--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. . 06

2日退院、3日救急・・・父の希望。2

3月6日(火)

昨日のブログ記事を更新し、皆様のブログにお邪魔させて頂いている時、またもや兄からの電話が鳴った。
『お父さんがまた息苦しさを訴えているんだけど・・・』との内容。
そして兄と話をしている最中にキャッチが入る。・・・相手は父!
『みぃーか?お父さんだけど、朝方から苦しくて・・・ちょっと我慢できそうにないんだけど、どうしたらいいかなぁ?(´・ω・`;) 』と、弱々しい声で訴える。
『今兄ちゃんと電話中だから、兄ちゃんに話すからちょっと待っててね!』
一旦父との電話を切り、再度兄に電話をかけ直す私。

これは父の膵臓癌が発覚してからずっと続いている一連の事である。
深夜の、余程の事で救急車を呼ぶ時以外はいつもそう。
まず父が兄に訴え、その後兄から私の元へ『どうすれば良い?』の相談の電話がくる。
もしくは兄には言わず、直接私に『具合が悪いんだけど・・・』と、父からの電話。
そしてその都度、父や兄に(偉そうな表現の仕方だけど)指示をだす。

昨日も兄には
『病院へ行っても何もして貰える事はないかもだけど、とり合えず電話で相談してみてくれる?
先生が診てくれるようなら父ちゃんには「何もして貰えない事」を覚悟の上で病院へ行こうね。と伝えて』
と、お願いする。
そして案の定で医師からは
『お役に立てる事が出来るかは解りませんが、とり合えずいらして下さい』
と言われたらしい。

かなり以前の記事にも書いたけど、元々サチュレーションが低い父。
過去にもサチュレーションが90を下回り、それが原因で息苦しさのあまり入院した事も度々ある。
父の希望で2年ほど前に【パルスオキシメーター】を購入し、何かある都度数値を測っている。
いつも救急外来へ連絡する前には
体温・血圧・酸素飽和状態を必ず測り、連絡時にはそれらを報告した上で相談させて貰っていたのだが、それら数値には何の異常も認められない。
以前ならいざしらず・・・
今の父の状態では、それら数値に異常などなくても急変は十分に考えられる。
なのでやはり、直接医師が診察してくれる事は大変に有難い!本当に感謝すべき事である。

3日の救急外来では普段とは違う、動脈からの採血で酸素飽和状態も確認してくれ、また1月以来撮っていなかったCTも撮って貰った。(普段の救急時はレントゲンと静脈からの採血)
画像の結果は1月時とそれほど変わらず!動脈からの採血もこれといって緊急性は認められず!
そして昨日の外来時も同じであった。




以前から父には今後の事を話す機会が度々あった。
父の希望である
『出来るだけ家族と一緒にいたい。』『出来る限り自宅で過ごしたい。』
今まではそれらを考慮し、また話し合い、なるべく在宅で過ごせるようにと行動してきた。
しかし・・・そろそろちゃんと話す時がきたようだ。それは【ホスピス】のこと。

今までも何度と無くそれらしい事は会話に出たのだが、その都度父は【人生の終わり】についての言動を嫌がり、私の言葉を遮り、また私に怒鳴って怒りを露にした事もある。
ある意味【ホスピス】の話はマトモに聞こうとはしてくれなかった父。
兄も姉も
『本人は家に居て家族と過ごしたいんだから、今更ホスピスの事は話さなくていいんじゃない?』
と、私に言ったが
『父ちゃんの今の状態を少しでも緩和する為にも・・・
ホスピスの事をちゃんと知らない状態じゃ、選べる選択肢が何もない!
きちんと話すだけ話して本人の意思を再度聞いたほうが良いと思う。』

