--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. . 12

母の舌癌。2

9月12日(月) *今日も今日とて長い日記

手術当日
予定通り、7月28日(木)に母の手術が行われた。
当初の予定では【 舌半切除術 】【 気管切開術 】【 頸部郭清術 】を施す為、12時間に及ぶ大手術!
の・筈だった。
当日の朝・・・9時から手術開始!
私たち家族は8時30分位迄に病院へ着くように言われていたが、実際には母の病室に8時前には着いていた^^;

25日の入院前から、舌が痛くて普通の食事が摂れない母の食事を作りに、毎日実家に行っていた私。
入院してからも会社を早退させて貰い、毎日母の顔を見に行った!
そして何度も何度も同じ説明・同じ話をした。
手術をする事に首を『うん。』と縦にふり、承知し納得した母ではあったが・・・

いよいよの手術当日。いざ!手術室へ!・・・と、病室から手術室まで徒歩で向かう母と私たち家族。
姉と私が母の両側につき共に歩きながらも、母の背中を抱き・擦りながら声を掛け続ける。
そんなこんなで、あっ!と言う間に手術室の前に着いてしまった。

姉や私は
『大丈夫!寝てる間に終わっちゃってるから^^ゆっくり寝てきてね♪』
『無事に手術は終わるからね!目が覚めたらICUで会えるよ^^待ってるよぉ~♪』
と、母の緊張や恐怖を取り除ければと、努めて明るく声を掛けたが・・・

父や兄は異性だからか?!気の利いた言葉が浮かばないのか解らないが
『お母さん頑張って!大丈夫だからっ!』←(何て言っていいか解らず、考えすぎで声が強張る兄)
『お前・・・頑張ってくるんだぞ!平気だからっ!大丈夫だから頑張れよ!』←(キンチョーで声が震える父、イチロー)
と、母以上に緊張している感が否めなかった^^;

それらの声を小刻みに震えながら聞いていた母。
『やっぱり手術しなきゃダメ?・・・やっぱ・・・ダメなんだよね
と小さくつぶやき、その後、深い溜息をついた。そして観念したように
『はぁ~~~・・・しょうがないね!頑張っていってくる^^;いってきま~す!』
と、何とも心細そうな表情で手を振りながら手術室へ入っていった。
その言葉を言った母の背中・・・とても小さくて弱々しい。見ていて涙がでそうになった。


母を手術室へ見送った後、自宅待機して貰う為に父と兄には帰って貰い、姉と私は病院内で手術が終わるのを待つ事に・・・しかし12時間て・・・『ながっ!』
『でも・・・何十時間掛かっても構わない!
無事に手術が終わりますように!成功しますように!』
・・・ただそれだけを祈り・願っていた。


心ココに在らず・・・そんな感じで他愛の無い話をしながら姉と待っていた午後の4時。
『Sさんのご家族様~!Sさんのご家族様はいらっしゃいますかぁ~?』
と、看護師さんの声が聞こえてきた!

『えっ?早くない?何で?もう終わったの?』
そう思いつつ看護師さんの元へ駆け寄った姉と私。
『医師からご家族様にお話しがあるそうなので、手術室まで行って頂けますか?』
との看護師さんのお言葉。

舌を切除した欠損部分は左腕からの再建術が行われる。
事前に説明を受けていた為、その事についての説明か何かかな?と話しながら姉と手術室まで向かい、手術室に足を踏み入れた。
入ったばかりの所には小部屋(?)が在り、テーブルと椅子が4脚並んでいる。
左側には受付のよなものが在り、そこで声を掛けると椅子に座って待っているように言われた。

5分位経ったのだろうか?
小部屋(?)の更に奥。実際に手術が行われる部屋の方角から担当医が姿を現した。
手には銀のトレーの様な物を持っている。
そして私の横の椅子に腰掛け、手に持った”モノ”を私たちに見せながら説明を始めた。

『お待たせしました^^今、無事に手術が終わりましたよ♪
・・・あっ、”コレ”が切除したお母さんの舌なんですけどね!
あと頸部郭清術として、リンパ節と周囲の組織を含めて摘出した箇所に転移と思われる”モノ”が1つだけありました。”コレ”がその切除した”モノ”です。
まぁ・・・でも無事に摘出できましたから安心して良いと思いますよ^^
摘出した”モノ”は検査にまわしますので、結果が判るのは2~3週間後位かな^^?』

