--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. . 12

桜は咲く!・・・生きて、必ず。

1月12日(水)
昨日のブログを更新し、(相変わらず社内でのブログ更新^^;)
そろそろ退社時間が迫ってきた頃、私は片付けをするべく給湯室で作業をしていた。

昼間にIさんと話しをしていた矢先、普段から社内に居る上司が昼休みから帰って来たので、そのまま話しは終わり、Iさんは上司と入れ替えに外出して行ったのだが、退社時刻間近に帰って来た。
給湯室に居た私は気が付かないでいたのだが、Iさんは手を洗うべく、私が居る給湯室に入ってくるなり手を洗いながら小さな声で言った。

『あのね・・・春まで持たないだろうって・・・』

急に言われた私は一瞬『^^?』と、頭が働かない!
そしてIさんは続けざまにこう言った。

『今年の桜は見る事が出来ないでしょう・・・そう医師から言われたんだ。』

それを聞き、私は頭が真っ白になってしまった。
『今は冬・・・1月だからぁ~・・・
春?春って言うと来年だよね?・・・あれ?違うぞ!
桜・・・?
えっ!なにっ?・・・春まで持たない?桜が見れない?・・・えっ!なに!
うそでしょ?春って今年の春の事だよね?
・・・・・桜って3月の終わり頃から4月初旬頃に咲くんだよねぇ?
って事は・・・・・ええっつ!!!』
直ぐに言葉が出てこなかった。やっと出てきた言葉は

『春って・・・桜って・・・あと数ヶ月じゃないですか!
そんな・・・それじゃ、あまりにも早すぎますよ!そんな・・・・・』

私の発した言葉に
『うん・・・そうだよね・・・・・でも・・・そう言われたんだ。』
とIさんは一言残し、給湯室を出て行った。


上司を含め、暫し退社時間までは黙々と仕事をこなしていた。
定時になり、そそくさと上司が帰ったのを確認し、Iさんは話しを再開した。
聞かれるままに返事をしていた私。
暫く話しをした後、最後に私はIさんにお願いをした。

『私なんかが言うのは、差し出がましいとは思います。
そして私が言う事ではないのかもと思います。言われなくても十分にご承知だとも思います。
Iさん・・・奥様の事、どうか支えてあげて下さいね!
Iさんも無論、仕事でもご家庭の事でもお疲れが溜まっている事とは思います。
でも、奥様はまだ小さなお子さんの面倒を見ながら病気である実のお父様を支えなければいけません。
勿論、お母様の支えにも・・・
泣き言を言えるのは、弱音を吐けるのは、旦那様であるIさんの前だけだと思うんです。
ですから・・・Iさんのご苦労も判ります。お疲れなのも判ります。でも・・・
奥様の支えになってあげて下さい。お願いします。』
そして私は以前、父の事で悩み・考え、精神的なバランスを崩し『心療内科』のお世話になった事や、眠剤を飲んでも全く眠れなかった日々の事も少しだけ話した。

その話しを聞きIさんは
『そんな!余計な事なんかじゃないよ。・・・ありがとう。
ここ数日間は皆が大変なのは判っているけど、俺も仕事で疲れてるし、子供の面倒も見なくちゃで・・・頭では判ってるんだけど、嫁に何か言われるとイラッ!としちゃって、危うく喧嘩になりそうになってたんだよね!
でも・・・そうだよね!俺の実の父親ではなくても、義父は養父だもんね!
何だかんだと俺は結局、第三者的な立場で見ちゃってるから本当の痛みは判らないんだよね・・・
俺が我慢しないで、嫁と喧嘩しててもしょうがない。
そうだ!俺が嫁を支えなきゃ・・・うん、言ってくれるように頑張って嫁を支えます!
・・・ほんと、ありがと^^これからも何かあったら相談に乗って下さい。』
と、仰った。




仕事帰りに実家へ寄った。
父が先週の血液検査の結果票を見ながら、不安げな顔で私に聞いてきた。
『あれか?どこか数値がおかしいのか?なんか最近おかしいような気がするんだよ!』

『どれどれ^^?』
と言いながら見た血液検査の結果は、それほど心配するような数値はない!
『何が?全然、心配するような数値はないよ^^今までと別段変わりないじゃんね♪』
と、父に言うと笑顔で父は言った!
『そっか^^別に気にする事はないか!』





・・・自宅に戻り、深夜、ベッドに入ってからは頭の中で色々な思いが交錯する。
つい2年前程の事を鮮明に思い出す。
父の病気が発覚してから今までの、色々な出来事。
考えても仕方がない事を考え、何度も泣いた事。
考えないようにしても考えてしまい、眠れぬ夜を何度も過ごした事。

