--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. . 11

あとがきです。4年と5カ月間、本当に有難うございました!

6月11日(水) 

2009年の3月に 「膵臓癌」 の(仮)告知を受けた、我が父、イチロー。
翌月には 「膵臓癌」 の(本)告知を受け、 「余命宣告」 までされ、その時に言われたのは
「3か月~半年。抗がん剤が上手くいって1年。」
と言う、とても厳しい状態だった。

それからと言うもの、色々な本を読み漁ったり、様々な方のブログへお邪魔させて頂いたり、膵臓癌の情報をネットで調べに調べまくった。
希望が持てるような情報は中々得られず、信じたくはないが、医師に告げられた余命宣告通りになってしまうのでは?
と、何とも絶望的な気持ちになった。

膵臓癌の発覚時、あまりにも黄疸が酷く、抗がん剤治療も直ぐには出来ず、焦りと苛立ちだけが募っていた。
何も出来ずにいた時を経て、やっと、抗がん剤 「ジェムザール」 にて治療が開始された。
だが、何度も予定通りジェムを投与出来ず、また、留置した 「ステント」 が脱落(?)してしまうと言う事態も経験した。
膵臓癌が発覚してからは、体重が16.5kg痩せてしまった時もある。

しかし、何とも有難い事に 「ジェムザール」 が父に功を奏した。
そして医師の余命宣告である1年の壁が見えてきた頃、このブログを始めようと決意した。
父はジェムが功を奏した事で、発覚当初に言われた 「手術は出来ない」 との医師の言葉を覆し、手術可能と言われるまでに腫瘍の縮小が認められた。
だが、父は手術を拒み、結果的には 「抗がん剤、ジェムザール単体」 のみの治療だけを最後まで受け続けた。
途中、ジェムがもう功奏しないと判断され、 「TS-1」 を勧められた時もあったが、父はそれも頑なに拒否をした。

「膵臓癌」 で 「手術もしない」 し、抗がん剤も 「ジェムのみ」 で、特別に何か他の治療をした訳でもない。
「食事療法」 や 「代替療法」 をした訳でもない父。
こんな事を思ったり、ブログとして書くのは、大変おこがましいと重々承知している。
勿論、人其々、 「個人差」 「個体差」 があるのも分かっている。
だが、希望の持てる情報が中々得られない 「膵臓癌」 であっても、父の様な人も居るのだと、少しでも読んで下さる方に希望を持って頂けたら・・・・・
大した情報を発信する事も出来ないこんな駄ブログでも、何方か1人でも、何かのお役に立てて頂ける事が出来たら・・・・・
思い上がりかも知れないけど、そんな思いもあってこのブログを始めた。
・・・勿論 「家族の想い出を綴る為」 でもあるのだが。


ブログを始めた当初は
「こんな素人丸出しのブログ・・・・・誰か読んでくれてるのかな?」
そんな思いしかなかった。
「無駄に長いし、誤字脱字は多いし、何を言わんとしてるか分かり辛くて読みにくい!」
それは自分でも十分に分かっていた。
ただ、有難い事に、以前からお邪魔させて頂いていたブログ主様や、その方のブログで交流させて頂いた方たちがコメントを入れて下さった。
それから、この駄ブログを 「リンク」 して下さったり、はたまた、こんな私に 「ブロ友申請」 をして下さる方もいらっしゃった。
「リンク」 「ブロ友」 ・・・・・とは^^?何のこっちゃ?
全くのブログ初心者の私。(それだけでなく、根本的に知識不足)
そんな何も分からない私でも、そのようにして下さる、仰って下さる方がいて下さった事が大変嬉しく、また大変有難く、ブログを更新する励みへとなる力を下さった。

最初さえ毎日更新していたものの・・・途中何度もブログを放置する事があった。
そして、今年の1月に 「父との最期」 を綴るまでは、今まで以上、何カ月もに亘ってブログを放置した。
自分の勝手で長い間放置している間に、今まで交流のあったブロ友さんがブログを止めてしまわれたり・・・・・
と、全くの自業自得ではあるが、開始当初からお付き合い下さっていた方との交流は激減した。



