--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 23

父の覚悟とその言葉。

5月23日(金)

一般病棟に居た時も含め、実質22日間お世話になった H 病院 を、父と一緒に家路を辿る。
まだ(ホスピス病棟)大部屋に移動したばかりの頃、若先生やホタルちゃんに言われた事があった。
「ご本人が ”ご自宅に戻られたい” と仰るようならお知らせ下さい。」
との文言。
確かまだ、ホスピス病棟に移動してから2日目の事だったように記憶している。

一般病棟では満足な睡眠がとれずに居た父が、ホスピス病棟に移動してからちゃんと睡眠を確保できた。
その翌日は顔色も良く、まだ体力もあるように思えたので父に聞いてみた。
「父ちゃん、先生が言ってたけど・・・
もし自宅に帰りたいなら外泊も出来る!って言ってたけど・・・
どぉーする?1日か2日位、家に帰ってみるかぃ^^?」
すると父は
「1日・2日、家に帰ったってしょーがないから、お父さんは別にいいよ。
どぉーせ家に帰るなら退院する時でいい。」
そう言っていた。

入所する前は
「家から(病院へ)通えるかな?」 とか 「少し良くなれば何日かは家に戻れるかな?」
なんて言ってた父。
でも、実際に入所してから一般病棟で眠れない日々が続いた時だけは
「こんなんじゃ家に居る方が良い。帰りたい。」
とは言ったけど、いざ、ホスピス病棟に移動して睡眠を確保できるようになってからは帰りたいと言わなくなった。
(せん妄で ”母に会いたい” との理由で帰りたいとは言ったけど)

家路に着く車中で、ふと、そんな事を思い出し考えた。
自分の死を覚悟していた父・・・・・ 
”ホスピスを退院する時” ・・・ 退院と言う言い方はしていたけど、自宅へ帰れる時。それはこのようなかたちで帰る事を承知していたのかも?
後になって考えてみると、敢て言葉にはしなかった父の考えが色々と憶測をよび・・・・・
そして改めて父の言っていた言葉の数々を思い出した。


まず、兄も姉も既に
「ホスピスの話は、今更父ちゃんにしなくても良いんじゃない?」
と言われながらも、私は2人の意見を無視して父にホスピスの事を話し、入所する意思があるかどうか聞いてみた。
自分の兄や姉が癌の末期で苦しんでいる姿を、嫌と言うほど間直で看ていた父。
だからこそ!だと思うが、その時の父の言葉は
「お父さんはあんな風に苦しみたくない!」
そう言っていた事から、最期は苦しまず、安らかに逝きたい。と願っての言葉だと、私は受け取っていた。

そして以前、母だけには言っていた。・・・と、聞いた話もある。
夜間救急で病院へ行く度、もしくは入院を覚悟して診察を受ける時。
その時々などは家を出る時に必ず
「俺はもう、この家には帰って来る事が出来ないかも知れない。」
そう言っていたそうだ。
そしてホスピスでの初診の時も、家を出る時に言っていたと言う父。
無事に初診時は帰宅する事が出来たものの・・・・・
まさかの ”翌日から入所” が決まった時は、安堵感と不安感で複雑な心境であったのは知っていた。

翌日の入所が決まってから父の不安を少しでも取り除くため、色々と父と話した。その中で
「なに・・・?もしかして父ちゃん、お金の事を心配しているの?」
と聞いた私に、被せるように母も同じ事を父にを聞いた。
「お父ちゃん、お金の心配してるの?」
すると父は、私ではなく母の顔を見て答えた。
「もうずっと前からだけど・・・今更、俺が金の心配をしたってしょうがないだろ!
今度の病院(ホスピス)は凄く金が掛かるの位、俺だって知ってるんだ・・・・・
みぃー。が良いって言ってくれてるんだから、申し訳ないけど俺は金の心配はしてないよっ!」
と、ちょっと半ギレで母に言い、本当に言いたかった事は言葉を飲み込んだように思う。

その後、私は銀行に融資の相談に行ったり、会社に出社したりで父の 本当の不安 は聞いていない。
でも、やはり母には言ったそうだ。(これは後日談だが)
「今度こそ入院したら・・・・・俺はもう、この家に帰って来る事は出来ないな。
明日は ”もう帰って来れない覚悟” で入院してくるよ。」


何日先・・・何十日か先?かは分からない「父との別れ」を予感しながらではなく、
「今ある父の苦痛を少しでも取り除いてくれる」との期待をしながらホスピスへ向かったあの日。
期待を胸に、僅かまだ22日前にホスピスへと父と通った道を・・・・・
父と過ごした日々、父の大切な言葉を思い出しながら・・・
この日は ただただ泣きながら、同じ道を通り家に帰った。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。)) 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/453-1a55023c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。