--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 28

遺骨

5月30日(金)

叫びだしたい、縋り付きたい・・・・・
そんな衝動に駆られながらも、父を扉の向こう側へと見送り、その扉が閉められた時 「姿を見る事が出来る父との別れ」 を観念した。
そしてその後、1時間ほどを経て父を迎えにと戻ったのだが・・・・・

不思議な事に、遺骨となった父を見た時には既に諦めがついた。
仕方ない事とは言え、あれほど嗚咽をあげ泣いたにも関わらず、遺骨になった父と対面した時、変な表現の仕方ではあるが、何故か清々しいような気持ちになった。
息を引き取ったとはいえ、横たわる姿が見えるうちは 「死を認めたくない」 「死を受け入れたくない」 気持ち。
だが、遺骨となってしまっては死を認めざる得ない状況で 「やっと父の死を受け入れられた」 のかも知れない。
あれほど姿が見えなくなる事に涙したはずが、火葬後は自然と 「父ちゃんはずっと心の中に生き続けてる」 と思えるようになった。


その後はご住職を見送ったり、葬儀社の方にお支払いを済ませたり。
この日に納骨を済ませる訳ではなかったので、その後は来て頂いた方にご挨拶を済ませ実家へと戻る。
そのまま一緒に実家へと来て下さる方々も居たのだが、車に乗込むときは皆さん口を揃えて
「家族水入らずで帰れるように、皆は同じ車に乗ってお父さんと帰って^^」
と、お気遣い下さった。
そして兄が運転する車に母と姉と私が乗って、私の膝の上には父の遺骨を抱き抱えて帰路に着く。

実家の近くは川沿いで、そこには数百メートルの桜並木。
風に吹かれ舞い散る桜吹雪の中、生前は叶う事がなかった父とのお花見を、私たちは車に乗りながら、桜並木を横目にお花見をしながら帰った。
母や姉、兄や私も口々に父の遺骨に話しかけながら皆で帰る。
「父ちゃん、桜が咲いてるよ^^」
「今までお花見なんて家族でした事もなかったけど・・・・・皆でお花見だね♪」
そんな言葉を口にしながら、この時も涙は流れてきたけど。
でも、この時の涙は先ほどまでのとは違う。
なんか・・・・・晴れやかな気持ち、晴れやかな涙だった。


まだまだ、全てが滞りなく終わったわけではないけど・・・・・
丸々3年に亘った父の闘病生活。
父と共に歩んできた、沢山の大事な思い出ができた闘病生活が、この時に終わったのだと感じていた。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。)) 
スポンサーサイト

comment

鍵コメ さま
お早うございます^^
そして初めまして!です。

すみません、本来ならば貴方様のブログにお邪魔させて頂き、お礼を申し上げるべきだとおもうのですが、どちらへお邪魔したら良いのか分からず、こちらでお礼を述べさせて頂く事をお許し下さいませ(T-T)

知らなかった事とは言え、遅くなりましたが
お父様のご冥福を心よりお祈り致します
そして、コメ主様、ご家族様、本当にお疲れ様でした。
まだまだお辛き中、色々とお忙しくご心痛も計り知れない時だと思われますのに、わざわざ私なんぞに温かなお心遣いを下さり、本当に有難うございます。

私は父の火葬が終わった後、ホスピスにご挨拶へ行ったのですが、その時に看護師さん(ホタルちゃん)に言われた言葉があります。
私達家族にお気遣い下さり、労いの言葉を掛けて下さっていたのですが、私が
「お陰様でやり残した事もなく、後悔もありません。
ホスピスに入所した時には、早かれ遅かれ覚悟はしておりましたし、最後に父とずっと一緒に居れたので、何だか晴れやかな気分です^^」
そう言ったのですが、ホタルちゃんは
「今はまだその様に思えるかも知れませんが、段々と月日が経つと、また違った思いや悲しみが出て来ると思います。その時も我慢せず、思い切り泣いて下さいね。」

言われたその時は、そんなものかな?などと思いましたが、やはりその通りになりました。
自分では既に心の整理がついてると思っていたのですが、人間の心の内は自分が思っているよりも、もっとずっと複雑なんですよね^^;
なんだかんだと、やっと最近になって落ち着いてきたのかも?なんて思いました(^-^;

なんか、何を言いたいのか自分でよく分からなくなってしまいましたが.....

コメ主様、私なんぞに(変な言い方ですが)お話を聞かせて下さり有難うございました。
温かなお心遣い、お優しいお言葉をかけて下さり本当に有難うございます。

コメ主様、ご家族様、お疲れが出ませんように、
どうかご自身のお心、お身体、十分にご自愛なさって下さいませねぇ!
本当に有難うございました。
心より感謝、感謝でございます(T-T)
2014.05.31 09:44

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/457-c22fdb96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。