--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 26

変化

無事に(?)抗がん剤の1クールを終了したが、計画していた”家族旅行”は父に言う事もないまま延期する事にした。
日に日に気力・体力共におちていくのが判る。

すっかり弱ってしまった足腰を気にして、父も自分なりに努力しようと散歩に出掛けるのだが、50mも歩くと疲れてしまい帰って来る。
いざ・散歩へ、と家を出掛ける時には心配な為に母がついて行く。
そして僅か50mを歩いた夜には足が痛くて堪らないらしい。

・・・段々と家からも外出しなくなっていった。

昼間は家でずっと母と二人きりで息が詰まる・・・
何かしたくても身体が思うように動かない・・・
夜"眠剤”を飲んでも満足に眠れない・・・
考えないようにしても襲い掛かる”癌”の恐怖・・・
薬を飲む為に無理にとる食事・・・
いざ気力を振り絞り「これなら食べれるかも」と言う食事も、鼻先まで持ってくると臭いが気になり気分が悪くなって食べれなくなってしまう。

全てが悪い方向へ向かって行った。

そんな父の唯一の気晴らしになる外出は、車で出掛ける病院だった。
私が運転免許を持っていない為に、何時も病院の送迎は兄か姉がしてくれていた。
病院の帰りにスーパーに寄り、僅か10分弱の買い物をするだけでも、大分気晴らしになるようだ。

担当医のA先生の顔を見ている時は、とても安心出来るらしく元気になるのだが・・・

父には内緒でA先生に旅行の事を相談したが、A先生は「大丈夫でしょう。」と言ってくれた。
・・・が、兄とも相談した結果「今は”旅行”どころでは無い!」と判断し、楽しみにしていた”家族旅行”は暫くの間延期する事になった。
それでも身体が動くうちに、無理矢理にでも連れて行った方が善いのかなぁ・・・?
と思ったが、それこそ父に対しての恩着せがましい”良かれと思い”の自己満足なのかもと思い直した。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/38-b7177d0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。