そして・・・
私は3日の救急外来に行く前、きちんと父にホスピスの事を話した。
父も嫌がらず真剣に聞いてくれた。そうした父の意見は
『そういう病院があるのなら、是非そちらに行きたい。』
と言うものだった。
父の実の姉も兄も既に他界しているが、癌の末期で苦しみながら息を引取った。
父はそれを目の当たりにしていたので
『あんな風に苦しみたくない。』
とも言っていた。



3日の受診時、診てくれた医師にその旨を伝え、また医師も賛同し『直ぐに診断書・紹介状を書きます』と言ってくれた。
昨日はその事を踏まえ、父も救急外来に向かったので結果
『病院で酸素を吸わせて貰えたが楽にならず』で、医師の
『ホスピスに転院できるまで入院して貰っても良いですよ』の言葉にも
『入院してても改善できる対処方がないなら』で、帰宅を選んで帰ってきた。


そして今日、午前中に病院の医療相談室に兄と行って来た。
以前にもホスピスの話を聞き、また実際に見学にも行っていたが、今回は受診の予約をお願いする為に。
過去に2ヶ所のホスピスを見学したが、そのうちの一箇所であるH病院をお願いした。
H病院は去年の5月、父のせん妄症状が酷く今の病院に入院している時に見学し、話を聞き、相談に乗って貰った。
去年とは父の状態も大分違う。今はせん妄症状はない。(マト外れな事はあるけど)

H病院に父を連れての診察・面談は3月14日(水)に決まった。
判定結果は16日になり、入院と判定されれば(多分)20日以降、遅くても今月内には入院できるらしい。
その前に・・・今一度、今週の9日(金)に兄と事前面談をしてくる予約も入れてきた。

父の望むよう、父の苦痛が少しでも緩和できるよう、父の希望に添えるよう・・・
出来る限りの事は何でもしよう!何でも出来るように努力する!

ああ・・・
全てが良い方向に進んでいきます様に!
心から祈る(>人<*)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
      ↑
押して頂けると嬉しいです^^
お手数をお掛けしてすみませんが、宜しくお願い致します(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

雪月花
みぃーさん色々大変でしょうけど頑張って下さい。
穏やかに、ゆっくり時が流れますよう私も祈っています。

気の利いた事言えなくてごめんなさい…
2012.03.06 20:01
チャレンジ5
みぃーさん、こんばんは。

何か、キューンときます。
いい方向に行っている、そうなるだろうことを確信しています。
お父様の希望が叶うよう祈念します。
2012.03.06 21:47
きぼう丸
大変だったね。よくホスピス話をイチローパパに話せましたね。
でもきっとそれがイチローパパにとって良い事だと思います。
みぃー。ちゃん、辛かったねえらかったね。
2012.03.07 01:34
みぃー。
お早うございます^^
いつも温かな励ましのお言葉、本当に有難うございますe-267

『気の利いた事言えなくてごめんなさい…』
        ↑
だなんて、とんでもございませんですe-330
雪月花さまのお優しいお心遣い、心より感謝しております!有難うございますo(TヘTo)
2012.03.08 09:37
みぃー。
お早うございます!
いつもお仕事お疲れ様です^^

何とも力強くも温かいお言葉、本当に有難うございますe-267
優しくも有難いお心遣いに心より感謝・感謝でございます~~~!
ほんと、有難うございます( ノω-、)
2012.03.08 09:41
みぃー。
お早うございます!いつも有難うございます^^

きぼう丸さまっっ・・・その様な優しきお言葉を・・・・・e-442
ここ最近、特に気を張って過ごしておりましたゆえ、その様な優しきお言葉をかけて頂いた私は思わず泣いてしまいましたよぉ~~~゜゜(´□`。)°゜
そして泣いたらスッキリしました^^;
お陰様でまた心を強く持ち直し、前を向いてすすんでいけます。おっし!がんばんべ~e-271

お優しく温かいお言葉を本当に有難うございます!
いつもの事ではございますが、心より感謝・感謝でございますっ(*`・ω・´*)ゝ
2012.03.08 09:51

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/355-c9c8835c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。