--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 03

5クール目開始!

手術をする事を視野から外し、検査自体を拒ぶ事を選んだ父と私達家族。

この先の抗がん剤治療は、投与の仕方を変えるとA先生から話があった。
今までは 3週投与 → 1週休み = 1クール
これからは 2週投与 → 1週休み
これを続けていくのだと言う。
この投与の仕方は”無事に手術が出来た方”の、予後の予防的に受ける治療の仕方なのだとA先生からは説明があった。

2009年10月21日(水)この日から抗がん剤”5クール目”が始まった。
この日の血液検査は、数値的に異常なし。
無事に治療が出来た。
次の治療日は次週の10月28日(水)になった。



イチローの唐揚

病気になる前から私の実家では、父がよく台所に立っていた。
特に父が作る”唐揚”はとても好評で、家族は勿論の事・IちゃんやKちゃん、小さい姪っ子のK美でさえ大好きだった。
唐揚を作り始めた当初の物は、味は美味しいのだがとてもしょっぱくて、其れのみを食べれる様な代物ではなかった。
唐揚一個あれば、どんぶり飯3杯はいけると言うほどの”しょっぱさ”であった。
しかし父なりに試行錯誤を重ね、ここ数年はとても”美味い唐揚”へと変化していた。
私たちが口々に褒めると
「そりゃ・そうだよ!その辺のお惣菜や店で食べる物より、お父さんが作ったほうが美味いに決まってる^^」
と調子にのっていた。
数時間にわたり”イチロー特製の秘伝ダレ”に漬け込むらしい。

しかし病気になったばかりの当初、気遣ってくれる皆に感謝の意を込めて”唐揚”を作ってくれた父。
その時はまだ善かった様だ。

その後、抗がん剤を受け始め副作用に悩まされ始めてからは、漬け込む臭いと揚げる油の臭いが気持ち悪いと言い、作る事はしなくなっていた。

抗がん剤5クール目に入る頃から、揚げる事さえしなかったが、肉を漬け込むまでは出来るようになっていた。
皆が喜んでくれるならと思い考えた、父なりの感謝の気持ちだったのであろう。
「父ちゃん、気持ち悪くなったら困るよ!そんな無理しなくても・・・」
と言ったが、父は
「さすがに揚げるのは無理そうだから、みぃーが揚げてくれ!」
と言い、久しぶりに父の特製唐揚を食べる事が出来た。

正直・漬け込む臭いさえ鼻につき、気分は悪かったであろう父。
しかし自分が出来る”皆に喜んで貰える事”をしたい一心で作ってくれた。
少し前までの状態からは、とても考えられない行動だった。

無理はしているものの、前よりは少しでも善くなっているのかな?
と思いながら食べる”イチローの唐揚”は涙が出るほど、最高に美味しい唐揚であった♪(v〃∇〃)


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m



スポンサーサイト

comment

カモメ先輩
ブログ読ませていただきました。
いろいろな思いが蘇り、泣けてきました。
また、お邪魔させていただきます。
2010.02.04 12:48
みぃー。
カモメ先輩さま
はじめまして。ご訪問くださり、有難うございます。
生まれて始めての”ブログ”で、善く判らないまま手探りで何とか更新している状態でして・・・
先程はじめて”訪問者リスト”という物を覗いたところ カモメ先輩さま のお名前を目にしました。
ほんの少しだけ拝見させて頂いた中で(消すかも)と書かれた日記を読ませて頂きました。
綺麗事ぬきで本当にその通りだと共感致しました。
そして一番最初から読ませて頂いた後に、コメント入れさせて頂こう・・・と思っていたのですが・・・
そして自分のブログに戻ってきたら カモメ先輩さま からのコメントを頂いていて、ビックリしていたところです。
このように拙いブログではございますが、お時間ありましたらまた遊びに来て下さいませm(_ _)m
カモメ先輩 さまのブログにもお邪魔させて頂きます♪
宜しくお願い致します(`・ω・´)
2010.02.04 13:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/72-5ac527cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。