--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. . 04

早すぎる訃報

2月4日(金)

一昨日に聞いた、あまりにも早すぎる訃報。
Iさんのお義父様が旅立たれたそうです。
しかも・・・
数日前に『優しい時間』のタイトルで書いた日記・・・・・あの時には既に。
知らなかったとはいえ・・・私は馬鹿だ。

以前からIさんには(1月)25日位に退院する旨を聞いていた。
『退院当日は俺が車出したりで動かなきゃいけないから、会社は休みます』
と聞いていたし、実際に有給届けが出されていた。
そしてその後も数日社内でIさんと会うことは無かった。

24日の夕方、私が退社する際にはIさんと顔を合わせていたが、私も実家に行く為急いでいたし、Iさんの口からも何かを聞くことはなかった。
何となくだが、何かを話したそうな雰囲気は感じたものの、翌日のお休みの事かな?と勝手に想像しただけだった。


Iさんは営業職の為、普段から社内に顔を出さない事も日常茶飯事である。
25日から一昨日前まで顔を合わせないでいたが、珍しい事でもない。
ただ・・・
顔を合わせないにしても、会社に来た形跡は何かしらあるのだが、会社に来ている形跡もない!
『お義父様が戻られた事で、色々と動き回り忙しいのかも?』
と思いながらも、それとなく社長に聞いてみた。

『Iさん、会社に来ている形跡がないようですが、仕事で動かれてるんでしょうか?』
と聞く私に社長は
『う・うん・・・』
と、煮えきれない返事。
何かおかしい!と思い、再度社長に尋ねてみる。
『Iさんから何か連絡は入ってるんでしょうか?』
すると社長は小声でボソッと仰った。
『親父さんが亡くなったらしいよ。』
それを聞き、社長に向かって思わず言ってしまった!
『うそでしょ?なんで・・・?いつ?・・・だって退院しているはずじゃ?』

そしてその日、Iさんは夕方会社に来られた。
私と2人になってから、Iさんは詳しい事を話して下さった。


1月23日(日)の夕方、病院から電話がかかってきた。
そしてその電話でお義父様が昏睡状態なのを知り、急いで奥様とお義母様とお義兄様とで病院に向かおうとした。
その時、過労からかお義母様が倒れてしまい、救急車を呼びお義兄様がお義母様に付き添うことになった。
Iさんは奥様と娘さんと3人でお義父様の病院へ向かわれた。

病院へ到着後、暫く付き添われていたが、お義父様は何とか意識を取り戻された。
そして何とか危険な状況を脱したようだ。

明けて24日、親戚中に連絡を入れ皆を呼んだ。
他の方と入れ替えにIさんは一時帰宅後、仕事に戻り夕方会社に来られた。

ほぼ睡眠もとらず、仕事に戻り、そしてまた仕事が終わった後に病院へ戻られたそうだ。
救急車で運ばれたお義母様も一過性のものだった為、入院する事もなく24日の夜は一緒に病院へ行く事が出来たそうだ。
そして・・・
明けて25日、午前1時過ぎ。
ご家族様、ご親族様が見守る中・・・皆様に看取られ、お義父様は安らかに旅立たれて逝かれた。


本当であれば、その日は退院し、ご自宅へ戻られる予定であった。

何も知らない私は、Iさんが予定通り有休もとられていたし・・・
予定通りにお義父様をご自宅へお連れし、ご家族様と穏やかなる時間を過ごされているものだとばかり思っていた。
会社に来た形跡がないのも、ご自宅で療養されるお手伝いやら何やらで、忙しく動き回られているものだとばかり思っていた。

Iさんから聞いていた諸々のお話も・・・
奥様が聞いた話をIさんが聞き、その話を私は聞いていたからか?随分と状況が違うもので在った為、『何を根拠に?』と思われるかもだけど・・・
私はまだ、その時ではないと思っていた。
確かに、厳しい状況には変わりないが、お義父様に残された時間がそんなに短いものだとは思えなかった。

