--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 02

奇跡!

A先生から思いもかけなかった朗報を聞くことが出来た!
その事は勿論・とても嬉しい事だった♪
しかし・・・?最近の状態を思い起こして見ると疑問が数々と浮かんできた。
無条件で手放しには喜べないような気がした。
「ドッキリ」ではないが、何か落とし穴があるのでは・・・?

夕方遅くに、再度姉が病院へ来てくれた。
そして少し遅れて母と兄も到着した。

私はA先生に聞いたままを説明した。
思わぬ朗報に、勿論皆喜んだのだがやはりちょっと不可思議な様子。

皆口には出さなかったが、ここ1・2ヶ月の父を見ていると
”余命宣告通りになってしまうのでは・・・”
と思わざる得ない出来事ばかりがあった。
立て続けにあった入退院もそうなのだが、食事もとれず・痩せ細り、気力・体力ともに低下していった父。
緊急時の痛み止め”オプソ”を飲む事も多くなっていた。
診察時に処方される薬の量も都度増えていった。
サチュレーションの数値が低下して倒れた事だって、全てがタバコのせいだけではない筈だし・・・

前回の入院時にだって検査はした。
その前のステント入れ替え時にだって、腫瘍が小さくなっているなんて、一言も言ってなかったではないか!
それなのに、こんな数日間で腫瘍が認められなくなった等と言われても・・・・・

その夜、家族が全員揃ってる事をしったA先生が改めて説明をしに、父の病室に再度来てくれた。
先程とは違う・もっと判りやすい説明をしてくれた。

「膵頭部に出来ていた腫瘍がありますよねぇ・・・
この腫瘍を例えれば、マッチを燃やした時の炎だとします。
今まではこの炎がCTに写っていました。
マッチが燃え終わると、燃えカスが残りますよねぇ・・・
今の状態は、この燃えカスだけがCTに写っている状態なのです。
と・言う事は炎である腫瘍が消えたために燃えカスしか写っていない。と言う事です。
そして遠隔転移も認められません。
だからと言って”癌”が完全に消えたわけではないですよ。
・・・しかし当初とは全く違います。
抗がん剤がSさんの”癌”をここまで押さえ込み・尚且つ小さくしてくれた。
膵臓癌の抗がん剤・ジェムザールは、痛みの緩和や延命を目的としたところが大きいものです。
ですがSさんの場合は、ジェムザールがここまで癌を小さくした。
・・・ですから私は先程言ったのです。
今までの患者さんの中で、これほどまでにジェムザールの効果が現れた人は見たことが無い・と。」

その説明を聞き、今度こそ・本当に心の底から安堵した。

確かに痩せ細り、見ている分にはどんどん”癌”が進行しているように思われたが、そうではなかったのだ。
副作用も勿論キツイものではあったが、その副作用は無駄ではなかったと言う事だ!
延命や・痛みの緩和だけではなく、しっかりと”癌”そのものに効を奏していてくれたのだ!!!

余命宣告通りであったら、父はもう・力尽きていてもおかしくはなかった・・・
考えないようにしていても、何時も心の片隅にその心配はあった。

それなのに・・・
まさか、こんな希望が持てる検査結果を聞くことが出来るなんて・・・

奇跡が起こった!
そう私は思った・・・。
私達家族は信じられない気持ちで、全てのものに感謝した。
本当に・本当に有難うございます・・・と。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/67-7d9a014d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。