--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 14

ホスピス(個室)7日目 何故に今更?

5月14日(水)

深夜にかけて、看護師さんに対して疑問が生じる事はあったものの・・・
それを除けば何事もなく夜も明け(個室に移動してから)無事に7日目の朝を迎えていた。
控室から母や兄も戻ってきて朝食を済ませ、姉と私は一旦自宅へと戻った。
そして(確か)3時頃には再び病院へ戻ってきたと記憶している。が!


前々から書いていた「点滴による眠剤」の事。
病院へ入所して、ホスピス病棟に移動する前までは本当に普通の「睡眠導入剤」であった。
しかしホスピス病棟へ移動してからは「点滴による眠剤」に変わった。
直接、若先生や看護師さんに確認はしていないものの、結局は(一時的な)セデーションであったと思う。

痛みに対しての薬は(持続型の)皮下注射によるもので対処できても、精神的な苦痛などからくる、恐怖感や不安感。
それらで不眠になる場合は、一時的にでも意識を落として鎮静化させ睡眠を確保する。
その為にしてくれていたと思っていた私。

個室に移動する前からは「経口投与の薬」はなくなり、全て「皮下注射により投与」するものへと変わっていた。
んで、父本人が「眠りたい」と望んだ時に「点滴」をして貰うかたちであった。
でも、朝になれば点滴は外されていたわけだが、外されても日に日に目覚める事はなくなっていった父。

よくよく思い出せば・・・
物凄い痛みを、身体全体で訴えてきた時から(数珠を握らせた時)、父はずっと点滴を外す事はなかった。
だからなのか、痛みの訴えも最小限で済んでいたのかも知れない。

これは全くの私の憶測にすぎないが・・・
その状態でずっと点滴をし続ける事は、そのまま(最終的なセデーション)の役割を果たしてしまう事になっただろう。・・・などと思う。
というか、後々にそう考えがいきついただけなのだが・・・
でも、その時はそこまで頭が回らなかった。
まぁ、例えその時に考えが及んでいたところで、本当のところは全く分からないけど。



姉と病院へ戻ってからと言うもの、やたらと父が痛みを訴えるようになっていた。
頻繁に眉間に皺をよせ、その都度、看護師さんに来て貰い薬を入れて貰う。
「あれ?朝はそんなに痛みを訴えてこなかったのにどうしたんだろ?」
そう思いつつ、ある事に気が付く。点滴が父の腕から外されていた事に。

不思議に思い、まだ病室に居た兄に聞いてみた。
「あれ・・・点滴は?外されちゃったの?」
すると兄は
「うん。みぃー。達が家へ帰ってすぐ位に若先生が来てさ
”ちょっと薬を変えましょうか”って言って、”薬を変えて様子を看ましょうか?”
そう言って、点滴を外して行ったんだよね!」
そう教えてくれた。
取り敢えずは「ふぅ~ん・・・そうなんだ!」と納得したものの。
夕方になって、母と兄が自宅へと帰り、いつもの如く病室で姉と2人で付き添っていたのだが。
何時もと違い、とにかくこの日は痛みを訴えてくる父。

暫し落ち着いてきた頃に今日の夜勤である I 崎さんが病室へ訪れた。
「こんばんは^^今日の夜勤は私、I 崎です!
相変わらずご家族様がいつも付き添ってくれていて、S崎さんは本当に幸せですねぇ~♪
何でも良いので、何か気になる事でもありましたら直ぐに仰って下さいね!では、本日もお願い致します^^」
そう声を掛けてくれた事で
「今日の夜勤は I 崎さんなんですね♪こちらこそ今日も宜しくお願いします^^」
と、姉と2人、妙に安心したし心強くもなった。
その事で頻繁に痛みを訴えてくる父の事を聞きそびれてしまった私。

刻々と時間は過ぎ・・・
暫し落ち着いていた父が、また痛みを訴えてきた。
あまりにも朝の様子と違うため姉と
「なんかさぁ~・・・こんなに痛みを訴えてくるなんておかしいよね?
何で若先生は薬を変えようなんて言ったんだろう?」
そう言いながら
「これじゃぁ父ちゃんが可哀想だよね!若先生に言って薬を元に戻して貰おうか?
だって薬を変える前までは、こんなに痛がらなかったもんね!」
そう相談し合っていた私たち。


「何で?どぉーして若先生は薬を変えちゃったの?」
と、痛みで眉間に皺をよせる父を見るたび、疑問と、怒りにも似た感情が沸き起こった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。)) 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/445-99902eb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。