--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 16

年貢の納め時

5月13日(木)
次の日に診察を控え、実家に顔を出そうか・連絡を入れようかと思っていたが、翌日の診察後、会社帰りに実家へ行けば良いか!と思い、連絡も顔も出さないでいた。
もしも体調に不安があれば、私に連絡が来るだろう・・・・・などと思っていた。

最近は寝付きが良い私であったが、この日は夜中と言うか、朝方の3時過ぎまで寝付かないでいた・・・・


5月14日(金)
早朝5時30分頃に携帯が鳴った!
こんな時間に電話がかかってくるのは、実家しかない・・・
直ぐに飛び起き電話に出たが、頭の中はまだボーっとしていた。

電話の相手は母であった。
「あ、みぃー?お母さんだけど・・・・・
今ちょっと前に、お父さんが救急車で運ばれて・・・お兄ちゃんが一緒に行ってくれたんだけど・・・」

その言葉に、ただ「うん、うん、解った。」としか返さなかった私。
その後も母は説明をしてくれて「じゃぁ、この後はお姉ちゃんの家にも電話を入れるね!」と言い、取り敢えずは電話をきった。

ベッドの上で暫しボケェ~としながら頭の中を整理し、母に電話をかけ直した。
「あっ、みぃーだけど・・・姉ちゃん起きてた?何て言ってた?」と聞くと
「お姉ちゃん起きてたよ!みぃーには連絡入れたの?と聞かれたから、連絡は入れたと言って電話をきったけど・・・」と母は答えた。
「取り敢えず、今から実家に行くから!病院の兄ちゃんから連絡が来たら、そう伝えておいて!」と言って、化粧もせず、着替えのみを済ませ、足早に実家に向かった。

実家に着き、救急車を呼んだ経緯を詳しく母から聞きだす。
そのうち一緒に病院へ行った兄から電話が入った!直ぐに電話をかわって貰い、今の状況を聞く。

「さっきレントゲンを撮って、今はまだ救急外来の中にいて詳しい様子は解らないんだけど・・・」との事。
それを聞き「念の為に入院道具を持って、今から病院へ向かうから!」と伝えた。
その兄と電話をしている最中も、姉から私の元に連絡が入ったりで忙しかった。


前日の木曜日から、父は呼吸困難な状態が続いていたらしく、翌日の診察まで我慢しようとしていたらしい。
しかし朝方、いよいよ息が出来ずに苦しくなり、寝ていた兄を起こしたと言う。
以前も父はサチュレーションが下がり、救急で診察を受けた事が何度かあった。
応急用として酸素の缶をストックしていたので、それを吸ってみたようだが、そんな物ではどうにも為らなかったようだ!
苦しいながらも、かろうじて父は動けたので、兄の車で病院へ連れて行って貰おうとしたらしいが、兄は救急車を呼ぶ事を選択した。
救急車なら酸素吸引が出来るからだ。
救急車到着後、15分ほど車内で血圧やらサチュレーションやら測って貰い、案の定サチュレーションが下がりすぎていた事が判明した。
そして兄が救急車へ同乗し、病院へ向かった。と言う経緯だった。

タクシーを呼び、待っている間にも兄から連絡が入る。
「今日は元々診察が入っている日なので、通常通り手続きをして診察の順番を待ってくれ!との事で、お父さんは先程救急外来から出てきて、今はお兄ちゃんと廊下で待ってるよ!」と言った。
それを聞き「なんだ!そりゃ?」と思ったが、電話で話すより直接病院へ行った方が早い!
「とにかく今から行くから!」とだけ伝え、タクシーに乗り込み病院へ急いだ。

病院へ着くと、病院入り口の診察受付機の前のベンチで兄が待っていた。
「救急外来の先生の話だと、担当のA先生の診察を通常通り受けて貰わないと・・・
と言う事で、酸素もあまり吸わない方が良いと言っていた。
お父さんは取り敢えず、血液検査室の前で待っているから!」と言われ、父の元に急いだ!

まだ時間は7時ちょっと過ぎだった。
父は前かがみになりながら、ベンチに1人腰掛けていた・・・
私に気付くと「ゼイ・・・ゼイ・・・」と呼吸しながらも「みぃーか!来てくれたのか!」と言った。

横で聞いていても呼吸の仕方が尋常じゃない!
兄は元々『喘息持ち』で、発作が出て入院した事が何度もある。
兄の発作が出た時の呼吸の仕方であった。

父は喋るのさえも辛いくせに、一生懸命、私に昨日からの経緯を説明してくれた。
そんな父を見ていて、病院に対して腹が立った!
診察までは、あと何時間もある・・・
何故、こんなに苦しそうにしている父を廊下で待たせているのだ?
A先生の診察が始まるまで、救急外来の中で、ベッドの上で休ませてくれれば良いのに!