その時が近づくと・・・
自然と身体が栄養を欲しない為、飲んだり食べたりは出来なくなる。と、言うより、しなくなる。
傾眠傾向にあり、徐々に寝ている時間が多くなる。
痛みが強くとも・・・あまりにも体力が低下しているのに、強い痛み止めを投与してしまうと、そのまま意識が低下してしまい昏睡状態に陥り、そのまま目覚める事がなくなってしまう。
そして・・・
栄養を欲していない身体には、無理に栄養を補う治療等はしない。

その他にも・・・
全て必ずしも当てはまるとは言えないけれど・・・
そして私の書き方が詳細ではないし、かなりはしょって書いてるから、誤解を招くような表現があるかもだけど・・・

私の父が膵臓癌を告知され、様々なブログや本、またホスピスに見学に行った時に専門医に聞いていた話。
直接、医師や、実際に親戚が癌で亡くなっていった様・・・
自分の経験も含めてだけど、見たり聞いたり経験も含めての今までの見解。

Iさんのお話を聞く限り・・・お義父様はまだその時ではない!そう信じてた。
なので話を聞く限り、病院側の対応にも不信感と怒りしか沸かなかった!
聞いた話ではお義父様は『無治療』であった。
痛みをずっと訴えていたのに、何の処置も治療もされていなかった。

ふと、Iさんに聞いてみた。
『痛みのあるお義父様に、何故に無治療なのか?と、食べれないお義父様に何故に点滴さえもしないのか?
病院側から何か説明はあったのでしょうか?
無処置、無治療である理由がご家族様に説明されていたのでしょうか?』
すると
『そうなんだよね!あまりにも酷いと思って、嫁が看護師さんに言ったらしいんだよ!
それでやっと・・・医師の方から、23日の昏睡状態時に初めて説明されたんだけど・・・
こっちはそんな事ちっとも判らないから、本当に酷い病院だと思ってたんだよね。
だって何の説明もしてくれないんだもん!こっちは不安だよ・・・
でもね、後で良くしてくれた看護師さんから、”説明が不十分で申し訳在りませんでした”って、謝罪があったらしいよ・・・』
と、仰った。

それを聞いて思った。
インフォームド・コンセントがしっかりとなされたいなかったんだ。と・・・

過去を蒸し返しても始まらないけど・・・
もしご家族様がそれを知っていたならば、加入している保険がどうとか、在宅療養の準備が出来ていないとか、そんな事は二の次で・・・・・お義父様をお家に帰らせてあげたいと思ったのでは?
ただ一方的に『在宅なら早く退院して下さい』との言葉ではなくて、ちゃんと医師から
『今を逃すと、もうご自宅に帰られないかも知れません。
1日も早く退院され、ご自宅で過ごせる時間を大事にして下さい。』
と、説明がされていたなら・・・

入院されてから、あまりにも時間が無さ過ぎて・・・
色々と調べたり動かれたり、状況も把握仕切れない状態での病院側の対応に、どれだけ不信感を抱かれ、どれ程の不安と心配を抱えられていた事か・・・・・『自宅に連れて帰ってあげたかった』と、どれだけ悔やまれた事か・・・

お義父様のお気持ちやご家族様のお気持ちを考えると・・・本当に胸が痛い。そして、悔しい。
そして・・・本当に早すぎる。
Iさんからのお話を聞き、何とも言えない気持ち・・・的確な表現方法が見つからないけど、ただただ、本当に悲しかった。悔しかった。心から病気を、癌を憎んだ。



お義父様・・・
どうか安らかに・・・・・ごゆっくりとお休み下さいませ。
心よりご冥福をお祈り致します。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
      ↑
押して頂けると嬉しいです^^
お手数をお掛けしてすみませんが、宜しくお願い致します(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

