--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 04

寂しいのかなぁ?

2009年11月11日(水)
本来であれば 10月28日→抗がん剤投与 11月4日→休み であったが、
10月28日→中止 11月4日→抗がん剤投与 となった為11日は診察が入らないはずなのだが、今までの経験上抗がん剤投与した次の週は白血球値が下がってしまうので、念の為診察の予約を入れてもらっていた。

案の定 WBC - 2920 で、大分数値が下がっていた。
この日も白血球値を上げる注射をして貰い帰宅した。


膵臓癌を告知された当初から、なるべく毎日実家に顔を出し、週末は泊まるようにしていた。
10月に入った頃からだろうか・・・
平日の仕事終わり、何時も通り実家に顔を出すと
「みぃー、今日は泊まっていかないのか?」
と父はよく言ってきた。
「なぁ~に言ってんの?明日も仕事だし、着替えも持ってきてないよ!」
と言う私に
「お父さんのパジャマを着ればいいだろっ!
朝だって、実家から会社に行けばいいじゃないか!」
と、何故か私を泊まらせたがる事が多くなった。

いくら一人暮らしで自由が利く身と言えど、私も一応は社会人の端くれである。
何を?と聞かれても困るのだが、自宅に帰ってからも色々としなければならない事はある。
「んじゃ、金曜日なら次の日休みだから泊まりに来るね!」
と言い、度々・後ろ髪をひかれる思いで実家を後にしていた。



亡き”タイケル”の事

私の実家では、今から2年前まで猫と共に生活をしていた。
アメショの♂で、名前を”タイケル”と名づけていた。
元々は私が一人暮らしをしている時に同居していたタイケルなのだが、20歳の時・実家に帰って来た際、一緒に連れて帰って来たのだった。
タイケルはブラックスモークで、子供の頃はアメショらしい模様が目立ったが、大人になると共に模様が目立たなくなっていた。
そんなタイケルを父は「黒猫だろ?」と言っていた。
最初こそ「猫なんか・・・」とは言っていた父だが、生活するとともに・まさに”猫っ可愛がり”する様になった。

私達子供が成人し、兄こそ同居はしているが仕事で一日の殆どは居ない。
姉も結婚し家を出て行き、寂しい思いをしていたのだろう。
父はタイケルをまるで”孫”のように可愛がってくれた。
タイケルの為に自分は存在しているかのような、そんな可愛がり方だった。

私が再度・家を出る際、そんな父を見るに見かねて実家にタイケルを預ける事にした。
私も泣くほど辛かったが、タイケルに会いたくなったら実家に来ればいい。そんな思いだった。

今まで病気をすることも無く、いつも父に寄り添っていてくれた。
そんなタイケルが2年前に亡くなった。
17年と4ヶ月生きてくれた。
父の気の落としようは”半端”ではなかった。

合同墓地だが、毎年数回は必ずお参りにいっている。
癌になってから(?)の事だろうか、父は”捨て猫”を保護しようとして母に怒られたようだ。


そんな事を思い出し、父は寂しいのだろうか?と思った。
自分の生きる意味を何かに求めているのか?
”こいつの為に俺は生きなければいけない”と思えるようななにか・・・

私はもう一度、猫との生活を・と考えたが、やめた。
”猫”にではなく”家族”の為”自分自身”の為に頑張って生きて欲しいから・・・

父ちゃんが寂しいなら、何時でも泊まりにいくぞ!
と思い直すようになった頃でした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

ちびにゃん☆
昨日は私のつたないブログにも訪問とコメントをありがとうございました。

頭の中では、あー書こう、こー書こうと思ってはいるのですが
なかなか文章にならないものですね・・。

話せば長くなるのですが、、、
実は、うちの父が昨年の6月にすい臓ガンで他界いたしました。
闘病ブログを残すことも出来ないくらい早かったです。
2007年の11月に早期の胃癌の手術をして、1年後の2008年10月に
新たな癌が出来まして・・。
手術も出来なくて、ジェムザールも殆ど効かなくての闘病でした。
緩和ケア病棟があるところに通っていました。
でも、この病棟にも入院は2週間でした。。

もう7ヶ月、まだ7ヶ月と日々過ごしております。
父の乗っていた車を見かけると、つい運転してるのか!?とか思い・・
シルバー人材センターの人たちを見かけると、その中に探してみたり・・
淋しいものですね。

今は母と旦那と猫の桃ちゃん・そして私の3人と1匹で住んでいます。
桃ちゃんは、父とは1週間ぐらいしか過ごしてないかもしれません。
母とも7ヶ月くらいなりますが、まだ「シャーーe-262」って
言います。困ったものです(笑)
でも、私たちの癒し・・家族なのです。

タイケルくん、17歳だったのですね!!
すごいですね! 桃も見習わないと。
亡くなったとき、お父様の悲しみも相当だったのでしょうね・・。
でも、みぃー。様やご家族がそばにいらっしゃるから
お父様も心強いですよ☆

ブログ村を訪問中にここのブログにもお邪魔していました。
境遇が似ていたせいもあり、通りすがってました。
温泉でも旅行でも行けたらいいでしょうにね!
うちはもうどこにもいけなかったので、羨ましいんですが・・。
お父様もしんどいんでしょうか・・・。
みぃー。様たちも無理しないでくださいね。


なかなかコメントできなくてごめんなさいm(__)m
これからは、お邪魔したいと思います。
私のとこにも遊びにきてくださいね。。
あ、ブックマークしてもよいですか?


2010.02.05 15:53
みぃー。
ちびにゃんさま

こんにちは^^此方こそ、こんな拙いブログにご訪問下さり、コメントまで・・・有難うございます!嬉しいです!

正直、別ジャンルのブログ主様が何故・・・?
とちょっと疑問に思っていました。

お父様とのお辛い過去をお持ちだったのですね・・・
お辛いでしょうに、お話を聞かせて下さって有難うございました。
そしてとても暖かいお言葉まで・・・感謝します。


我が家のタイケルは病気もせずに長生きしてくれて、長い間家族と共にいてくれました。
本当に感謝しております^^
桃ちゃんはお母様に「シャ-!」て、しちゃうんですね^^
タイケルも当初、父には一歩も近寄らずしょっちゅう「シャーシャー」言ってましたょ^^
まぁ、イチローの場合は無理に抱こうとしたりしてましたから(-_-;)
しかし何だかんだと数年後には、父に一番懐くようになっていました♪
桃ちゃんも早くお母様と仲良しになれるといいですねぇ~^^

こんな拙いブログをブックマークして下さるなんて・・・
喜んでお願い致します。です^^
私も是非、ちびにゃんさまのブログをリンク先に置かせて頂きたく存じます♪
これからも、どうぞ宜しくお願いしまぁ~すm(_ _)m
2010.02.05 16:29

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/74-7ef29484
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。