--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 05

最愛3

決意

ふと我に返り、直ぐさま病院へ駆けつけた。
病室の中、祖母を見て涙が溢れた。声を出して泣く私に看護師は
「他の患者さんの迷惑になりますので、泣かないで下さい」と冷たく言い放った。
とんぼ返りで実家に戻り大泣きしている私に、病院から戻って来た親戚達は皆口々に私を叱責した。
「お前は冷たい子だねっ!あんなにお婆さんがお前の名前を呼んでいたのに、何で最期まで看取ってあげないのっ!」と。
私は勝手な事を言う親戚達に腹がたった。
祖母はずっと、親戚中をたらい回しにされ最終的に父の住む実家に安住したのだ。
手術する前、誰一人として手術に反対しなかったくせに、亡くなった現実に父や母を責める。
そして自分たちは祖母の実の子供であるにも関わらず、祖母は誰の名前も呼んでいなかった。
父の夢枕に立ち「頼むね」と言い・嫁である母に「有難う」と告げ、何十人も居る孫の中で私の名を呼び亡くなっていったんだ。
唯でさえ私は素行が悪く、警察のお世話にもなっていたりした。
しかし家族や親戚には従順で在った筈だ。
何時もなら何を言われても、決して逆らわないようにしていた私だが、この時ばかりは許せなかった。
「てめーら、ふざけた事言ってんじゃねーよ!どの口でそんな事言ってんだ!」
父や母の立場を考えている余裕などなかった。
私が言い放つと親戚達は目を丸くして驚いていた。

祖母が病院から戻って来た。
亡くなった祖母が横たわる布団の傍らで、父は泣きながら「母ちゃん、母ちゃん」と言い一緒に寝ていた。
その姿を見て私は思った。
当時の私は酷く冷めた人間で、両親に対する愛情が全くなかった。
「婆ちゃんが死ぬくらいなら、両親が死ねばいいのに・・・」等と思う愚か者であった。
しかし・そんな父や、親戚達の叱責を受ける母を見ていて考えが変わった。
私の全てであった祖母・・・
その祖母亡き今、私の全ては両親なのだ・・・。
祖母の分も、両親を大切にしなければいけない!と心から思った。
もっと・もっと、両親に対して歩み寄らなければ・・・
最愛の人を亡くして初めて、大事な両親と言う存在に気が付いた。
「婆ちゃんは私に大事な事を気付かせてくれた。教えてくれた。」そう思った。
危篤状態から葬儀終了後まで僅か一週間で私の体重は4kg減った。


あの時の気持ちを忘れない。
祖母の時のように「後悔」だけはしたくない。
そう思い、後悔が残らないように・離れていた時間を取り戻すように今、父と過ごしている。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m




スポンサーサイト

comment

メイ
親戚の人達もやり場のない怒りや悲しみを、みぃー。さんや、ご家族に向けちゃったんだろうね。
でも、そんなの許しちゃダメです。
みぃー。さん、かっこいい!
2010.03.05 23:01
macha
みぃー様

大事な事に気付き、後悔しないよう行動する・・・
なかなかできないことですよね。
みぃー様・・立派です。
2010.03.06 09:35
みぃー。
メイちゃん
(お言葉に甘えて”さん”は付けませんね^^)
その当時はまだ17歳と言う若さ故の発言だったんですが、我慢出来ませんでしたねぇ~(-_-;)
まぁ~しかし、その後の私の評判は最悪でしたよ^^
いつも鋭いコメントを有難うございます♪
感謝です!
2010.03.06 11:59
みぃー。
machaさま
ご訪問・コメントを有難うございます^^
お加減は如何でしょうか?

私は 立派です なんてお褒め頂ける様な人間ではありませんよぉ~(汗)
ただ・・・行動を起こさないで後悔するぐらいなら、行動を起こして後悔する方が心残りはないかなぁ・・・なんて思っております^^
まぁ・その結果、ろくな事をしないんですね・・・(-_‐;)
わざわざコメントを有難うございました♪
これからも宜しくお願いしまぁ~す^^
2010.03.06 12:08

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/114-6a1fdb3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。