--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 26

抗がん剤、3回目前夜

2009年6月23日、この日は第3回目の抗がん剤治療を受ける前日だった。
この日の午後父は、貧血のような吐き気のような何とも言えぬ気分の悪さを訴え、緊急でI病院へ向かうことになった。
姉に連絡を入れ、姉が実家へ迎えに行く前に吐いてしまったらしい。
私の携帯にも連絡が入り、仕事の就業時間を待たずに会社を後にして、病院へ急いだ。

病院には付き添ってきてくれた姉が1人廊下で待っていた。
この日も担当医A先生の姿は見えなかったが、この間とは違う同じチームの医師が治療にあたってくれていた。
緊急検査報告書(血液検査)の WBC(白血球値)を見ると 1340(基準値 4000-8000)まで下がっている。

一回目の抗がん剤治療後は白血球値が、然程下がらずすんでいた為、この日始めて父は”抗がん剤の副作用”というものを体験してしまった。
翌日3回目の抗がん剤は受けれるのだろうか・・・?と、思い医師に尋ねたところ
「治療が行えるか否かは判りかねますが、どちらにしても明日は担当医の診察が入っていますので、予定通り明日また来て下さい」
と言われ、処置として白血球値を上げる注射をして貰い、暫く休み帰宅した。

抗がん剤治療の2~4日後は、白血球値が下がりやすく免疫力もおちてしまう・・・
他の方々のブログでの情報やA先生の説明で知っていた事だが、目の当たりにしてしまうと正直、動揺してしまう。
父も始めての経験で、自分の身体の異変に戸惑っていた。
そして事前に注意されていた「無理をしない」と言う意味を身を持って実感したようだ。

注射を受け、白血球値が上がってきたのだろう、自宅に戻ってきてからの父は少し落ち着きを取り戻してきた。
しかし改めて、自分が”癌”である事実を再認識してしまい、”恐怖心”で怯えている様に見えた。
私達家族も、父の身体の変化をもっと慎重に見ていかなければと思った。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m



スポンサーサイト

comment

ミケ
みぃさん。 

抗がん剤の副作用の一つとして白血球の低下があるので、私は抗がん剤治療を始めると同時に、母に白血球を作り、免疫力を上げる効果のあるという『プロポリス』を毎日昼に飲ませています。実際に効果を上げているのかどうかは分かりませんが、母は未だに白血球に異常はありません。 
あと、癌細胞に直接殺菌を働きかける『フコイダン』を毎夜、そして癌が栄養を取り込むための血管を作るのを阻止するための『秋ウコン』を毎朝飲ませています。
たかが健康食品、されど健康食品…です。 それから、癌患者には体温を上げること。 

何が功を奏するか分からないので、取り敢えず、善いと言われる事は可能な限りやっています。 
私の自己満足かもしれないですが…。 

よければ参考にしてください。 

癌と闘う同志より。

因みに母は、明日抗がん剤4クール、2回目の予定です。ドキドキ…
2010.01.26 12:51
みぃー。
ミケさん、とても参考になる貴重なご意見有難うございますm(_ _)m
(後日その事についての日記も綴りたいと思います)

私はミケさんの自己満足だなんて、絶対に思いません!
確かに何が効いているのかは判らないかもですが、お母様の白血球に異常がみられないというのが、素晴らしく・全てを物語っていると思えるからです。
しかも抗がん剤治療を始めると同時に、服用を始めてらしたなんて、色々と調べられたミケさんの、お母様に対する深い愛情がヒシヒシと伝わってきます!

先週はお母様、腰痛とお腹の具合が悪くて、抗がん剤されなかったんですよねぇ・・・
明日は予定通りに無事うけれますように・・・お祈りしてます。
またミケさんのブログで、ご報告お待ちしてまぁ~す♪



2010.01.26 14:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/36-f683f635
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。