そんな状態のまま、父と並び、とにかく時間が経つのを待った。

8時15分、血液検査を済ませ診察室前に移動した。
僅か10メートルを歩くのも精一杯の父・・・
8時30分になれば、診察受付の窓口が開き、看護師さんが来る!
父は「お兄ちゃん、A先生が来るまで中のベッドで酸素吸わせて貰えるように、看護師に言ってくれ!」と言った。
そしてやっと受付窓口が開き、看護師さんが来た時に父は「少し落ち着いてきたから、やっぱりいいよ!」と言う・・・
兄と私は何度も言った。
「父ちゃん、我慢しなくていいんだよ!ここは病院なんだから!」
しかしどれほど苦しくても、父は1度言ったら聞かない!
傍に居る方が心配で仕方がないのだが・・・・・

A先生の診察が始まる予定は9時30分であったが、この日は予定より20分近く遅れていた。
そしてやっと診察の順番が回って来た。

診察を待つ間にも、父と何度も同じ話をした。
「父ちゃん、タバコだね!絶対にA先生に怒られるよ!」と私が言い、父も「タバコだな!先生に怒られるなぁ~!」と話していた。

診察室に入るやいなや、父はA先生に何度も謝った。
A先生は事態が判らず「え?どうしたの?」とキョトンとしていた。
父がざっと経緯を説明し、もう1度謝る・・・
その父に向かいA先生が言った。
「Sさん(父)、私に謝るのではなく、ご家族に謝った方が良いですよ!
こんなに一生懸命してくれるご家族に、申し訳ないでしょ!」


レントゲンの結果を見ながらのA先生の見解は
「暫く抗がん剤は中止!暫くは呼吸器内科での治療が必要!」と言うものであった。
そしてA先生の口から、初めて父に向かい
「Sさん、このままじゃ死んじゃうよ!
このまま喫煙を続けて、今の状態で抗がん剤なんか出来ないよ!
抗がん剤を受けれないのは、致命的になるからね!」
と、「死ぬ!」と言う言葉を父にハッキリ告げた。そして今度こそ「タバコを止める」と言う父に向かい「信用していない」と厳しく言った。

その場で呼吸器内科に連絡を入れてくれた。
「もう少し待てば緊急で呼吸器内科の先生に診察して貰えるから、その間、ベッドで酸素吸入してましょうか?」とA先生は言ってくれた。
父はさすがに「はい、お願いします」と言い、呼吸器内科の診察までを待った。

呼吸器内科の先生の見解は「肺気腫」である!
とにかく、点滴と吸入をして行って下さいと、暫くは呼吸器内科での診察を受けて貰うとの事!

次の診察と治療は5月17日(月)だと言う。
どうやら入院はしなくていい様だ!
その後、点滴・吸入を受け病院を後にしたが、父は代わらずに苦しそうであった。

実家に戻ってからも父はずっと「ゼイ、ゼイ」言っている。
そんな父の傍を離れる事は、私には出来なかった。

金曜日はそのまま、実家に泊まり、土曜日は具合が悪くても競馬を買いたい父に代わり馬券を買いに行き、また実家に戻った私。
薬を飲みながらも、本当に少しづつだが回復が見られてきた父・・・それでも苦しそうだ!

そして今日、2日ぶりに自宅へ帰って来た。
今日は競馬を楽しむ余裕が出てきた父を見て、少し安心できた!
父には「父ちゃん、今度こそ年貢の納め時だよ!タバコは止めな!抗がん剤を打てないのは癌を増殖させる・・・A先生の言うとおりだと思うよ!致命的だよ!」と脅した私・・・



今回の事があっても、私の頭の中はとても冷静であった・・・
救急車で運ばれたと聞いた時、詳しい状況は判らなかったが、何故だか「絶対に大丈夫!」と思っていた。
まだだ!まだまだ、父は大丈夫!
願望ではなくて、確信があった!
今度こそ父は、タバコを止めるだろう・・・


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m



スポンサーサイト

comment

おやぢパパ
みぃー。ちゃん、こんばんは!

何かあったのかと気を揉んでおりましたが、さらに今日のブログタイトル見てビックリ!
「ええぇぇーっ!?」

大変なことが起きていたんですね。
良くはないけど、とりあえず良かったような・・・ε-(´∀`*)ホッ
親父様、本当に煙草やめてくださいよぉ!