その言葉を聞き、転移が疑われるモノが在った事にショックを受けながらも、医師の明るい口調で少し救われた思いがした。
取り敢えず手術は無事に終了♪後は摘出した”モノ”の検査結果を待つのみ!
でも・・・予定では12時間の手術。無事に手術が終わった♪って・・・幾らなんでも早くね?そう思い
『あのぉ~・・・無事に終わったって仰いましたが・・・
予定では12時間位掛かるって事前に仰ってましたよねぇ?
まだ7時間ちょっとしか経ってないですけど・・・・・
本当に全て、再建手術やら何やらも無事に終了したんでしょうか?』

すると医師は満面の笑みで
『はい!全てちゃ~んと終了しましたよ^^
実はですね、切除するだけなら早いんですよ!時間が掛かるのはその後なんです。
切除した欠損部を再建するにあたって、血管を縫合するんですけどね・・・その血管の状態が大事なんですよ。
お母さんは年齢も70歳を過ぎてますし、我々の見解では血管の状態も良くないものと思ってました。
血管の状態が”良い””悪い”で縫合時間は大きく変わってくるんですがね!
お母さんはその血管の状態が素晴らしく良かったんです^^
だからこんなに早く手術が終わったんですよ♪
ご心配なく!手術時間が短かったからと言って、手抜きしたとか、失敗したとか・・・何か問題があって短時間で終わったとか・・・そんな事は全く無いですからね!安心してください^^』


その後、自宅待機している父・兄に早速電話で吉報を告げる!
すると『今から直ぐに病院へ向かうから!』と言って電話を切った。
術後ICUに移っても、この日は麻酔から覚める事はないそうである為、母の意識が戻るのは翌日。
でも皆、母の無事な姿を・・・顔を見たい!

ICUに移された母は何とも痛々しく、父は
『あまりにも可哀想で・・・とてもじゃないが見てられない
と、母を直視できないでいたが
『その気持ちは判るけど、母ちゃんはすっごい頑張ったんだから^^;
麻酔が効いてて目は覚ましてないけど、声を掛けてあげてよ!きっと夢の中で声を聞いてると思うからさ^^』

そう言うと父は、私たち子供の前だからか少し照れてはいたけど、
『お前・・・よく頑張ったね。偉かったよ・・・』
と、母の指先に少しだけ触れながら小声で語りかけていた


転移の疑いはあったにせよ・・・
思った以上に短い手術時間で済んだ母♪
きっと体力的にも、少しは負担が軽く済んだであろう!・・・と思う。
暫くは不自由な生活を強いられる事が容易に想像できる。痛みや辛さも・・・

しかし!それはそれ!
今は無事に手術が終わった事を心から喜ぼう♪そう思った。
『母ちゃん、頑張ってくれて本当に有難う




・・・それから長い入院を経て、退院へ。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
      ↑
押して頂けると嬉しいです^^
お手数をお掛けしてすみませんが、宜しくお願い致します(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

加賀藩士
いや~良かったですね^^私も経験があるのですが予定より早く手術が終わるとかえって心配になった経験があります。(開いてみたら癒着が酷く、切除不可みたいな・・・)じゃ帰国したら祝い酒ということで^^
2011.09.12 18:47
あかちん
こんばんは。
私の母親の肺がんの手術のことを思い出しました。
いっぱい管付いているし、摘出物確認するし、見えるものは取れたけど目に見えないものは検査結果から後日って感じですよね。乗り越えるしかないから、これから続く戦いの支えになってあげないとですね。協力は惜しまないですよ。
2011.09.12 18:52
Jam
こんにちは

うちのダンナもほぼお母様と同じ手術でした 11年前を思い出します

ダンナの場合はリンパへの転移がわかっていましたので 手術数日前にリンパ部位へ直接管で抗がん剤を投与してガンを小さくしてからの 郭清術でした

ガンが筋肉にも接触していたので その首を支える筋肉も取りましたし 左だけじゃなく右側のリンパも疑いがあったため そちらも病理検査のために切除しました

ダンナも患部の切除と移植ははやく済んでいましたが 両側のリンパ部位を切ったために血管の縫合が複雑になり大変時間がかかりました
 
朝8時30分に手術開始、翌朝2時に終了
大変厳しい手術でしたと言われました
主治医も顔真っ青でした 

うちはそのあと放射線照射もしていますので 術後は3か月入院でした
毎日食事をミキサーで流動形態に作って病院に持って行きました(病院食は美味しくなかったので)
ゼリーをひとくち食べる練習で 汗だくになったダンナです