今書いてるこの文章が、その方たちの目に届くかはわかりませんが
あの頃、あんなに色々なお言葉で私を支えて下さった方々・・・・・
大変に申し訳ない気持ちと、本当に有難う。と言う、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に有難うございました


そして、ブログ開始暫く経ってから、今日までの長きに亘りお付き合い下さいました方々
途中の休止期間があったものの、その後も変わらずお付き合い下さり本当に有難うございました!
心より感謝申し上げます


そしてそして
今年の1月に、長い休止期間を経てから、新たにこのブログにお付き合い下さいました方々の方が最近は多いような気が致します。
いつもこの様な駄ブログにお越し下さり、応援ポチ!までして下さり、この読みにくい駄ブログに最後までお付き合い下さいました事、本当に有難うございました
私はお邪魔させて頂いておりながら、変な人見知りでコメントを入れさせて頂く事をしませんでした。
いつも見に来て下さるお礼と、お邪魔させて頂いた事への感謝をこめて 「拍手ポチ!」 と 「バナーをポチ!」 っとさせて頂く事だけしか出来ませんでした。
本当に失礼ばかり・・・・・本当に申し訳ありませんでした。



最後になりますが・・・・・
とても有難い事に、このブログを
「続けて下さい」 「消さないで下さい」
などと、何とも勿体無いようなお言葉をかけて下さった方々が居て下さいました。
大変身勝手な我儘で、お目障りな方もおられると思いますが、完結後、1カ月ほどだけ
「日本ブログ村」
に、このままこのブログを置かせて頂きたいと思っております。
そしてまた、何かのかたちでブログを始める事になるかも知れませんが、その時は、またどうぞ宜しくお願い申し上げます!

沢山の方から有難くも頂きましたコメントは、個人のPCにて1つ残らず、大切に大切に・・・・・
全てを保管し、今後も大事な宝物として頂戴しております^^




この様な駄ブログにお付き合い下さいました皆様へ。
4年と5か月間、本当に有難うございました
心からの感謝を申し上げます

そして・・・・・
現在も闘病されていらっしゃる方
大事な方が闘病されておられる方
また、そうではない方々

皆さまのお心の健やかなる事を、心よりお祈り申し上げます!
本当に本当に有難うございました


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
     ↑
お手数をお掛けして申し訳ありません。
押して頂けると嬉しゅうございます(。・人・`。))
スポンサーサイト

comment

seabreeze
お疲れ様でした。
お別れするのは寂しいけれど、今後のみぃーさんのご活躍を遠くから応援しております。
お元気でね。
また新しくブログを始めるときはお知らせくださいね。
みぃーさんとご家族に幸ある事をお祈りしております。
2014.06.11 15:40
私はタワシ
お疲れ様でした。
みぃーさんと初めてであったときは私の父もイチロー氏と同様。がんと闘っている最中でしたね。
イチロー氏とみぃーさんのがんばってらっしゃる姿が私の心の支えにもなりました。
私の父が闘病生活を終えて逝ってしまってからは なんとなくコメントしにくくなってしまい、読み逃げの日々が続きましたが、陰ながらいつも応援しておりました。
イチロー氏が逝去された後も いわばジャンル違いのわがブログを足しげく訪問してくださって、時にはコメントも下さり本当にありがたいことだと思っています。

区切りをつけるのはいいことだと思いますが、大好きなみぃーさんのブログがもう更新されないのはやっぱりさびしいです。
できればまた違う場所で違う形でいいので、遠くない将来ブログを再開してくださったらうれしいです。そのときは必ずお知らせくださいね。

