--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 01

発熱

2月28日(日)
いつも通りIちゃんと実家に向かおうとしていた。
普段だと2時過ぎに行くのだが、この日は昼頃に兄からメールと実家からの電話が入った。
丁度お風呂に入っていて気付かなかったのだが、お風呂から出た時にIちゃんから電話が鳴っていたと聞き「馬券買ってきて!」の電話かなぁ?と思いつつ、兄の携帯に電話を入れてみた。
が・珍しく出ない!「もしや父ちゃんの身に何かあったのかも?」と急いで実家に再度かけ直してみる。
「もしもし^^」と母の呑気そうな声に少しだけ安心した。
そして「待ってね!今、お父さんに代わるから・・・」との言葉で「やっぱり馬券か!」と思った矢先、父の暗い声に驚いた。
「もしもし、みぃーか?お父さんだけど・・・朝から熱が出て解熱剤を飲んでいるけど熱が下がらない。何でだろうか?」と言った。

去年の確か・・・8月だったと記憶しているが、抗がん剤投与後に一度・父は高熱を出した。
次の日に診察を控えており、少し調子が悪かったがお風呂に入ったらしい。
お風呂から出てきて着替えを済ませた直後であった。
座り込んだ父は急に震えだした。
あまりにも”ガタガタ”と震える父を、母は布団で包み布団の上から父を抱きかかえたが、抱きかかえた母さえも一緒に震えてしまうほど、酷い状態であった。
熱を計ると39.3℃もあった。
直ぐに病院へ連絡して、緊急で診て貰い事なきを経たが、それ以来は高熱が出るという事はなかった。

「とにかく暖かくしていて!これから直ぐに実家に向かうけど、前のようになったら大変だから・・・ちょっと兄ちゃんに電話を代わって!」と言い、兄に代わって貰った。
直ぐに実家に向かう事と、その間にも熱が上がるようであれば病院に連絡を入れて貰えるように話し電話を切った。
急いで仕度をしていると、再度兄から電話が入った。
「確かに熱があるけど今は少し落ち着いていて、お父さん本人ももう少し様子を観ると言っているから、取り敢えず病院へは連絡しないでいるよ。」との事であった。

「もぉ~、またそんな事言って・・・」と思いながら身支度を整え、急いで実家に向かった。
実家に着くと父は具合の悪そうな顔で布団に横たわっていた。
「どうよ?少しは熱下がってきているの?」と訊ねる私に父は応えた。

「朝、新聞(競馬新聞)を買いに行って帰ってきたら急に頭が痛くなって、熱を計ってみたら38.4℃あった。前に病院で貰っておいた解熱剤を直ぐに飲んで横になっていたが下がらず、みぃーに電話する少し前にも飲んだ・・・今は37℃台に下がってきたから、少し様子を観てみるけど・・・何で熱が出たのかなぁ・・・?」
と、不安げな顔で私に聞く父。

そんな父を何とも言えない気持ちで、暫くの間言葉が出てこないで見ていた。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m

スポンサーサイト

comment

メイ
お父さん、熱下がりましたか?
胆管炎とかの可能性もあるので、病院に早く行ったほうが良いかと思います。
みぃー。さん、お父さんの事心配でしょうが、自分の体を大切にね。
お父さんも、それを望んでるはずです。

リンクに入れて下さってたんですね。
すごく嬉しいです。
ありがとうございます。
2010.03.01 21:55
みぃー。
メイさま
親知らず・風邪の具合は大分善いのでしょうか?
ご自分がお辛い時に、お優しいコメントを有難うございます♪
日記の続きをupしなかった為に、余計なご心配をおかけして申し訳有りませんでした。
お陰様で父の熱は下がりました^^

自分の手術も折を見て受けようかなぁ・・・と思っております(-_-;)

そして・・・そうなんです!リンク先に置かせて頂いてました^^
何のお知らせもせずに、勝手にしてしまった事をお許し下さいませ(>人<)
2010.03.02 11:47

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/107-32e3c6a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。