そして今・・・
きっと同じ様な思いを抱え・・・いや・・・・・それ以上に辛い思いなのかも知れないIさんご家族の事。
実際に病気を患っている父や、またIさんのお義父様のお気持ち。


桜は見れない!と医師は言ったそうだが・・・
桜は必ず咲くんだ!
生きて・・・必ず生きて・・・・・
今年の桜も絶対に見て貰いたい。いや!見れる。



去年の春・・・
私は父との『お花見散歩』を夢にみながら、色々と試したものの叶える事は出来なかった!
父が生きていてくれる事を願望とし、『来年こそは一緒に♪』と、夢を託し今年に入った。

お陰で父は今もこうして生きていてくれている。
お花見散歩の夢も、きっと現実のものとなるだろう・・・

どうか・・・
Iさんご家族も、お義父様とのお花見が現実のものとなりますように!

願う事しか・・・祈る事しか私には出来ない。
何の役にも立てないけれど・・・心より願っています!祈っております


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
      ↑
押して頂けると嬉しいです^^
お手数をお掛けしてすみませんが、宜しくお願い致します(。・人・`。))

スポンサーサイト

comment

あかちん
こんばんは。
重い内容ですが、いずれ多くの方が直面する事。
多くの方が参考にされ、力をもらえることだと思います。同僚さんもみぃーさんの一言で更に一段、大人になれましたね。
2011.01.12 23:11
Rosa
こんばんは。

寒いのを言い訳に、いろんなことを後回しにしてしまっている私です。
今日の記事、心にずしんと響いてきました。

たまたま、主人の職場の後輩で、同じ仕事を分け合ってやっている女性が、あらたまった様子で「お話があります」とやってきた、という話を聞いたばかりで。

主人とその女性は、他の数人を含め、ある教育機関でおなじジャンルの授業を振り分けあって受け持っているのですが、
その女性に癌が見つかったそうで、すぐに治療を始めるのでしばらく仕事ができない、と。
復帰のめどもつかない、との相談だったそうです。

仕事を辞めようかと思う、といわれた主人は、授業やそのほかの業務はみんなでなんとかカバーしておくからゆっくり治療に専念して、業務のことは気にしないように、復帰してくるのを待ってるから。と言ったそうです。

その女性、30代半ばで独身なんですって。
お独り暮らしで、さぞかし心細い思いをされているだろうな、と、主人を通じての噂話でしかしらないその方の事、ほんとにお気の毒になりました。

健康でいることの難しさを痛感した年の初めでした。
2011.01.12 23:38
takechan0312
はじめまして、いつも訪問ありがとうございます。
記事を読んでいてとても励まされます。
おかげさまで私の家族は重い病気をしたことがありません。

しかし世の中には病気だけではなく、
いろんな意味で戦っている人がいます。
私のいるオーストラリアはまさに洪水との戦い。
毎日特番を見ながらその悲惨に胸が痛みながら、
その裏で頑張っている人達の姿をみると感動しています。

全く関係ないかもしれませんが、
人間やはり望みをすてては行けないのです。
最近姪の一人がストレスがたまりノイローゼになりました。
彼女は頑張ると言う言葉嫌いです。
今は少し休ませてあげたいけれど、
人生だけは投げ出さないで欲しいと思っています。

あなたのお父様もIさんの義父さんも
生きる望みだけは捨てないで欲しいです。
ブログの向こう側から応援しています。
2011.01.13 10:28
みぃー。
お早うございます^^
いつも有難うございます&お疲れ様です♪

確かに・・・いずれは身を持って経験する出来事なのかもしれないですね。
今の時代、他にも数え切れないくらいの病気があるものの、癌で亡くなる方が多いですから・・・
癌、脳卒中、心筋梗塞・・・一昔前は3大疾病として問題視されておりましたが、自分の周囲に多いのは断然『癌』です。・・・と、言うより身近の人で脳卒中や心筋梗塞で亡くなられた方はおりませんので。
父の親族や母の両親も、皆さん癌で亡くなられている方ばかりです。

Iさんには『出すぎた事』とは思いつつも、奥さんの立場・・・
同じ癌を患う父を持つ、娘の立場として・・・
とても人事とは思えずに、お願いをしてしまいました。
人其々の考え方だとは思いますが、やはり『実父』と『養父』の違い・・・それも少なからずあるのでしょうね・・・

