--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 02

決断、そして個室へ。

4月2日(水) ※ いつにもまして今日の日記は長いです

お父さんはどうなっちゃうか分からない・・・そう言った、父の顔と言葉が頭から離れない。
「今日は泊れないけど、金曜日なら次の日は仕事が休みなので泊るから!」
と父には言ったものの・・・
帰宅してからも心配で心配で、中々寝付く事ができず、結局そのまま朝を迎えた。

(一昨年の)3月29日(木)。
こちらの病院に入所してから15日目であり、ホスピス病棟(大部屋)に移動してから8日目。
胸騒ぎを覚えながらも朝は会社に行き、いつもの時間である午後2時過ぎに早退させて貰う。
そしていつも通りの午後3時には病院へ着いた。

この日も父は思った通り、昨夜眠りについてから目を覚ましてはいなかったようだ。
兄と交代で階下にコーヒーを飲みに行きながらも、何時、父が目覚めてもいいように必ずどちらかは父の傍に居た。
しかし父は目を開ける様子も、呼びかけに答える様子もなくずっと眠っている。
この日は夕方から、姉夫婦と姪っ子が来る事になっていた。

時間は5時近くになっていたと思う。
ココ最近、夕食の時間になっても目覚める事がなくなっていた父。
5時に目覚めていなくても、何の不思議もないように感じていた。・・・の、だが!

父の傍にずっと座って手を握り、ただ眠っている父の顔を見ていた私。
昨日父が言っていた事などを思いながら、眠っている父の呼吸の仕方を注意深く見聞きしていた。
そして気付く。昨日までの呼吸の仕方と違う!と。
文章にすると、中々表現しづらいのだが・・・
呼吸の仕方だけではなく、呼吸音?とでも言うのだろうか、昨日とは明らかに何かが違うと感じた。
そして、ベットを挟み向かい側に座る兄に言った。

「兄ちゃん、今日は私、病院に泊まるわ。んで、今日の今日はさすがに無理だと思うけど・・・
看護士さんにお願いして、明日にでも個室に移動させて貰えるかちょっと聞いてくるよ!」
すると兄は半ば驚いた様子で私に答えた。

「え・・・なんで・・・そうなの?お兄ちゃんにはよく分からないんだけど・・・
泊るって事は明日は仕事を休むって事だろ?大丈夫なのか?
でも、みぃー。がそう言うなら、そうして貰った方がいいんだと思うから、お兄ちゃんはみぃー。に任せるよ。」

今まで ホタルちゃん に言われても、ソーシャルワーカーさんに言われても
「まだ大部屋でお願いします!」
と言い続けた私が、誰に言われた訳でもないのに自ら「個室への移動」をお願いしてくると言った事に、兄は少々驚きと困惑の表情を浮かべていた。


時間がちょうど日勤と夜勤の交代だったのだろう。
私たちが病院へ来た時に ホタルちゃん は居なかった。
病棟の師長さんでもある ホタルちゃん がこの時居るとは知らなかったので、先ほどまで様子を看に来てくれていた看護士さんに声をかけた私。

「あのぉ~~~・・・本当に図々しくてすみません。
我儘ばかり、勝手ばかりを言って本当に申し訳ありません。
急な事で駄目な事を承知でお聞きしたいのですが、今日って病院に泊まる事はできますか?
家族の控室をお借りする事ってできるんでしょうか?」

先ほどまでそんな事を言っていなかったにも関わらず、急に思いつめたような表情でそんな事を言いに、ナースステーションまで顔を出した私に看護士さんは
「ええ・・・はい。控室は2つありますし、今日はどなたもお泊りになりませんから大丈夫ですよ^^
そんな恐縮されなくても大丈夫ですよ^^;どちらでもお好きな部屋へお泊り下さい。」
と仰ってくれた。
その言葉に少しホッ!として、続けざまに私は言った。

「え~~~と・・・それでですね・・・
ここからが本題と申しますか、本当に図々しい我儘なお願いなんです。
急にこんな事を言っても無理だと承知しておりますが・・・
もし出来る事ならと言うか、病室が空いていたらなんですが、明日にでも父を個室に移動させて頂きたいのですが・・・・・
あっ、勿論、病室が空いていなければ無理だと分かっております。無理を言って本当にすみません!」

そう言うと看護士さんは少し面食らったようで
「え?あ、す・すみません^^;ちょっと待ってて頂けますか?
私じゃちょっと・・・何とお答えしていいのか分からないので聞いてきますね^^;」
そう言って、引き継ぎの最中であったと思われる忙しい中、ナースステーションの奥に居た ホタルちゃん に聞きに行ってくれた。