ではまたそのときまで。ご家族ともども、どうかお元気で!
2014.06.11 18:28
りりぃ
すご〜くご無沙汰してしまってごめんなさい(^_^;)りりぃです。
みぃーさん、偉いですね!お父様の最期まで、亡くなられた後のことまで、きっちりすべて記録しきって有終の美を飾るとは…さすがしっかり者のみぃーさん。
中途半端なままブログを放置しているヘタレな私が恥ずかしくて穴があったら入りたい(>_<)
母の死後、すっかり自ブログへの意欲を失ってしまった私ですが、他の方の癌闘病ブログは気になっていつもあちこち伺っています。
みぃーさんのブログもいつも読み逃げですみませんでした。
読み逃げのくせに言うのもなんですが、他の方と同じようにみぃーさんのブログがもう見られないのは寂しいです。
ぜひ新たなスタートをお待ちしてますね( ´ ▽ ` )ノ
2014.06.11 20:33
akoako
私の主人は2年前に膵臓癌尾部の手術をして
その後1年間ジェムザールを続けました。

体重は戻りませんが、何とか仕事もして孫とも遊び
最近は帰宅後自転車で近所を走ってます。

最初は亡くなった方のブログを読むのは恐い気がして
飛ばしていました(ごめんなさい)

膵臓癌のブロ友さんを3人送った後という事も有り
中々勇気が有りませんでした。

お父様がホスピスに入られる少し前から読ませて頂きました。
避けて通れない事なら、妻として知っておかなければ
いけないと思い読み始めたのです。

読ませて頂いて良かったと思いました。
愛情に溢れたご家族様 本当に見習わないととね♪

このブログは1ヶ月と言わず残された方が良いと思います。
支えるご家族の励みに成ると思うのです。

貴女のブログに出会えて本当に良かった。
感謝申し上げます。ありがとう

高い志に向かい 思いが叶いますよう願っております。

お父様幸せでしたね♪こんなに素敵な家族に恵まれて
みぃ~さん頑張ってヽ(^。^)ノ 
また、貴女のブログに出会えます様に願っています。
2014.06.12 00:09
みぃーさん、お疲れ様でした。

実際の闘病中や お父様の最期を看取るころには辛くてかけなかったであろうことも 最後まで書ききってくださって ありがとうございました。

最期はいい病院で過ごせたこと、いい看護師さんやスタッフの方に出会えたこと ほんとに良かったですよね。
私もみぃーさんのところほどではなかったけど 母の最期はいい病院であってくれたことが救いでした。

このブログはもう終わってしまったんでしょうけど みぃーさんの次のスタートのブログ、勝手に期待しています!(^^)!

そしてそして りりぃさん、お久しぶりです!(といっても 覚えてらっしゃらないかもしれませんが) ここで お名前を見つけて勝手に喜んでます!(^^)!
お元気そうで何よりです。

そして みぃーさん!
きっと 時々みぃーさんの側にこそっと来てくれているであろうお父様と共に これからもがんばってくださいね。
2014.06.12 09:25
seabreezeさま^^
こんにちは!です。

わざわざ私なんぞに、温かな労いのお言葉を下さり有難うございますe-267
seabreezeさまには、大分昔からお付き合い下さいました事、いつも温かなお心遣い、お優しいお言葉をかけて頂いておりました事、心よりお礼申し上げます!
本当に有難うございましたe-267

しかし・・・・・
ブログの更新は止めても、お別れはしたくないです~~~~~e-259
お邪魔かもですが、今まで通りブログへはお邪魔させて下さいませ!です(。・人・`。))

2014.06.12 14:02
私はタワシさま^^
こんにちは^^

私はタワシさま、火傷の具合は如何でしょうか?
大事な 「手」 ですもの!十分お大事になさって下さいませねぇ!

えっと・・・話は変わっちゃいますがe-330
私はタワシさまには、ブログを始めて間もない頃からお付き合い頂きました。
その後、ブログを休止している時も、再開してからもなお、お付き合い頂けました事を大変に有難く思っております。
父亡き時も、ご自身のお辛き気持ちをひた隠しにされてまで、父や私に温かなお心遣いを頂戴致しました。
大変に申し訳ない気持ちと、大変に有難い気持ちでいっぱいです!
本当に有難うございました!心よりの感謝を申し上げます。

このブログの更新はもう致しませんが・・・・・
今まで通り 私はタワシさま のブログへは、お邪魔させて下さいませねぇ+.((人д<o)
そして、大変図々しいとは思っておりますが・・・・・
また素敵な音色を聴かせて下さいませ!ですヾ(´∀`)ノ
2014.06.12 14:24
りりぃ さん^^
り・り・・・りりぃさん?
りりぃさぁ~~~~~んヾ(*´∀`*)ノ

