--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 04

旅行計画・再び?

2009年11月18日(水)
ここ最近では、一体・今は何クール目に該当するのか定かではなくなってきている。
この日の WBC - 4390 で抗がん剤治療を受ける事が出来た。
来週は中止を予想したのか、次回の予約は 12月2日(水)となった。
その間に何かあれば、直ぐに来て下さいね!とA先生からのお言葉を頂いてはいたが・・・。


久しぶりに姉と呑みに行こうと予定をたてた。
11月28日(土)に予定をたてた為、27日(金)実家に泊まりに行き、その旨を話した。
「明日は久々に姉ちゃんとIちゃんと3人で呑みに行って来るから、泊まりにこれないよ!」
との言葉に
「あんまり呑みすぎるなよ!でも、沢山呑んで来い^^」
と訳のわからない言葉をかけてくれた父であった。


冬で日が暮れるのが早くなった事を善いことに、夕方(?)5時から呑み始めた。
こうして呑むのは、本当に久しぶりであった。

以前私が計画をたてた”始めての家族旅行”であったが、敢え無く中止となってしまった。
あの時はまだ夏で”温泉”と言う感じでもなかったが、今なら季節がら”温泉”はドストライクであろう。
最近の父の様子であれば、何とか決行出来る様な気がしていた。

姉とIちゃんにその事を話し出してみた。
四の五の言わずに、日にちを決めてしまおう!と、行き先を決める前に日にちを決めてしまった。
後はその日に皆の予定を合わせるだけ・という無謀とも思われるものだが、その計画をたてながら盛り上がった。

そして、今までの経緯を3人で思いおこしていた。
長かったようで、あっという間の数ヶ月だった。
一時はどうなる事かと何度も危惧したが、何とか乗り越えてこれた。

以前の旅行計画は”思い出作り”的な要素も少なからず含んで考えていたが、今回は違う。
後は、父に伝えるだけだ!
・・・しかし、父ちゃんのことだからなぁ~(-_-;)
と不安な気持ちも正直あった。”行く!”と言ってくれれば善いけど・・・

明日、実家に行った時に話してみよう!と、期待を膨らませていた私であった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m


スポンサーサイト

comment

カモメ先輩
抗がん剤治療をするにあたって、WBC値は続行可能かどうかの重要な要素になるので、常に気をつけていました(担当医が)。値が2桁になったり、敗血症になりかけて、数回隔離されたことを思い出します。
がんになってから玉川温泉にほぼ毎年プチプチ湯治にいってます。
2010.02.05 09:10
みぃー。

カモメ先輩さま

私の父は、WBCの数値が一番下がったときでも1000以下になったことはありませんでした。
それでも見ていて辛くなるほど酷い状態でしたが、2桁にまで下がってしまわれたとは・・・
きっと口では言い表せないほどの、お辛い症状の数々を経験されてきたのだとお察しします。

あまり数値に振り回されないよう考えていたのですが、考え方を再度・改め直そうと思います。
ご経験上からの貴重なご意見、大変参考になりました。
本当に有難うございます。

しかし・・・”プチプチ”と湯治に行かれているのですね^^
2010.02.05 12:30
カモメ先輩
抗がん剤治療は、効果や副作用による苦しさの個人差が凄くあり、出たとこ勝負な面があります。
自分は足掛け2年で19クール+放射線+手術をやりましたが、一度も吐かなかった珍しい症例です。当時は排泄で苦労しました。
2010.02.06 14:30
みぃー。
カモメ先輩さま こんにちは^^

度々・ご経験上からの貴重な参考ご意見を有難うございます。
”足掛け2年で19クール+放射線+手術”ですかぁ・・・そして珍しい症例・・・
と言う事は、カモメ先輩さま は抗がん剤と(変な表現ですが)相性が善かったという事になるのでしょうか?
父は当初手術も出来ずに抗がん剤を始めました。
よく耳にする”吐き気”や当人が一番気にしていた”脱毛”などの”副作用”に悩まされる事は少なかったようです。
”ステント”が原因による”吐き気”と”嘔吐”が数回あるにはありましたが・・・
手術をしないと決めたので、抗がん剤が効いているうちは抗がん剤を続けるつもりです。
担当医が言って下さった「抗がん剤と相性が合っている」
私も父のような症状は珍しいと思い、ブログを立ち上げてみたのですが、やはり”合う・合わない”と人・其々、色々とあるものなんですねぇ・・・
余命宣告された時に「抗がん剤が上手くいって1年」と言われましたが、カモメ先輩 さまのように2年うけられてる方も居るのだと教えて頂き、なんだか心強いです。
いずれは効かなくなる日もくるのだと、覚悟はしておりますが、希望を捨てずに父を支えていこうと思いました。
参考になります。本当に有難うございまいた。m(_ _)m


2010.02.06 18:38
カモメ先輩
医師から説明があったと思いますが、がん細胞に薬剤耐性がつくと、抗がん剤はがん細胞には無力になりますが、血液毒性と骨髄抑制は進み体が破壊されます。抗がん剤は組み合わせを変えれば、また効いたりもします。
自分がなったがんは、14クールが基本というハードルの高さでした。命が保障できる限界、19クールまでしました。
本当はこういった話をブログに書いたほうがいいのかも・・・。
2010.02.06 19:19
みぃー。
カモメ先輩さま
たびたび参上 して下さって有難うございます^^
やはり我々身内により書かれるブログよりも、辛い経験をされたご本人による言葉の重みは全く違うように思います。
父や母は高齢なため、医師からの説明はよく理解できないようです。
そのため私達子供が父や母に代わって話を聞いてはおりますが カモメ先輩さま のようにご自身による経験というのは大変参考になりますし、有難いものでございます。

今まで拝見させて頂いてきた、ご本人による闘病ブログの数々・・・
その方たちは、日々の喜びなどが綴られていました。
確かに経験された事を教えて頂ける事はこの上ない事です。
私個人の考えで恐縮ですが カモメ先輩さま の”くすっ”と笑わせて頂けるブログは大好物です^^
とてつもない辛い経験をされたにも関わらずの、日々綴られる日記はとても感慨深いものであります。
例え今の路線から変わろうとも、私は変わらずに訪問を続けさせて頂こうと思っています^^

何を言いたいのか、上手く伝えられなくてごめんなさい(。・人・`。))
2010.02.06 20:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/75-ef48906c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。