そして忙しいであろうと思われた ホタルちゃん は私に気付き、私の話を聞きに廊下まで出て来てくれた。
「個室へ移動されたいとの事ですが・・・・・何故、そう思われたのですか^^?」
そう ホタルちゃん に問われて答えた。

「今まで、もう少し・・・あと少し大部屋でお願いします。
と、度々こちらからそう言っておいて、本当に大変申し訳ないのですが・・・
父の呼吸の仕方とか、呼吸音とかが明らかに昨日とは違うのが分かりました。
こんな医療の素人が何を分かったような事を言っているのか!と、思われるかもですが、父はそろそろ、本当に危険な状態ではないのか?と感じます。
娘の私がこんな事、自ら言いたくはありませんが・・・ですが、 その時 が近いように思います。
なので・・・父の傍にずっと居たいと思いますので、出来たら個室へ移動させて下さい。」
そう言った。

すると ホタルちゃん
「そうですか・・・そのように感じられたんですね・・・?
・・・実はですね、明日か、遅くても明後日にはお父様に個室へ移動して頂くつもりでいました。
ですので、今・現在、個室の空きを確保している状態です。
なので少し待ってて頂ければ今晩から移動して頂く事が出来ます。
夜勤の看護士と交代したらそのように致しますので、お声をかけさせて頂くまで、病室でお待ち頂いてて宜しいでしょうか?
移動するご準備だけお願いしますね^^」
と、仰った。


父の為に個室を確保してくれていた。
自分からお願いしておいて酷い言いぐさだと承知の上で・・・
その言葉は、何とも有難いような・・・そうでないような・・・
何とも複雑な思いで個室への移動準備をしていた兄と私であった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

buta
はじめまして。
たまに訪問させてもらっています。

拝見時はぽちっとしておきますね!
また見に来ます。
2014.04.02 20:15
seabreeze
読んでいるだけでドキドキします。
ずっと見ていると様子が刻々と変わってゆくのがわかりますよね。
でも、実際にその時が来るなんて信じられないのに。
私も、母の手を握りながらベッドの横の心電図やら呼吸の機械をずっと見ていました。
医師からは入院した時に1週間・・・と言われていたのに、
少し数値がよくなるとホッとしたりしてね。
でもみいーさん、本当に良く覚えていらっしゃいますね。
2014.04.02 22:00
butaさま
こんにちは^^はじめまして!です。

足跡からbutaさまのお名前を存じ上げておりました^^
このような駄ブログに足をお運び下さり、本当に有難うございます!
ご訪問下さるだけでも有難いのに、ぽちっ!として下さり感謝しきりでございますe-267

私もbutaさまのブログに、ちょくちょくお邪魔させて頂いておりまして・・・
伺った時は必ず ぽちっ! と、させて頂いております^^
亡き父は競馬が大好きで、生前は父と共に、私も週末は必ずと言っていいほど馬券を購入してたりなんかして^^;
そんな事で・・・butaさまのブログへお邪魔すると、亡き父との事を思い出します^^
butaさま、勝率はいかがでございましょうか^^?
今度、butaさまの予想にのらせて頂いちゃうかもです。どうか私に勝たせて下さいe-267
・・・なんて、図々しい事を申し上げてすみませんです^^;

わざわざコメントを下さり有難うございましたe-267

2014.04.03 11:30
seabreezeさま
こんにちは^^です!
いつも有難うございますe-267

ほんと!仰る通りで、心電図やら何やらの機械が取り付け(?)られていると、その都度気になってe-330
数値に一喜一憂したりなんかして、気が気じゃないですよねぇe-330
父はホスピスで最期を過ごしたので、そのような事はありませんでしたが、祖母の時は正しく仰る通りでした!
呼びかけると反応を示してくれたり、変な音が鳴ったりすると生きた心地がしなかったりでe-350

そして・・・仰って下さるように、私って記憶力は良いんですよ!
まぁ、覚えなくちゃいけない大事な事などは覚えられなかったりするんですけども^^;
勉学にその才能は発揮できなかったという、残念な私ではありますが・・・
雑学ですとか、人と交流し、どんな会話をしたのか?などはよく覚えてるんです!
特に父との事、ホスピスに入所する前、入所後、またその後の事とかは鮮明に覚えております^^
ファザコンなので余計に忘れられないのかもです^^;

なんて・・・私のファザコンはおいといて・・・
seabreezeさま、いつも温かくも有難いお言葉を残して下さって、本当に有難うございます!
いつもの事ではございますが、心より感謝・感謝でございますe-267
2014.04.03 11:46

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/419-e339ff52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。