って、何だかまとまりのない文章になってしまいましたが、いつもの事と笑って見過ごして下さいませです^^;
あかちんさま、今日も温かい励ましのお言葉を有難うございました^^
いつもの事ではございますが、心より感謝でございますd(>ω<*)☆
2011.01.13 10:36
みぃー。
お早うございます^^
Rosaさま、寒さも本格的になってまいりましたが・・・体調など崩されてはおりませんでしょうか?
お忙しい事と思われますのに、わざわざコメント下さって有難うございます^^

そうですか・・・まだ30代半ばで・・・・・
これは私事で大変恐縮なのですが・・・
私も去年の人間ドッグで『子宮頸がん』の可能性を示唆され、結果、経過観察で3ヶ月に1度の定期検査で今現在済んでおりますが、『まっ、私の事なので多分大丈夫かなぁ~^^;』などと、のほほんと構えてはおりますが、いつでもその覚悟は出来ております。
と、言うより覚悟は致しましたね~!
元々の持病もありますが、いざ、1人の時に症状が現れた時・・・病気自体は大したものではありませんが、『脳』の病気なので不安はあります。
でも、慣れと言ってはおかしいですが(開き直りとでもいうのでしょうか^^?)その時は、その時だ!それが私の運命なのだ!とも思っております。
実家の父は
『いい歳した女が病気を抱えて、1人で生活していて何かあったらどうするんだ!
お前は不安じゃないのか?心細くないのか?』
と、もの凄く心配してくれておりますが・・・
けして強がりなどではなく、私ってただ単に変わっているだけだと思いますが・・・
心配や不安が無いわけではありません。しかし本人である私は至って楽観視しております^^;
不安を考え出したらキリがなくなってしまいますし、考えすぎたら何も出来なくなってしまう!
その時はその時でなるようにしかならない!・・・と。

ご主人様の知人女性の方は、どういった性格の方なのでしょう・・・
ご家族や友人関係・・・生活水準や加入している保険の有無・・・・・
正直、病気になった時・・・お金の有無や保険は重要な問題でもあります。
金銭面での苦痛が伴わないだけでも、精神的なものは大分違ってまいります。
休業中には収入がなくなるのが一般的な訳で、今後の生活や受ける治療に関しても、金銭的な心配が無く受ける事ができるのか?
ご家族や友人・知人にどれだけ信用を置き、精神的や物質的に支えて貰う事ができるのか?
肉体的な苦痛は勿論ですが、精神的な面での苦痛は大分大きいと思われます。
その方の事を何も存じ上げない私ですので・・・
私よりはお若いですが、同世代の成人女性として、私が思う・感じる思いをお話しさせて頂いちゃいまして・・・長々と独り言のような、まとまりのない文章になってしまい申し訳有りませんです^^;

ただ・・・病気になった時に、初めて感じるかもしれない
『今まで当たり前であった健康』『当たり前だと思っていた日常』の数々・・・・・
病気を患ってからの病気との付き合い方や向き合い方・・・
色々と考える事が多いですよね!

知人女性が納得のいく治療を、納得のいく状況で受けれる事!
肉体的・精神的・ありとあらゆる苦痛が少しでも緩和されますように!
治療が上手くいき、早く心の底から笑顔になれますよに!お仕事も復帰できますように!
同世代の独身女性として遠い空から祈らせて頂きたく存じますe-267

Rosaさま、貴重なお話しお聞かせ下さり(変な言い方ですが^^;)有難うございました。
ご家族様、お母様、勿論Rosaさま、十分にお身体ご慈愛頂けます様、切にお願い申し上げます^^
そして、訳の判らない事を長々とすいませんでした^^;
温かくもコメントくださり、心より感謝・感謝でございますヾ(*´▽`*)oc
2011.01.13 11:34
みぃー。
こんにちは^^
初めましてです!
この様な拙いブログにご訪問下さり、温かくもコメントまで・・・有難うございます&とっても嬉しいです♪
私もお邪魔させて頂いておりながらも、いつも読み逃げ状態で申し訳有りませんです^^;
今度はコメントでお邪魔させて頂きたく存じます♪宜しくお願いします^^

私もニュースなどで存じておりましたが、そちらは本当に大変ですよね・・・
自然災害を阻止する事は出来ませんし、まさに天災・・・
亡くなられた方や、行方不明の方も沢山いらっしゃって・・・被害に遭われておられる方は数え切れないほどと窺がいます。
同じ日本でも昨年の夏から秋にかけては、やはり水害で被害に遭われた方が沢山いらっしゃいました。
水害だけではありませんが、地震や、そちらではハリーケーンなどでも被害に遭われている方が多数いらっしゃる。
天災だけではなく・・・世界の中では未だに戦争を繰り返し、生まれた国が紛争地域であった為にその国に身を置かざるえない人達・・・・・自分の意図するところとは関係なく、何の罪も無いのに被害に遭われている方々・・・本当に胸が痛いです。