わぁ~い♪りりぃさんだぁ~♪すっごいご無沙汰ですねぇ~~~!
まさか、りりぃさんがこのブログを未だにご覧下さっていたなんて・・・・・
コメント欄でお名前を拝見した時は、どビックリ!で、すっごく嬉しかったですe-267
ほんと、有難うございますe-267

りりぃさんのお蔭で、今では 華さまe-266とも交流を持たせて頂いております^^
私に沢山の 「きっかけ」 と、沢山の事を教えて下さった りりぃさん!
本当に有難うございます!
そしてコメントを入れて下さった事、心より感謝申し上げます!
本当に本当に ありがとぉ~~~ヾ(´∀`)ノ です

2014.06.12 14:36
鍵コメさま^^
こんにちは!です^^
そして初めまして(?)です。
いつもお邪魔させて頂いておりましたので、何だか 初めまして! の気がしないです^^;
なんか、馴れ馴れしくて申し訳ありませんe-330

存じ上げなかったとは言え、大変遅くなり恐縮ではございますが
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

長い・短い  
の問題ではないと十分に承知しておりますが、お母様を亡くされてまだまだ間もなく、様々なご心痛を抱えておられるだろうと思われますのに・・・・・
私なんぞに、わざわざ温かなお心遣いと、お優しいお言葉をかけて下さいまして、誠に有難うございます。

こんな駄ブログでも、貴女様のお役に立てる事がほんの少しでも出来たとしたならば。
私にとりまして、それは大変に光栄な事であります。
逆に此方がお礼を述べなくてはならない事です。
ご心痛を抱えながらこんな私にお付き合いくださいました事、また、この度は有難くもコメントを頂戴した事を心よりお礼申し上げます。
此方こそ、本当に有難うございましたe-267

貴方様のお心、お身体、十分にご自愛下さいます事をお願い申し上げます(>人<*)
2014.06.12 14:52
akoakoさま^^
こんにちは!はじめまして^^です。

この度は私なんぞに・・・
温かなお心遣いと、お優しいお言葉をかけて下さいまして、本当に有難うございます。
心より感謝申し上げます!

akoakoさまの旦那様が、父と同じ膵臓癌でらっしゃるのですね。
ですが手術した後ジェムで治療され、その後はお元気でいらっしゃるご様子♪

(申し訳ありません、私には詳細が分からず、akoakoさまのお言葉から想像するだけなので、実際の旦那さまやakoakoさまやご家族様の御苦労は分からないのですが・・・・・)

お仕事もされ、お孫さんとも遊び、自転車で走られてらっしゃる旦那様を想像致しますと、大変に喜ばしく、嬉しく思う私でございます^^
大変に予後が厳しいとされている膵臓癌ではありますが・・・
私が昔にお邪魔させて頂いた事のあるブログ主様は、やはり手術されて抗がん剤を受け、難しいとされる5年生存率を無事にクリアされたとの事で、定期的に検査へは行かれているようですが、お元気に過ごされているご様子でありましたe-267

そのような方がおられる事は、私どもからしてみれば 「大変に嬉しく希望の星e-267」 でございます^^
akoakoさまの旦那様も、希望の星でございます^^
これからも、ずっとずっとお元気で、akoakoさまやご家族様と共に過ごせる事を、心から祈り願っておりますe-267

このような駄ブログにお越し下さり、お付き合いくださいました事をお礼申し上げると共に、心より感謝致しておりますe-267
本当に有難うございました~~~ヽ(´∀`)ノ
2014.06.12 15:15
華さま^^
こんにちは!でっすe-267
ねぇ~~~~~♪
ほんと、ビックリで嬉しいですよねぇ~~~♪
まさか私も りりぃさん からコメントを頂けるだなんて、思ってもみなかったですe-349
いやぁ~~~
数年前のあの頃が蘇ってくるようで、何とも嬉しい限りでございます^^
(勿論ですが・・・皆さん、あの頃の各々の状況はとても喜べるものではありませんが)

