--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 03

ホスピス(個室)1日目 個室へ移動するにあたって。

4月3日(木)

お願いした傍から、今日の今日で個室へ移動できるとは何とも有難い!
そう思う気持ちと、父の為に 個室を確保 してくれていた。・・・って事は・・・
そんな複雑な思いで、寝ている父の両脇で、兄と私は個室へ移動する準備を始めた。

この部屋に移動してから丸々7日が経過し、8日目を迎えていた訳だが、思った以上に荷物が多くなっていた。
隣のベットとの仕切り代わりにもなっている、棚のような箪笥(?)の引き出しには下記のものが大量に入っていた^^;

○ 持参してきている エンシュアリキッド
○ 父の着替え(主に パジャマ、下着、さらし、靴下)
○ タオル類
○ 箱ティッシュ
○ 病棟から出されている 紙おむつ
○ 競馬新聞(入所してからの土・日の新聞 × 筆記用具)

その他、細々とした身の回りの物など。
眠っている父は起こす事無く、ベットのまま移動させて貰えるとの事で有難かった^^

ホタルちゃん に「少しお待ち下さいね^^」と言われたものの、移動の準備をしていると直ぐに声をかけに来てくれた。
兄には父の傍に居て貰い、私が荷物を持ち個室までを何度か往復し、運び終わった荷物を個室に再度セッティング。
時間でいえば20分も掛からなかったのでは?と言うほど、個室への移動はあっけなく終わった。
もう、何時、父が移動してきても準備はバッチリ!
後は父が移動してくるだけであった。

ココのホスピス病棟は20床アリ、大部屋が2つ。(男女別で4床が2部屋)
個室は全部で12床だが、その中の2床は 特別室 。

普通の個室には

○ テレビカードの必要ないテレビ(テレビ台含む)
※ホスピス病棟のテレビは基本的にカードは必要ない
○ 3人掛け位のソファとテーブル
○ 簡易椅子(言えば何脚でも?)
○ システム棚
○ トイレ
○ 洗面台(トイレとは別)
上記のものがアリ、

特別室には(うろ覚えではあるが)上記の設備にプラス

○ シャワー室
○ 専用の冷蔵庫
があった。・・・ような気がする。

普通の個室でも広さ的には十分で、開けられないものの、表側に面した壁は一面大きな窓であり眺めも良い♪
陽の光も感じられるし、何より解放感があった!
こんなことなら、ケチケチしないで(金銭的な事情はあるが)最初から個室でお願いすれば良かったのかも?と、少々後悔しつつもあった。
ああ・・・父ちゃん、ケチな私で本当にごめん(つд-。)

そんなケチな自分を反省しながらも、個室に移動出来た事に、ほんの少し安堵感を覚えた私。
個室であれば、簡易ベットをお借りして父の傍で寝起きを共にする事が出来る。
わざわざ 家族の控室 を借りなくても済む。勿論借りれば人数に関係なく、一泊ウン千円する。
簡易ベットも借りると一泊ウン百円はとられる。
とは言え、病院で熟睡できるわけでなし・・・
私一人が泊るのであれば、元々個室に置いてあるソファで仮眠をとれば良いだけの事。

それよりも何よりも、父と離れず一日中共に居れるという安心感。
不安がる父を残し、帰る毎日は本当に胸が苦しかった。
けれどそれもこの日で終わり。これからは父とずっと一緒^^


そして、父がまだ移動してくる前に、私は表に買い物&電話へ。
病院から徒歩圏内で買い物できる場所はドラッグストアくらいであった為、泊るのに必要な最低限の物を求めてドラッグストアへ!
途中、会社の社長に連絡を入れて翌日の休みを取らせて貰い、その後、夕方に家族でお見舞いに来ると言った姉に電話をして今の事情を説明。
個室に移動した旨と、今晩、私が泊る事を話したのだが・・・

「なに?みぃー。は今日、病院に泊まるの?一人で?・・・んじゃ、姉ちゃんも一緒に泊まるよ!
一人じゃ何となく心細いでしょ?それに姉ちゃんも父ちゃんと一緒に居たいしね^^」
と、何とも嬉しい事を言ってくれた。
まぁ・・・確かに・・・心細いっちゃぁ、心細い気もするし^^;何よりも父が嬉しいだろうし♪

でも・・・まだ幼い娘を持つ姉。
病院に泊まって本当に大丈夫なのだろうか?という懸念もあった。の、だが!
娘はちょうど保育園を卒園したばかり。
小学校へ入学するまでは、春休みだった事もあり毎日のお弁当作りもないし、階下に住むお祖母ちゃん(姑)に見て貰う事もできるとの事、何より有難いのが夫(義兄)である Kちゃん が「泊ってあげなよ!」と言ってくれたらしい。


そんなこんなで・・・
個室へ移動した初日から姉と私は病院へ泊る事になったわけだが、取り敢えずこの日、一日だけ!のつもりであろう姉が、私と共にこの先も泊まり込む事になろうとは・・・
まだこの時、姉は予想だにしていなかっただろう。・・・と思う^^;

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/420-d1b7abda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。