でも・・・仰る通りですね!そのような状況の中でも、共に助け合い、困難に立ち向われている方の姿勢には勇気付けられ、こちらの方が力を分けて頂いていたりして・・・
自分に出来る『何か』を探し、そして行動する。

不甲斐無い私は大それた事など何1つできませんが、でも、私に出来る事を出来る限りやっていこう!と思っております。
現実には何の役にも立てていないかも?と懸念もありますが・・・・・^^;
困難に立ち向う当の本人は勿論の事、それを支える周囲の者も・・・
希望だけは捨てずに、けして諦めないように、前を向いて歩んでいきたいものです♪

・・・と、まとまりの無い文章で長くなってしまいましたが^^;
takechan0312さま、優しくも温かい励ましのお言葉を有難うございました^^
本当に・・・心より、感謝・感謝でございますo(´▽`*)/
2011.01.13 12:11
Laie
みぃー。さん、風邪の方はいかがでしょうか。
少しは良くなられましたでしょうか。

Iさんの「桜が咲くまでもたない」というのを読ませて頂いて、私の祖父の時の事を思い出しました。
父方の祖父は食道ガンが発見され、先生からは家族に、Iさんの場合とまったく同じ「桜が咲く頃までは、もたない」と告知されました。余命半年と言われました。

それからというもの家族は薄氷を踏む思いの毎日でしたが、祖父はそれから1年半と少し、生きておりました。亡くなる2週間前までは普通に自宅で暮らしておりましたよ。
なのでIさんには、毎日ツライ事があって精神的負担が大きいとは思いますが「希望だけは捨てないで」とお伝え下さい。一日でも長らえることをお祈りしております。
2011.01.14 21:20
私はタワシ
Iさんにもお義父様にも、当然一度もお会いしたことのない私ですが、やはり他人事のような気がせず、この日記を読んで方ずっと祈っています。
穏やかに、今年の桜を・・・そしてできるなら来年も再来年も見ることができるように、と。
余命宣告よりはるかに長く生きながらえる方も多いようですね。人間の寿命は神様しかわかりません。
2011.01.15 08:29
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます♪
お陰様で風邪は大分良くなりつつありますが・・・嫌ですねぇ~!年々、治りが遅くなってしまってe-350まだ風邪薬のお世話になっている私でございます^^;

Laieさまのお爺様もですか・・・
父、イチローの姉である私の叔母も同じ事を言われておりました。
何で医師はそんな物言いをするのでしょうね^^?んじゃ、『桜なんて咲くな!桜の咲くシーズンは春じゃなくて良いよっ!』なんて思ってしまいます。別に桜に罪は無いんですけどね・・・^^;

Iさんへの温かい励ましのお言葉、Iさんに代わってと言うのも変なかんじですが・・・
有難うございます!
Laieさまの仰って下さるお言葉、しっかりとIさんに伝えさせて頂きます^^
今日も優しくも温かい励ましのお言葉、本当に有難うございました^^
心より、感謝・感謝しておりますヽ(*´∪`*)ノ"
2011.01.15 14:07
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます♪
『ゆび』の方は如何でしょうか?少しは良くなられてますでしょうか^^?

私は勿論、Iさんを知っておりまして(←当たり前)、ただ、奥様にも実際にはお会いした事は在りませんで^^;
正直、結婚式のお写真を拝見しただけ・・・なのでお父様に関してはお顔さえも存じ上げないのですが^^;
同じ『膵臓癌』と言うのが大きいところ・・・それもあるのですが、やはり癌を患う親を持つ娘としての共感が大きいです。
とてもじゃありませんが、人事などとは思えず、でも、かといって『それこそ赤の他人』である私に何が出来るわけでもなく・・・何の役にも立てないながら、お話を伺ったり、経験談をすることしか出来ません。
後はただ只管に、祈るのみ!
実際に、父にさえ何も出来ないのに、『何か出来るかも?』なんて思う事がおこがましいのかもですがe-330
幾ら厳しい状況でも、実際に父を看ていて思います。
人の寿命なんて、誰にも判らない!

私はタワシさま、いつも優しいお言葉・・・いつも共に願い、祈って下さる事。
本当に感謝しております。心より『有難うございます!』この一言につきます。
今日も祈りの温かいお言葉に、感謝・感謝でございますヾ(*´Д`*)
2011.01.15 15:04

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/317-0e182fce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。