わざわざ私なんぞに温かな労いのお言葉を有難うございます!
数年の時を経て(?)こうして華さまとも交流を持たせて頂ける事、心より嬉しく思っております♪
このブログはもう更新する事はございませんが・・・・・
ですがっ!
今まで通り華さまのブログへお邪魔させて下さいませです(〃ゝω・人)
今後ともどうぞ宜しくお願い致しますe-267

ps お聞き下さった事ですが・・・後程 華さま のブログへお邪魔させて頂きます^^
2014.06.12 15:24
Jam
こんにちは


ドラマや本になった体験談などは患者も「自分の病よりも家族のことを気遣う」素敵な人だったり 患者家族も「本当に献身的で優等生で非の打ちどころのない」人だったり  
でも 患者は時に病気を免罪符にするようになったりするし(うちのダンナとか)家族は時に疲弊して腹黒く荒んだりもするし(私とか)とくに患者家族が弱音を吐いたりぶつくさ言ったりすると、一番つらいのは患者なんだぞ!と攻撃されたりして
患者には患者の 患者家族には患者家族の それぞれの痛みだってあるはずなんですけれどね、 

みぃー。さんは いろんな思いもあろうかと思われますけれど お父様に心底寄り添い 最期まで寄り添い 情豊かに深く寄り添い
ブログもちゃんと完走されましたこと、まとめる力がおありなこと素晴らしく、本当に頭の下がる思いです

ここまでこのブログをちゃんときれいに扉を閉めるカタチにされたのは、みぃー。さんが 手のうちをさらけ出すような 偽りのない気持ちで書かれていたからだと思っています
私のような腹黒さは見えずとも(^^;)弱さとか怖れとか憤りとかちゃあんとコトバの形にされてきたこと
お父様はじめご家族の態度にだって少しは眉をひそめるような状況だってあったかもしれなくても 深い愛情で「それはどういう言う意味をはらんでいるのだろうか」と理解しようとされてきたこと
想いを目に見えるカタチにするのって難しいですよね、でもそれができるみぃー。さんのお書きになったブログは 心震わすものでした

きっとまだまだみぃー。さんのお心にだけとどめていることだっておありでしょうし まだまだすっきりとはいかないことだってあるかもしれません
でも ひとまず、本当におつかれさまでした

あらためて お父様のご冥福をお祈り申し上げます
みぃー。さんはじめご家族の皆さまが心穏やかにお健やかでありますように




2014.06.12 16:23
かじぺた
はじめまして、こんにちは(^^*)

こっそり、読まさせて頂いていました・・・
大変お辛い作業だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

私も、最愛の(私も相当なファザコンです(爆))父を
51歳の若さでガンで亡くしました。
肺がんだったんですが、もう20年近く経ちます・・
当時は胸腔鏡にての手術も一般的ではなく
抗がん剤も今のように良いものは無くて
ホスピスも、あるらしい・・・
くらいの段階の時代でした。

父は普通の健康診断で
良かったですね!!早期発見です。
と言われてからざっくりと大きな傷を作る
2回の開胸手術を経て、”早期発見”から
わずか1年で逝ってしまいました。

発見当時は中年にありがちな恰幅の良い体だったのが
あれよあれよといううちに痩せてしまい、
今思えば、
ひょっとしたら手術しなければ・・・とか
最終的に数十という数えきれないほどの転移は
あの抗がん剤の所為だったのでは。
とか、もしも発病が今であったなら
きっと違う結果が・・・
とか未だに考えずにはいられません。

みぃーさんはお辛い中にも
お父様と色々な想い出をお作りになられましたね。
みぃーさんが仰られる様に
きっと、もう少し発病からの長さがあったのなら
私も未だに後悔し続ける事は無かったと思います。

でも、みぃーさんの文章から感じ取れるのは
本当に本当に頑張られましたね!!!
という、お話がお話なのに申し訳ない事ですが
すがすがしい程の感動です。

大変、本当に大変申し訳ない事だとは思いますが・・・

でも、同じ境遇にあった者として
勘弁してくださいね(^^;)