にしても、病院の対応には怒り心頭!
信じられない!(#゚Д゚)ゴルァ!!
何のための病院じゃあ!!!(怒)
2010.05.16 19:13
メイ
ドキドキしながら読みましたが、快方に向かっているとの事で、ほっとしました。
肺気腫はとても苦しいらしいので、今度こそタバコ止めてくれるよね。

病院は、そんな苦しんでいても何時間もほっといても良い物なの?疑問に思います。
2010.05.16 19:31
みぃー。
こんばんは^^
いつも有難うございます!
ご心配をお掛けして申し訳有りませんでした。
そしてご心配下さり、有難うございます!

先程、実家を出る時の父は大分落ち着きを取り戻して参りました♪
本当の本当に今回ばかりはタバコを止めると思います(-_-;)
今度吸ったら、私が許しません!完膚なきまで𠮟り倒します!

病院の対応にも、本気で腹が立ちましたが、父の気持ちを察し何も言わずにおりました。

今日もご心配頂き、温かいお言葉に救って頂けます。
いつも本当に有難うございます!感謝しております!
2010.05.16 20:16
みぃー。
こんばんは^^
いつもご心配頂き、温かいお言葉に感謝しております!
今回ばかりは、私も父を脅かしました。
と・言うか、率直に父の状況は厳しいものだと伝えました。
流石に父はタバコを止めると思います。

自業自得とは思っていても、病院の対応にも不信感を抱きましたが・・・

取り敢えず父の状態は、落ち着きを取り戻し始めました。
このまま回復してくれるのを祈っております!

メイちゃん・・・本当にいつも有難うございます!
いつも頂ける温かいお言葉に励まして頂いております!感謝です!
2010.05.16 20:23
katuko
みぃー。さん、こんばんは(*^_^*)
私も、時々、ブログを見せてもらってるので、更新が無くて、少し、気になっていました。

御父様は、肺気腫のため、しばらくは、抗ガン剤を休んで、肺のほうの治療を、優先されるのですね。
私の実家の父も、肺気腫でした。
父は、半年も入院したあと、長生きしましたが、酸素は、手放せない生活でした。
御父様は、入院しなくても良いので、肺気腫としては、まだ軽いのかなと、思っております。
父も、入院する前日まで、煙草をやめられず、家族で、困っておりました。
御父様は、肺気腫が落ち着いて、早く、抗ガン剤の治療に戻れると、良いですね。
2010.05.16 22:00
チャレンジ5
みぃーさん,こんばんは.

大変でしたね,
お父様がタバコやめられるきっかけとなればいいですが.
それでも,薬を飲みながらも、本当に少しづつだが回復が見られてきてよかったですね.
元気なお父様に早く回復されることを祈念します.
2010.05.16 22:03
みーちゃん
こんばんは。大変でしたね。
イチロー父さんも、そんなに苦しい思いをされて、タバコのことは反省されたんでしょうね。病気に対する不安がありながらも、なかなかやめられないものですよね、タバコって。
お父さんもみなさんが見守っていらっしゃることをよーくご存じな様子。きっと、タバコはやめられるのでは・・・。息が苦しいのはつらいです。1日も早く回復されますように。
2010.05.16 23:57
うらら
みぃーちゃん
本当に大変でしたね。
イチローさんみたいに大変ではなかったのですが、私の母もころんで頭をうち救急車を呼んだ事があります。はじめはタクシーではないと断られ、あなたの名前は?と聞くと、帰りは自分で帰る条件で救急車を出してくれました。病院の対応も同じような感じでした。(T.T)
それから、煙草ですけど、シールの物はニコチンが体内に入りますが、飲み薬で、脳に煙草を吸ったと思わせる薬があります。ただ、我慢するだけよりは、楽に禁煙できるそうです。もし、今の治療に、さしつかえなければ、試してみてはいかがですか?
2010.05.17 07:34
私はタワシ
筆まめなみぃーさんなので、更新が止まると気になってしまって・・・。ちょうど検査の前日だったので、悪い結果で落ち込んでらっしゃるのかしらとあれこれ老婆心を出してしまいました。
大変なときはコメントのお返事のことなんて考えなくていいですよ。

この間にいろいろあったのですね。みぃさんもお母様もさぞ驚かれ、お疲れのことでしょう。
雨降って地固まる、ということわざのとおりになるといいですね。お父様タバコはまだ吸いたがってらっしゃいますか~?
きょうも診察と治療があるのですね。引き続き、祈っています。
2010.05.17 10:03
Laie
大変でしたね!
早朝の電話って「ただ事ではない」って思いますよね。それにしても病院の薄情ですよね、あれだけ呼吸が苦しいのにベンチに座らせたり、信じられない。

