--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 24

抗がん剤治療開始

2009年6月10日(水)この日から抗がん剤治療が始まった。
今日はその第一回目・・・兄が父と共に病院へ行ってくれた。
父はこれから毎週水曜日に抗がん剤治療を行う事になったらしい。
受付を済ませ、採血室へ行き医師の診察を待つ。

この日の WBC(白血球値) 基準値(4000~8000) - 5580

本日無事に一回目を行う事が出来、そして治療後も気分は悪くないと言う。
しかし油断は禁物だ。
父には「とにかく安静にする様」念をおす。


話は遡るが5月29日の退院前から、痛み止めが”ロキソニン”に加え懸念していた赤文字の”麻”が書かれた”オキシコンチン”を処方されてしまった。
以前読んだ本に
「昔は”モルヒネ”に対する認識が低かった為、患者さんに痛みを我慢させてでも頻繁に”モルヒネ”は服用させなかった。しかしここ近年では”モルヒネ”に対する認識が変わり、痛みが襲ってくる前に予防的に服用をさせ、その結果痛みを緩和する効果がある」
と書いてあった事を思い出した。
確かに痛みで顔を歪ませた父を見るのは辛いし、我々が想像する以上の痛みを味わっている父は、もっと辛いだろう。
とにかく痛みだけは、感じさせたくなかったので、この薬が痛みから父を救ってくれる事を願う。

自宅に帰って来た父は、痛みも・気分の悪さも無く過ごせたらしい。
仕事帰りに父の様子を見に実家に向かったが、やはり姉も心配だったのだろう、姉も様子を見に来ていた。

次回の抗がん剤治療は次週の6月17日(水)だ。
このまま副作用も出る事無く、順調に抗がん剤治療を続けていけます様にと、ジェムザールが効いて一日でも長く父が長生き出来ます様に・・・と願った。

しかしこの頃から、少しづつ、本当に少しずつだが父の肌の色が悪くなっていった。
そして、おかしな行動・おかしな言動が目に付き始めた。

薬のせいであろうか?
それとも抗がん剤の副作用であるのか?
暫く父の様子を慎重に見るように、母と兄にも頼んだ。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/31-56d9ee18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。