--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 24

抗がん剤治療

2009年5月29日に退院が決まった。
前日A先生から抗がん剤治療の説明を家族で受けた。
使用する抗がん剤は”ジェムザール”その副作用として

白血球の減少(感染症にかかりやすくなる)
血小板の減少(出血しやすくなる)
気分が悪くなる(悪心)
嘔吐する
血液検査で肝機能の数値が悪くなる
疲れやすくなる

と、一生懸命にA先生が説明してくれているのに、父は開口一番
「A先生、抗がん剤って髪が抜けるんでしょう・・・?」
だった。
我が父、イチローは私が物心付いた頃から、お世辞にも髪が多いとは言えなかった。(どちらかと言うと”薄毛”)

勿論本人は真剣そのもので、笑い事ではないし・笑ってはいけないのだが、その真剣な様子を見て
「ああ・・・父ちゃんにとっての副作用の心配は、髪が抜ける事が一番の心配なんだ・・・」と、すこし可笑しくなった。
後で姉に怒られるのを覚悟で言ってみたら
「姉ちゃんも、そう思った」と言っていた(笑)・・・父ちゃん、笑ってごめんなさい。

しかしA先生は「髪が必ずしも抜けるとは限りませんょ!副作用は人・其々ですからね。」
と父の不安を取り除いてくれた。本当に有り難い。
父も私達家族が百の言葉で慰めるより”鶴の一声”ならぬ"A先生の一言”が一番安心出来るのだ。

3週投与 → 1週休み = 1クール
これの繰り返しだそうだが、色々な方のブログを拝見させていただくと、順調にはいかないみたいだ。
それどころか副作用に耐え切れず、抗がん剤治療を断念される方も多い。
どうぞ、父にとってジェムザールが功を奏してくれますように・・・と祈る。

そして明日は短い入院生活からの退院日。しかし、短かったと言えど退院出来る事は嬉しい!
私達家族は5月31日(日)に、ささやかな退院祝いをする事にした。




全く関係の無い話だが、私は自分の病気を告知され、医師の説明を受けている時にも笑ってしまった。
医師が「欧米では・・・」との言葉を言った時に心の中で「欧米かっ!」と突っ込んでいた。
そんな笑っていられる様な状況ではなかったのに
「私って・・・(-_-;)」
ふと、そんな事を思い出した。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

りりぃ。
きっと、おとうさんもみぃさんももともと明るい方で
笑いの絶えない温かい家庭だったんだろうなと、みぃさんのブログから感じられます。
深刻な病気と闘っているときこそ、心のために日常の小さな笑える瞬間が大事で必要ですよね。
私も欝になりそうなとき、夫のジョークで気持ちをほぐしてもらいました^^


2010.01.24 20:48
みぃー。
りりぃ。さん、今晩は!
何時も温かいコメントを有難うございます。
それがですねぇ・・・わざわざこんな事を言う必要は無いかもなのですが、私の実家は昔から
父の酒癖が悪かった為に、夜になると怯えて過ごす事が多かったんです。

しかし父が”肝硬変”になり、お酒を辞めてからは其れも無くなりましたが、既に私は16歳から親元を離れ生活していたので、実家で過ごした16年間は日々・心休まるときは在りませんでした。

まぁ、今となっては善い思い出(?)ですが・・・
今回父が病気になった事で、改めて家族のチームワークの良さに気付く事が出来、家族の大切さを再確認出来た様な気が致しております。
2010.01.24 21:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/29-7bb7ab6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。