--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 03

お気に入り♪

2009年10月14日(水)先日の家族間で話し合った結論を伝える診察日。
この日も兄が病院へ付き添ってくれた。
今日は血液検査もせず、ただA先生に報告を兼ねて今後の治療方針を決定するための診察。

兄は家族間で話し合った事をA先生に伝えた。
それを聞いたA先生も、では・今後も抗がん剤治療を続けていきましょう。と承諾してくれた。

来週10月21日(水)から”抗がん剤5クール目”が始まる事になった。


”ステント脱落”時の入院をしていた時も、父は病院の食事にほとんど手をつけなかった。
栄養管理士さんが父の病室を訪ね
「Sさん、あまりお食事に手をつけられていませんが、何なら食べれそうですか?」
と聞きに来てくれていたそうだ。
その都度父は
「そんな事は判らない・・・食べれると思って口に運んでも、食べたくなくなってしまう。」
と答えていたそうだ。
試行錯誤を重ね、父の為に献立を考えてくれたが、それでも食べれないらしい。

元々”濃い味”を好む父にとって、病院の食事自体味気ないもので食が進むと言う事もないのだが・・・
しかしあまりにも固形物を口にしない父に、A先生があるものを出すように指示してくれた。

《 エンシュア・リキッド 》
一般に、手術後患者の栄養保持に用いることができるが、特に長期にわたり、経口的食事摂取が困難な場合の経管栄養補給に使用する。

しかしこれを父はいたく気に入ってしまったらしい。
本当ならば、ちゃんとした食事で栄養をとるのが好ましいのだが・・・

父曰く「カフェオレのような味がして美味い!」とのことなのだが、こればかりを飲んでお腹が膨れてしまい余計に食事がとれなくなるのではいけないとA先生は懸念した。

お酒もそうだったが、気に入った物に対しては依存心を持ちすぎる父。
調子に乗って看護師さんに
「さっき飲んだアレ!
アレは美味かったよ^^喉が渇いたから、またアレを持ってきてくれ!」
と言ったそうだ。そして看護師さんから
「Sさん、アレは喉が渇いたからと言ってジュース代わりに飲む物ではありませんよ!
出来る事なら、ちゃんとお食事をとって下さいね!」
とお叱りを受けたらしい。

退院する際も”エンシュア・リキッド”を一日一・二本の割合で飲めるようにと処方してもらった。
しかし食事もとらずに、調子に乗ってそればかりを飲んでいたので、退院後・あっという間に無くなってしまった。

本当なら食事をちゃんととって貰いたいのだが・・・
しかし固形物は取りたがらない父。
私は何か、一般でも入手出来る物で代用品はないだろうか?と考えた。
以前から食事が取れない父に、ブロックタイプの”栄養補助食品”を食べるように買いだめして来ていたのだが、それも駄目であった。
そして”カロリーメイトのドリンクタイプ”なら、確かカフェオレ味もあるし大丈夫かも?と思い、ネット通販で大量に仕入れてみた。(カフェオレ・コーヒー・ココア味の3種類)

別にそればかりを飲んで欲しいわけではないが、少しでも栄養がとれるのならば・・・の一心だった。

が、しかし”カロリーメイト”はお気に召さなかったようだ(-_-;)
10月14日の診察時も、この”エンシュア・リキッド”を大量に処方されて自宅に帰って来た。

こんな物ばかり飲んで・・・と思っていた。
だが・そんな頃から少しづつだが、父に変化が見られ始めた。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/71-b90ccb2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。