--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 19

K病院を退院

考えてみたら、正式な(?)告知は4月6日であったが、仮の(?)告知は3月27日という事になる。
・・・という事は、何時から”膵臓癌”になっていたのだろう?
身体に痒みが出始めた時?
それとも黄疸が出始めた時?
今となっては知る術もないが、何せ発見された時には手遅れに近いと言う”膵臓癌”はとにかく進行が早いという。

およそ2週間の入院期間を経ても、父の黄疸値は中々下がらない。
そして、その間はずっと絶食中・・・
入院していても、点滴を打つ・薬を飲む・薬を塗る以外は特別な治療が出来ない。
・・・だったらと、父を含め家族で話し合った結果、実家から近く、同市内の病院へ転院しようと言う事になった。

担当医も「そうですね、今後の治療を考えたら自宅の近くが良いでしょうね」との事で、色々な資料を用意してくれた。
2009年4月11日(土)K病院を退院した。
退院時の注意点として
1、自宅では点滴を打たない代わりに、水分を多く摂取する事。
2、食事は基本的に何を食べても良いが、脂っこい物は多く摂取しない。
3、なるべく消化の良い物を摂取する様、心がける。
4、転院先との治療が始まる前に、何かあったら直ぐにK病院を受診する事。
位であった。

2週間ぶりの我が家に、父も少し落ち着きを取り戻しつつあった。
後は、とにかく黄疸値が下がり、身体の痒みが緩和される事、一日も早く何かしらの治療を始められる様にと祈るばかりだった。

K病院に入院時の父の体重は56.5kgだったが、退院時には48kgしかなかった。
僅か2週間の入院で8.5kgも痩せてしまった父・・・
元々、細身で小柄な父だが、今までよりも一回りも二回りも小さくなってしまった父を見ると切なくなった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/12-e26bd116
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。