移植部位は 年々委縮し当時よりも咀嚼や発音機能は衰えていたりもしますし 術後8年目にして放射線照射による副作用の産物・骨髄炎にもなっちゃいましたが
いまはなんでも食べるし(食事形態を工夫はしますが)仕事もしてます 趣味も楽しんでます 
ちゃんと毎日生きてますよ 

現在も 患部はしびれたり肩が凝ったり しゃべりにくかったりで 
こころとからだの管理はひとすじなわでは行かない日々です
そんなダンナをそばでみてきた私が 最近になって心身のバランスを崩し 
安定剤や眠剤のお世話になったりしてます 
 
看護や介護の生活のなかで 
どうか管理人さまご自身が 呼吸できる時間もなんとかおとりになってくださいね

ささやかながら祈っています

長々失礼いたしました




 


 
2011.09.12 19:09
八宝菜
お母様、長い時間頑張りましたね。
私も数々の病に冒されて来ましたが
みぃ。さんのご両親は本当にご苦労なさっていると思います。
みぃ。さんご一家にお疲れ様ですの一言ですe-420
2011.09.12 19:24
チャレンジ5
みゅーさん、こんばんは。
お母様、大変でしたね。素人なので、7時間でも長いようにも思いました。
いずれにせよ、無事手術が成功され、よかったですね。
お母様の一日も早いご回復を祈念します。
2011.09.13 22:23
きぼう丸
無事手術が終わってよかった。
手術中の待ち時間・・・読んでいて思い出しましたよ。
照れているイチローパパ想像しちゃったw
2011.09.15 01:16
Rosa
お久しぶりです。
こちらにちょこちょこお邪魔してたときは記事の更新がなくてどうしていらっしゃるか、と気になっていました。
私のほうにも、みぃー。さんほどでは全然ないけれど、実家の母がらみで色々あって、記事を更新することもリンク先の皆様のところにお邪魔することもできずにいたんですけれど、今日のぞいてみてよかったです。
お父様もお母様もこれで一安心、ですね?

親が年を重ねてくると、自分が小さかったときに親にかけた心配がそんまま帰ってくるような、そんな気が最近しています。
私が病気をした時、やっぱりこんな風にすごく心配してくれたんだろうなぁ、とか、寝ずに看病してくれたのかな、とか。

数年前にね、うちの母も大腸がんが見つかって、直腸からの内視鏡で切除してんです。
5つあるうちの2つはかなり大きくなってる、といわれて、その後、時間を置いて検査すると同じ箇所に同じようにポリープができていることが数度。
でも根気よく治療して今は大腸のほうは心配がなくなりました。

お母様もきっと良くなられますよ、良性のポリープですもの!

みぃー。さん、ご両親のお世話、大変でしょうけれど身体に気をつけてくださいね。
お疲れが出ませんように。
2011.09.20 11:33
コロ☆
みぃー。さん、お久しぶりです。

ご両親のお世話などで大変な日を送っていらっしゃるのでは?と勝手にお察ししています。

季節は変り・・・
今年も年末に向けて残り少なくなってきました。
みぃー。さんは私よりずーっとお若いですし
無理もきくお歳でいらっしゃいますが
ご両親のためにも、くれぐれも御身大切になさっていてくださいね。

現況もわからずに
生意気言って失礼ごめんなさい。
2011.11.17 17:48
あかちん
こんにちは。
今日はクリスマスですね。
どんなときでも楽しみたいですね。
メリークリスマス!
2011.12.24 15:55
あかちん
こんばんは。
来年は連絡とれますかね。
心配です。
2011.12.31 17:21
あかちん
こんばんは。
パソコン開く時間がありませんか。
ブロ友なんて希薄な付き合いかも知れませんが
心配です。これからも毎日訪問し応援しますが
何か少しでも反応があれば私も元気でます。
2012.01.07 20:35
ミオ
お母様の手術が無事に済み、よい方向に向かっている内容に、私も嬉しく思います。
みぃー。さんも、お母様と同じだけ頑張りましたね。
御両親の為にも、みぃー。さん御自身も御自愛下さいね。
2012.02.18 10:51

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/348-3fac01cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。