ずーーっと恐れていた父が亡くなった歳に
旦那が先に到達し
私も、父の病が発覚した歳になりました。
父の歳を越えられるか戦々恐々としておりますが・・・
また、当時感じたあまりの若さより更に
父が逝った年齢を痛感もしております。
おとうさん・・・こんな中で逝っちゃったんだ・・・
辛かっただろうな、寂しくて悔しかっただろうな。って・・・

以前、映画のタイタニックを観た時に
生き残った女性が嬉しそうに人生を生きる姿に
違和感を覚えたことがあります。
でも、今はよく分かるんですよ。
彼が経験したかった、彼が生きたかった人生を
彼女は彼の分も一生懸命生きてるんです。

父が病気の間、
私たち家族は大変大変不幸でした。
ものすごく不幸でした。
そして、その不幸は父が亡くなった時に
最高潮に達しました。

でも、不幸が最高潮に達したのにもかかわらず
私達はこれからも生きていかなければなりません。
いつまでも、ずっと不幸のままでは
居てはいけないのです。
亡くなった父の為にも。
だって、父が大きな大きな愛情を注いでくれていた
大事な大事な家族なんですから。
私達は不幸を乗り越えて幸せにならなければいけません。
だから、
今はあのタイタニックの女性のその後の人生を
大いに肯定したい気持ちです!!!

長くなってしまい、ごめんなさい・・・・・
たぶん、こうなっちゃうから
今まで控えてきたんですけどね(^0^;;)\

最後になりますが・・・・・・
このままお別れというのも辛いので
もしよろしかったら
また落ち着いた頃に
違うカテゴリーでもなんでもブログを再開。でも
新しく立ち上げる。でも良いので
また帰って来て下さると嬉しいです!!!
本当に本当にお待ちしております!!!!!!

実はね、私の実家での愛称は
みいちゃんと云うんですよ(笑)
父ももちろん、わたしのことをみいちゃんと呼んでました(^v^*)

またお逢い出来ることを楽しみにしております!!!
本当にお疲れ様でした!!!!!!

またね(^∀^*)ゞみぃーさん!!!!!!!

2014.06.12 16:45
Jamさま^^
こんにちは!です。

Jamさまには、大分昔からこの駄ブログにお付き合い頂きました。
いつも下さるお言葉には、私の事を良く仰って下さったり、労いの温かいお言葉をかけて下さったり、時として私に 「気付き」 を与えて下さるお言葉なども沢山頂きました。
そして母の舌癌の時も、様々な事を教えて下さいました。
それら全て、全部をひっくるめて、有難うございます!の言葉だけでは足りない位、Jamさまには感謝しておりますe-267本当に本当に 有難うe-267その気持ちでいっぱいです!

せっかく私の事を良く言って下さってるのに、自分で言うのも何なんですが・・・・・
「私のような腹黒さは見えずとも」
     ↑
などと、Jamさまは仰っていますが・・・・・いやいや、なかなかどーして・・・・・
私も(は)相当の腹黒でございます^^;
ブログを読んで下さって、もしその事が垣間見えなかったとしたら、それこそが私の薄汚い部分。
そこが 腹黒さ なのです。わたくし十分に自負しております(*`・ω・´*)ゝ(←エラソーに言うバカ)

と・・・私の腹黒さはおいといてe-441

患者とその家族の関係性は本当に難しいですよねe-263
Jamさまが仰る通り まんまその通り だと思います。
患者には患者にしかわからない痛みが・・・・・
家族には家族にしか分からない痛みが、それぞれ両者に存在するものだと思います。

前の記事に書いた事があるのですが、母がまだ舌癌になる前、父があまりにも母に当たり散らしていた頃。
母は相当のストレスだったのでしょう。私に向かって
「お父ちゃんなんて、早く死んじゃえばいいんだよっ!・・・なんて思っちゃうよe-262
などと溢していた時期があります^^;
父もやはり、病気を免罪符にしておりましたし、私にも何度となく嚙付いてきた事がありました。
幾らどんなに私がファザコンであっても、父が病気で辛かろうとも、駄目なものは駄目!許せない事は許せない!と、私はハッキリ父に意見しておりました。(これも以前、ブログに書きましたが)
でも、私はそれが 至極全う! だと、今でも思っております。

