--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. . 10

母の心の拠り所1 

5月10日(金)

2日続けてのブログ更新なんてどの位ぶりだろか?
書こうと思っていた事は沢山あるので、1度書き出すと立て続けに書きたくなるなぁ~~
と、ずっと更新していなかった事の言い訳を何気なくしてみたりする(-∀-。)


今年初旬、大叔母が亡くなった。98歳であった。
世間で言えば「大往生」などと言われるが、私はこの言葉が好きではない為に使う事は少ない。
お身内の言葉に相槌をうつ時のみ稀に使うだけ。
(話はそれたが)この方は亡き父、イチローの叔母にあたる方なのだが、父や母だけでなく私たち子供達も皆「おばさん」と呼んでいた。

去年の暮れから体調を崩されていたのは知っていたが、今年に入り家の中で転倒 → 入院となった。
医師からの話しによると
「ご高齢ですし、寝たきりになってしまう可能性もあります」
と言われていたらしい。
娘さんの話だと、歳も歳だし仕方がないねぇ・・・と話をされていたとの事。

がっ、流石に98歳まで病気知らずでいたおばさん!
入院後2週間も経たずにリハビリを始め、病院内の廊下を散歩していたらしく、私と母は
「流石おばさん!絶対に100歳まで生きるね!もっとか^^!」
などと話していたのだが、そんな矢先の事、実家の母の元に娘さんから電話が入った!
どうやらこの間まで奇跡的な回復を見せていた筈のおばさんが危篤状態になってしまったとの事。
「まだ意識があるうちに会わせたい人に会わせてあげて下さい」
と、医師から言われた為に連絡をくれたようだ。
後日、母と兄でお見舞いに行ったようだが、既におばさんとの意思の疎通は出来なかったらしい。
せん妄状態で誰が誰だか、何を言っているのかも判らなかったようだ。

私はこの「おばさん」が昔から少々苦手。好きとか嫌いの話しではない。
どちらかと言えば(言わなくても)心から感謝しているし、私個人としてみれば母の恩人(?)と言っても過言ではないと思っている。
我々家族が本当にお世話になった方である。


~ここからはある意味、公の場ではタブーとされるかもな話~

信じる人は信じるし、信じない人は全く信じない眉唾のような話・・・
(因みに先に断っておきますが、私は「無神論者」です!)
このおばさん・・・恐山などに居るイタコ(さん)と同じ力を持つ方!
「霊感がある」とか言うと意見は賛否両論あると承知しておりますし、無神論者を豪語している私ですが、霊能力的な事は信じておりまして・・・
「それって精神的な病じゃない?」
なんて言われそうですが、少なからず姉や私も霊感が強く、因みに私の母はもっと強い!
そんな母の「もっと強い人!」が、このおばさん。

遡る事、何十年も昔。忘れもしない私がまだ小学2年生の頃。
(昔のブログ記事にも書いた事があるけど)亡き祖母と私は交通事故にあった。
入院し、そして退院後、お見舞いに来てくれたおばさんの家へお礼に行った時の話なのだが・・・
家の中に招かれ、おばさんの部屋に通された母と私。
部屋には立派な仏壇が置いてあり(注:変な宗教とかはしてません)その前に座るよう促された私。
言われるがまま大人しく座っていると、私の後ろから母とおばさんの話し声らしきものが聞こえてきた。

ん?あれ?お・おばさん?おばさんの声だよね・・・?
と、我が耳を疑った!

さっきまで母とおばさんが話していた筈なのに、いつのまにか母の声は止み、気づけば「おばさん」の声ではなく「知らないオジサン」の声が私に何かを話しかけていた
その知らないオジサンの声で話すおばさん(←まぎらわしい)が私の頭を片手でガツッ!と鷲づかみにして恐い顔・唸るような恐い声でしきりに話しかけてくる∑(O_O;)
あまりの恐怖で何を言われているかも理解できず、どぉーしていいのかも判らない私。
今にも泣きそうに、ただただこの時が早く終わってくれれば!と震えていた私に母が怒鳴った!
「みぃー、判ったのか?判ったのなら返事をしろっ!」

知らないオジサンの声で話すおばさんは恐いし、知ってる母の顔も声も恐いしで何のこっちゃサッパリ判らないけど、摂りあえず超高速で頷きまくり「わ・わ・わかった・・・判りました」と返事をする怯えた私であった。



長くなったので次回に続きます(´-ω-`;)ゞ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳在りません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

鍵コメ 「き」 さま
こんにちは^^
お忙しいでしょうにわざわざコメントを入れて下さり有難うございます!
いつもいつも温かなお言葉を掛けて下さり、心より感謝申し上げますe-442
こちらこそe-330これからも宜しくお願い致します<(_ _`*)X(*´_ _)>

お礼が遅くなりました事、申し訳在りませんですe-330お詫び申し上げます。
2013.05.20 12:50

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/371-5a64519b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。