとトイレに閉じ篭り手がつけられないのだけれど・・・
そして私の場合はお腹が苦しくなると自ら吐く!そしてまた呑む!そして吐く!呑む!・・・の繰り返し(←バカ)
お酒を呑み吐く事が苦にならず、何とも思わない私は、日常的にそれを繰り返していた!
こうして昔なるべくして『急性膵炎』になったと思われ・・・(-_-;)


まっ、バカな私の事はいいとして・・・・・
普段から両親の外出時に送迎をし、無駄に出掛ける事も遊ぶ事もしない兄!
交流関係も決して広いとは言えず、社交性もあまり無い兄!
余程の事が無い限り、人が集まる場には参加したがらない兄!
そんな兄が唯一参加するこの『飲み会』♪

兄が高校生の時の友達が同期でもある^^
20数年もの間、共に現場で働いてきた仲間達・・・
男の人達はあまり愚痴をこぼしたりはしないんだろうけど、普段、私たち家族には言えないうっぷんを晴らすべく、心の底から楽しんで来て欲しい♪

兄ちゃん・・・本当にいつも有難う!人´Д`*)




・・・さっ、今日は私が昔勤めていた会社の人達との飲み会だっ♪
その前に美容院へでも2ヶ月ぶりに行って来るか!
私の飲み会は珍しくないけど、前の会社の人達との飲み会は本当に久しぶり^^
私も楽しんでこよっと(o^-^o)


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
      ↑
押して頂けると嬉しいです^^
お手数をお掛けしてすみませんが、宜しくお願い致します(。・人・`。))
2010. . 20

珍しい!

8月20日(金)
今日の昼休み、父の誕生日プレゼントの事で兄に電話をかけてみた!
「来週の26日って父ちゃんの誕生日じゃん!また一緒に何か買う^^?」と聞く私に、
「え~・・・何かプレゼントするの?別にどっちでも善いけど・・・」と、以外にも冷めた返事が兄から返って来た!

ん?何だこのテンション低めの反応は!

「え~!誕生日プレゼント買わないのぉ~?嫌なのぉ~?」と再度兄にお伺いをたてる私。
すると、まるで兄の口から出てくる言葉とは思えないような発言がっ(☉∀☉)
「どーせ何を上げても文句しか言わないんだから!
去年の腕時計もそうだけど、この間の電気シェーバーだって、自分の使い方がイケないのに剃れないとか言ってるし・・・
もし買うなら、みぃーに任せるよ!お金は出すから!」と来たもんだ∑(O_O;)


兄よ・・・一体どーしたのですか?
イチローが、また何かやらかしましたでしょうか・・・(ー_ー?)
それとも、たまたま何か・・・虫の居所でも悪かったのでしょうか?
普段、温厚な貴方様がそのような事を仰るなんて・・・まぢでビビリましたよ妹は

でも考えてみたら・・・まぁ、考えなくてもだけど
普段から温厚すぎ・人が良すぎ・優しすぎ・我慢しすぎな兄の事・・・虫の居所が悪い時や、例え親にだってムカつく時くらいあらぁ~な!
ってか、ない方がオカシイもんな!

最近では父の病状も安定しているし、双方の事を考え実家に泊まりに行く事が中々無かった!
今日は無理だけど、来週の金曜日にでも久々に実家に泊まりに行ってみるとするか!

兄よ・・・いつも本当に有難うございます!
昔から貴方様には感謝の気持ちで頭が上がりませんです・・・
泊まりに行った際には、また2人で酒でも酌み交わしましょう!
そして、その時は滅多に言わない愚痴を、また聞かせて下さいねΣd(・ω・´。)


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。