私のイトコが胆嚢を悪くして激痛に耐えられなくなって、車で1時間の所の大病院へいったら、「初診の方は紹介状がないと診察が受けられない」って断られたんですよ、信じられませんでした!
目の前であれだけ痛さで苦しんでるのに、よくもそんな事務的な事が言えるもんだ…って思ったものです。全ての病院がそうだ…とは思いませんが。

でもイチローさん、競馬を見る余裕が出来て良かったです、安心しました~^^
あ、でも私からも「タバコはダメだよ」って言って置いてください~(^^)v
2010.05.17 11:24
みぃー。
こんにちは^^
ご心配下さり、温かいお言葉を有難うございます!
前々から『肺気腫』の疑いはあったのですが、父は侮っていたみたいです(-_-;)
しかし今回の事で、いい加減に反省したと思っております^^
せっかく抗がん剤が効いている(?)のに、タバコのせいで治療が出来ないなんて本末転倒ですよねぇ~!

今日も温かい励ましのお言葉、本当に有難うございます!感謝でございます!
2010.05.17 13:13
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます!
今回の事で父もいい加減、タバコを止めてくれると思います(-_-;)
私も喫煙者なので偉そうな事は言えない立場ですが、今度父がタバコを吸おうものなら本気で怒ります!許しませんよぉ~!

いつも本当に温かい励ましのお言葉を有難うございます!
感謝しております!
2010.05.17 13:18
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます!
私も喫煙者なので、父の気持ちも判りますので、今までは然程強く注意しませんでしたが・・・
タバコが原因で抗がん剤を投与出来ないだけでなく、直接命に関る危険性があるなんて知ってしまった以上は、もう見過ごすわけにはいきません!
さすがの父も、いい加減反省してくれてると思っておりますが・・・(?)

いつも頂ける温かいお言葉に励まして頂いております!有難うございまぁ~す^^
2010.05.17 13:23
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます!
うららさまのお母様も大変だったんですねぇ・・・
今はすっかり善いのでしょうか?
救急車も、今のこの世の中では『とんでもなく、くだらない理由』で呼ぶ人が多いみたいで、本当に必要な人がとばっちりを受けますね!許せないです!

父も今回の事で、さすがに反省したと思っております!
甘やかさずに、スパッとタバコを止めて貰おうと思っております!(厳しい娘になります^^)
今日も温かいお言葉を本当に有難うございます!感謝でございます!
2010.05.17 13:29
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます!
そんな!老婆心だなんて・・・・・
余計なご心配をお掛けして申し訳在りませんでした(;_;)
そして、父をご心配下さり本当に有難うございます!

父は前にもタバコが原因で倒れた事がありまして・・・
その時は1度、タバコを止めたのですが、体調が良くなるとまた凝りもせずに吸い始めまして(-_-;)
しかし、さすがに今回ばかりは止めてくれると思っております。
今日も温かい励ましのお言葉に感謝しております!有難うございます!
2010.05.17 13:39
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます!
早朝の電話・・・本当に心臓が止まるぞっ!くらいにビックリしちゃいますよねぇ~(-_-;)
寝起きの悪い私ですが、一瞬にして目が覚めます!

病院の対応も、大きな病院ほど忙しい為なのか事務的になるのかもですが、信じられない時も多々あります(怒)

父には「タバコはダメッ!」と、Laieさまの分も言っておきます^^

今日も温かい励ましのお言葉、本当に感謝しております!有難うございまぁ~す^^
2010.05.17 13:45
ミオ
ビックリしましたよ…
二日で自宅に戻る事が出来て良かったですね。
タバコの禁煙治療も今は保険適用になりましたよね。
お父様が禁煙に挑む気持ちに成られたと思うので…
肺気腫が早く治まって抗がん剤の治療開始出来ますように…


救急車で運ばれて、外来待合室??
驚きです。
そんな事も有るんですね。
私の知る限りでは、急患様のベットか病室ですけどね…
2010.05.18 10:53
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます♪
病院の対応には私も驚きました!
驚きを通り越して怒りを覚えました(怒)

入院を覚悟していましたが、入院もせず自宅へ帰ってこれた事には本当に安心致しました!
あとは無事に容態が落ち着いて、父がしっかりと禁煙してくれる事を願うばかりです。
今までは禁煙に関しては、ある程度黙認していましたが、これからは絶対に許しません!
厳しい娘になるつもりでおります^^

今日も温かい励ましのお言葉を有難うございます!感謝でございます!
2010.05.18 12:52

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/177-6334fa80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。