カメロボット
Iさんのご冥福を、お祈りいたします

カメロボットも、よく聴きます

退院を間近に控え、急変して、亡くなられたと

お年よりは、もともと、体力が無いんでしょうね、風邪を引いて、肺炎になってその日のうちに亡くなられる方も、
歳取りたくないね
でも、そればっかりは、どうにもならないね

人生、生きてる間です、明日から楽しまなくちゃ

くよくよしても、始まらない。
2011.02.04 16:09
雪月花
Iさんのお義父様本当に早過ぎますね…
心より御冥福をお祈りいたします。

上手く言い表せませんが…
お家に帰りたかったんでしょうね、お義父様。

この病気は…どうしてこう
長くからあるのに命を救う率が低いんでしょう。
早期発見と言いますが、
今の日本では、検診料金や、ワクチンの料金も高額過ぎて、一気に受けるとなるとかなりのお金になりますよね。
だから皆具合が悪いなぁ~で受診したら…

もっと気軽に検査出来る様な体制や、
薬やこの病気についての体制に未だに疑問があります。

大切な家族の死を無駄にしないで、
研究なり、体制の改善なりしてほしいところです。
2011.02.04 18:55
houkisou*
ご冥福をお祈り致します・・・
義母の時と状況がだぶって、切なくて涙が止まりません。
なぜ患者側はここまで無力なのでしょう・・・
インフォームドコンセントななっていなくて、義母の時も、夫が医師に説明を求めてやっと病状を説明してくれたのです。義母の時も入院して一週間以内に亡くなるなんて誰も想像しなかったので、ホスピスに申し込みも済ませたのに。どうか患者サイドに優しい、心からの医療になるように、寄り添える医療に進むように、心から望みます。
Iさんご家族の心中をお察しすると本当に切ないです。心からご冥福をお祈りいたします。
自分のことを沢山書いてしまってごめんなさい。
2011.02.04 20:19
miyu
みぃー。さん、はじめまして。
miyuと申します。

遅くなりましたがお誕生日おめでとうどざいます。
お父様の具合はいかがでしょうか?
突然な出来事で、I様のご冥福を心から
お祈りさせていただきます。

みぃー。さんも・・・大丈夫ですか?
身近な方の訃報は、尚更心がザワザワしてしまうというか・・・
お父様のこともあると思いますが、みぃー。さんも
体調を崩さないようにして下さいね。



2011.02.05 11:17
Laie
そうなんですか、お亡くなりになったのですか。
ご冥福お祈りいたします。
Iさんも仕事との両立で大変だったでしょう。。。

それより、こういう病院が存在する…ってことに怒りを覚えます。
患者の家族の立場になったらIさんの娘さんと同じ様に私も同じことをすると思います。
悔しいですよね…。同じ亡くなった状況でも、最後まで対応してくれた病院と、この病院とではキモチが違いますよね。お父さんも痛みに苦しまれて亡くなった…なんて胸が痛みます。
2011.02.06 11:30
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます&お仕事お疲れ様です♪
そして!またしても・・・
有難くも頂いたコメントへのお礼が遅くなってしまいましたe-330
本当に申し訳在りませんでしたe-263

Iさんのお義父様、本当に急な事で何と言っていいのかと・・・
カメロボットさまが仰って下さるように、くよくよしても始まらない!・・・うん!そうですよね!
第三者の私が凹みすぎても・・・私には私でやるべき事がありますものね^^;
父には凹んでる姿は見せられません!前向きに頑張ります^^