だって・・・・・ぶっちゃけ、本当に大変でしたもの^^;
私のような未熟な者には、寛大な心で接するなんて事は到底できませんでしたもんね(´Д`;)
自分を正当化するわけではないですが、でも、それが 「家族」 と言うものでは?なぁ~~~んて、おバカな私は思っております。
だって、人間だもの! (← この言葉、私はほんと好きですねぇ~^^;)
無理なものは無理!駄目なものは駄目!出来ないものは出来ない!
誰だって自分あってのモノ!ですから。

家族だからこそ辛いと言えるし、無理も言える。
自分の我儘を全て聞き入れて欲しいと、無理を承知で言えるのも家族であるなら、嫌なものは嫌で、出来ないものは出来ないと遠慮なく言えるのも家族だから。
家族の中で自分をただ押し殺し、演じながら生活するなんて、それはもはや、家族なんかじゃない!
自分の痛みを受け入れてくれるのも家族なら、相手の痛みも受け入れようとするのが家族。
最小限の無理は致し方なくても、無理をし続けるのは何れボロも出ますし、歪みが生じます。
喧嘩したって、言いたい事を言いあったって、それが出来るのが家族なんだと私は思います。

ほんと、ドラマや本で見るような 「優等生な患者と家族」 には、我が家はとてもほど遠かったです^^;
何か長々と屁理屈を捏ね回し、ダラダラと持論を書いちゃってすみませんでしたe-330

Jamさま、長きに亘りこの駄ブログにお付き合い下さいまして誠に有難うございました!
温かなお心遣いにお優しいお言葉の数々、心より感謝申し上げます!
本当に有難うございましたe-267





2014.06.13 13:49
かじぺたさま^^
こんにちは!です。

普段ブログへお邪魔させて頂いていたので、はじめまして^^と言うのも何か違和感がある、馴れ馴れしい私ですみませんe-330
この度は私なんぞにコメントを下さり、有難うございます♪
思いがけず頂けたコメント・・・とっても嬉しいですe-267

かじぺたさま、
「でも、同じ境遇にあった者として 勘弁してくださいね(^^;) 」
だ、なんて・・・・・
勘弁も何もございませんですよっe-330なんか・・・逆に有難うございます!
かじぺたさまは、今でも心に後悔を抱えてられて、ご心痛の中、このような駄ブログにお付き合い下さった事、心より感謝申し上げます。
何か逆にすみません、本当に有難うございますe-267


かじぺたさまも ファザコン でいらっしゃるのですね^^
そして みいちゃん でいらっしゃる♪
馴れ馴れしいのは承知で言わせて下さい!なんか、他人のような気がいたしませんです(*^ワ^*)
まぁ、私は みいちゃん とは言って貰えなくて みぃー と呼び捨てでしたが^^;

タイタニックのお話ですが・・・
姉がディカプリオ好きで、DVDを持っておりますので、私も何度となく一緒に見ました。
当時はまだ私も若かったので、ローズ(でしたっけ^^?)のその後を見た時は、やはり違和感を覚えました。
自分を犠牲にしてまで助けてくれたのに何なんだよっe-262って。
ですが、かじぺたさまが仰る通りなんですよね^^
その当時はそのようには思えませんでしたが、自分も歳をとり、様々な経験を積んだ事によって分かるようになりました!
自分が幸せになる事が、本当の恩返しで、最高の供養になるのかも?と^^

かじぺたさま^^
全然(頂いたコメント)長いだなんて思わないですし、沢山のお言葉を頂けた事は本当に有難い事で、本当にとっても嬉しいですe-349
そして私なんぞに温かなお言葉 「また帰って来て下さると嬉しいです!!!」 だ・なんて仰って下さって有難うございます!
これからもブログへお邪魔させて頂きたいと思います。
引き続き、これからも宜しくお願い申し上げますe-267

2014.06.13 14:18

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/463-f563fcff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。