--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 29

反省

昨日の言葉を受けて 2009年8月16日(日)緊急入院となった。
入院時には兄と私が付き添った。
A先生は「丁度ベッドが空いている」と言ったが、それは嘘だった。
初めての検査入院時の病棟は ”消化器外科”病棟(3階)だったが、今日案内された病室は ”脳神経外科”病棟(2階)であった。
そして父の病室・ベッドの配置されている場所・・・
3年前・私が手術した際に居た場所と全く同じところであった。
話しのネタに、父にその事を話してみた。
「父ちゃん、ここの場所って懐かしいでしょ?見覚えない?私が入院してた場所だよ!」
と言ってみたが、父からは意外な言葉が返ってきた。
「そうだっけ?そんな事はないだろう!だってみぃは違う病院で手術したんじゃなかったか?」
・・・・・・え?覚えてないの?
心の中で呟いた。
今の父には人の過去にあった出来事に関心は無い!と言うより・それどころでは無いのだ!

暫くしてお決まりのように担当看護師さんがやって来た。
聞かれる事に父は何度も同じ事を言う。
言葉を変えて何度も何度も、一生懸命に話し続ける。
看護師さんの少し困った様子が見てとれた為、兄が口を挟み今迄の経緯を判り易く説明し直した。

今日のところは、日曜日で検査も出来ない為、医師からの説明などはない。
しかし、痩せ細り子供のように怯える父をこのまま置いて帰宅する事は容易ではなかった。
出来る事なら泊まり込んででも、傍に居てあげたかった。そして守ってあげたいと思った。


その日の夜、一人きりの自分の家で反省した・・・
昨日は不安にかられて、しなくてもいい筈の ”覚悟” をしてしまった。
覚悟すると言う事は、諦めると言う事だ!
父が一生懸命”癌”と闘っていると言うのに、私は何を諦めていたんだ!
弱い心を棄てて、ただ信じればいいのだ!父ちゃんは絶対に大丈夫!私達家族が弱気になってどぉーするんだ!

そう思い直し、今度は何があっても支え続ける覚悟をした。 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/51-e73fd3d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。