カメロボットさま、今日も優しくも温かいお言葉に心より感謝・感謝でございます♪
本当にいつも有難うございまぁ~すo(´▽`*)/
2011.02.07 14:59
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます♪
せっかく頂いた有難いコメント・・・お礼が遅くなりました事、大変に申し訳在りませんでしたe-263
本当に・・・あまりにも早すぎる旅立ちで・・・言葉を失ったほどです。
一番悲しんでらっしゃるIさん(ご家族・ご親族様)を前に、第三者の私が病院の対応に付いて蒸し返しても、返って悲しみを・怒りを増徴させてしまうのでは?と、少し反省致しました。
これはさすがにIさんには言えませんでしたが、お義父様はご自宅へ戻りたかった事だと思います。
ご家族様も無念だったと思います。
病院側からもっと、ちゃんと説明がなされていたら・・・どうしてもそんな風に考えてしまいますよね!
そして・・・雪月花さまが仰る通り。私も同じ様に思いますし、そう願います。

雪月花さま、温かくもコメント下さり有難うございました^^
いつもの事ではございますが、心より感謝・感謝でございますo(>Д<。*)ノ゚
2011.02.07 15:25
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます♪
せっかく下さった有難いコメント・・・お礼が遅くなりました事、大変に申し訳在りませんでしたe-263
Iさんのお義父様の事・・・あまりにも早すぎて・・・・・言葉を失いました。
お話しを聞く上では、お義父様に残された時間がそんなに短いものだとは思いもしませんでした。
ですが・・・私がそんな風に思う以前に、ご家族様の方が本当に驚かれた事と思います。
何故なんでしょうね・・・家族が聞かなければ医師には説明する義務もないのでしょうか?
危険な状態で有る事を察していながら、いざ!となってから説明されても・・・ですよね!
患者の、家族の意思を最大限に尊重してくれるような(出来るような)、そんな病院側・医師からの対応を心から望みます!

houkisouさま、お辛い思いをさせてしまい申し訳在りませんでした。
そして温かくもコメント下さり有難うございました!
いつもの事ではございますが、心より感謝しております(*。>Д<)o
2011.02.07 15:37
みぃー。
こんにちは^^
初めましてです♪
ご訪問下さりコメントまで・・・有難うございます!とっても嬉しいです♪
そして優しくも温かいお祝いのお言葉まで・・・・・本当に有難うございます^^
・・・にも関らず、お礼が遅くなりましたe-330大変に申し訳在りませんですe-263

私の父は、相変わらず精神的な浮き沈みと体調の不安定さはありますが、お陰様でボチボチと元気に過ごせております^^;本当に有難い事です♪

同じ職場の方のお義父様が、父と同じ膵臓癌!それだけでも心穏やかではありませんでした。
しかも・・・あまりにも早すぎる訃報に正直(言い方がおかしいかもですが)凹みました。
って、私が凹みすぎてもしょうがないんですけども^^;
私は私でやるべき事があるので・・・凹んでばかりもいられない!と、気持ちを切り替え(?)父と接しております^^

miyuさま、優しいお心遣い・・・温かいお言葉を有難うございました!胸に染み入りましたe-442
心より感謝・感謝でございますヽ(´∀`*)ノ
2011.02.07 15:50
みぃー。
こんにちは^^
いつも有難うございます♪

はい・・・Iさんのお義父様・・・・・旅立たれました。
あまりにも早すぎる訃報に、ご家族様は勿論だと思われますが、私までもが困惑致しました。
本当に何なんでしょうか?
医師が反対に患者サイドの立場になったら、一体、どう思うのでしょうね!
医師だって当然、家族が居るわけで、その大事な家族が患者側の立場になったら・・・
それでもただ黙ってるのでしょうか?『何だ?この病院は!』とか思わないんでしょうかね?

ご自宅に帰られる事を望んでいたお義父様に、連れて帰りたいけど諸事情あり、日にちを見送っていたIさんご家族のお気持ちを考えると、怒りと悲しみでいっぱいです。
でも・・・今はただただ、ご冥福をお祈りする事しか出来ないのですが・・・

Laieさま、わざわざ温かくもコメント下さって有難うございました!
いつもの事ではございますが、心より感謝・感謝でございますヽ(*´▽`*)ノ
2011.02.07 16:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/329-d1a46c5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。