--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 27

ホスピス(大部屋)6日目 父の手

3月27日(木)

昨日は何度もブログの更新を試みたけど・・・
これから書こうと思ってる事柄は、あまりにも想い出に残りすぎている。
もう大丈夫!と思って再度更新を始めたブログだったけど、自分でも思ってた以上に辛くなってしまった
じゃぁ、書かなきゃいいじゃん!
そんな事を思いつつ、昨日は更新するのをやめてしまった・・・
今日は気持ちも落ち着き更新を試みる



(一昨年の)今日。3月27日(火)。
この日辺りから、父は せん妄 が顕著に表れ始めた。
もう数日前から意識障害は認識していたけど、それでも何とか意思の疎通は出来ていた気がする。
せん妄 と言っても以前のものとは明らかに違った。
言葉では表現しづらいけど・・・でも、確かにあの時とは違う。
昨夜の父の表情や発した言葉を気にしながら、この日もいつも通り病院へ向かった。

兄と私が病院へ行く前、時間帯をずらして母と姉が父の元へ行ってくれていた。
しかし、父は声を掛けても反応が薄く、トイレに行く事もなく、ずっと寝ていたそうだ。
母は昨日父が言っていた ”垂らし焼き” を作って持って来ていたのだが、それも食べる事なく只管に寝ているという。
暫し経ち、
兄と私が病院へ着き、ほぼ交代するような感じで母と姉は帰って行った。

父は寝ていたものの、姉はテレビを点けてイヤホンを父の耳に入れていた。
以前の父がよくやっていた事だったので、姉はそれを思い出し、寝ていながらもテレビの音が聞こえるようにしたらしい。
もしかして煩く感じているのかな?
そんな風には思わなかったので、兄や私もそのままにしておいた。
煩ければ自分でイヤホンを外すだろうと思ったから。


いつもの如く、やる事もなくただ只管座っていただけだけど、父が目覚めた時に傍に誰も居ないと寂しがるんじゃないかと思い、病院に居る時には必ず1人は父の傍に居るようにしていた。
兄が「コーヒーを飲みに下まで行ってくると」言うので「はいよ!ごゆっくり^^」と言い、暫くの間は父と私の2人になった。

ベット周りのカーテンは全て閉まっていて、声はさすがに外に聞こえるものの、それでも個室のような空間であった。
寝ている父に何かを話しかけたい!・・・そう思いながらも、何かを話したら泣いてしまいそうで話しかけられずにいた私。
でも、何か思いを伝えたい!色々な事を父に聞いて欲しい!
だけど声にする事が出来ずに、ただじっと父の手を握り続けていた。
手を握りながら、唯一小声で「父ちゃん・・・父ちゃん」とだけ呼びかける事しか出来なかった。

母や姉と交代で兄と私が来た事を確認したのか・・・はたまた確認しに来たのか定かではないが、ふと、カーテンの隙間から I埼さん が覗きに来ていた。
I埼さん はそのまま暫く様子を見ていたようだが、私は全く気付かなかった。
「こんにちは^^」
と、声を掛けてくれた言葉で気付いた私。
その後、間髪入れずに寝ている父に話しかけた。

「Sさん・・・貴女の娘さんは、貴女の傍にずっと居て・・・
Sさんの手をずぅーっと握っててくれてますよ!・・・Sさん、分かりますかぁ・・・
こんなにも娘さんに思われてて・・・Sさんは幸せですねぇ~^^」

そう言われた父・・・
握っていた父の手が少しだけ反応を示した。
力ない父の手を、ただ私が握っていただけなのだが、I埼さん の言葉が聞こえたのか、父は私の握る手を力強く握り返してくれた。

その父の力強さ・・・
I埼さん の発せられた言葉も相まって、私の目に涙が溢れてきた。
そして、涙を堪え精一杯声を振り絞り
「あはは・・・私っていい歳して ファザコン なんですよ^^;」
そう言った。

その後 I埼さん は
「今日の夜勤は私なので、また何かあったら何でも良いので直ぐに仰って下さいね^^」
そう言い残し病室を出て行った。



父と手を繋ぐのなんて、いったい何年振りだろう・・・?
そんな事を思いながらその後もずっと父の手を握りしめていた。
そして、
握った父の手をこのままずっと離したくないと思った。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

keiko
はじめまして。私もいい年したファザコンです。
お父様の状況、1年前に癌で亡くなった父と重なることが多くて読んでいて涙が出てきました。。。

私の父も終末期は同じようにせん妄に悩まされたり・・・意識が薄くなっても私の声掛けに反応して手を握り返してくれたり・・・

お父様、分かっていましたよね。きっと。手を握りながらみぃーさんの気持ちも分かっていたと思います。
2014.03.27 20:46
keikoさま
こんにちは^^
はじめまして!です。このような駄ブログに足をお運びくださり有難うございます!

そうですか・・・keikoさまのお父様も癌でらっしゃったんですね・・・
1年前に亡くなられたなんて・・・存じ上げてなかったとはいえ
お父様のご冥福を心よりお祈り致します。

keikoさま、今もお辛き事だと思われますのに、お優しいお言葉を私なんぞに掛けて下さり本当に有難うございますe-442
私もきっと、父に気持ちは伝わっていたのではないか。と、信じております。
・・・て言うか、そう願っております^^;

そしてですが・・・
keikoさまもファザコンなんですねぇ~^^
何だかお仲間みたいで嬉しいです♪ ← 勝手に仲間意識でごめんなさい^^;

と、何だか纏まりのない言葉の羅列になってしまいましたがe-330
有難くもコメントを下さり心より感謝致しておりますe-267

2014.03.28 09:45

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/413-684b3256
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。