--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 30

まさかの出来事

2009年8月18日(火)
午後3時過ぎに会社を早退して病院へ行く事になった。
実家から病院へ行く途中に私が勤める会社があるため、兄が車で迎えに来てくれた。
父は善く判らなかったと言うものの、検査の結果が悪いものでは無かったと言う事は理解できていたようだ。
気のせいか・何となく表情が晴れやかに見える。

父は耳が少し遠くなってきていて大きな声で話す。
(まぁ、元々声は大きいのだが・・・)
同じ病室の方に悪いと思い、場所を移しA先生を待つことにした。
点滴を付けたまま車椅子にのり、病棟の外・メイン廊下のソファがある場所で雑談をしていると、A先生がわざわざ来てくれた。
そして検査の結果を話し出した。

「以前K病院で入れたステントが外れかけて(ずれて)いました。
かと言って胆道が詰まっているわけではありません。
しかしこの病院へ入院し検査をした時には、綺麗に入っていたのに、おかしいですねぇ・・・」
・・・・・ん・それはどう言う事???
「丁度入れ替え時期ですし、明日ステント入れ替えの処置を行いましょう!」
と説明を受けたが、疑問があった為A先生に質問してみた。
「以前K病院の担当医師は、金属のステントをいれたら入れ替える事はできないと言ってました。
もしも金属のステントが詰まった際は、入れているステントの中に、更に細いステントを入れて処置をするしかないと言っていましたが・・・?」
するとA先生は怪訝そうな顔をして
「そんな事はありませんよ!金属だろうと、ステントが付着さえしていなければ入れ替えは可能です。
しかし普通であれば、半年くらいで入れたステントが詰まりだします。
ですがSさん(父)のステントは詰まってはいません。念のため・今後を考え今のうちに入れ替えておきましょう!」
と説明をしてくれたが、何故か不思議そうな顔をしていた。
そして、こう付け加えた。
「私が知っている同じ処置を受けた患者さんは、ステントが詰まり入れ替えた方々ばかりで、Sさんのようにあれだけ綺麗に入っていたステントが、詰まりも無くずれるとは・・・?その様な症状の方は初めてです。」
との事だった。

その説明を聞き最初は「K病院の治療がまずかったのか?」と思ったがA先生の説明だと、そうではないと言う。
じゃぁ・何でそんな事になってしまったのか?
・・・A先生さえ判らない事を、私達素人が判る筈も無い。
「では明日、お願いします!」と言って、明日再度のステント入れ替え治療をしてもらう事となった。

ステントが外れたからと言って、血液検査の結果に異常は見られなかった。
しかし父は、自分でもどうして善いのか判らない・何ともいえない症状に苦しんで、今回入院する事になった。
以前にA先生が言った「数値に振り回されてはいけない・現状の症状が大事」と言った意味が判るような気がした。
抗がん剤投与後の週末に、気分が悪いと言われると白血球値が下がった為だろうと思っていたが、そんな単純な事ではなかったのだ。
・・・確かに、当の本人が訴える症状を最優先に考えるべきだと思った。
今回の事を肝に命じて、今後に生かそう。

はぁ~しかし、危惧したような最悪の結果じゃなくて本当に善かったぁ~(*´Д`)=3
今回も何とか乗り切れそうだ!
ステント入れ替えと簡単に思ってしまうが、父の身体には大分負担がかかる。
辛いとは思うし、可哀相だとも思うが何とか頑張って欲しい!
どうか明日の入れ替え治療も無事に終わりますように(-人-)



・・・安心して大事な事を思い出した。
K病院の担当医師めぇー!!!
説明が違うじゃねぇかっ!!!どー言うことだよっヽ(#`Д´)ノ┌┛

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/53-55c6ecea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。