--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 18

下がらない・・・

ステント治療後の翌日から、毎日お見舞いに向かった。
身内内で時間をづらし、父があまり1人にならない様に各々病院に顔を出す。
「そんな毎日、来なくて良いよ」
と父には言われたが、それでも
「別に、来ても良いじゃん」
と、お互いに素直ではない言葉を交わしながらも、実はお見舞いに来てくれるのが嬉しい父と、顔を見たい私。

我が父、イチロー曰く、父と私は性格が良く似ているとの事。
お互いに照れ屋で、ぶっきらぼう。
知らない人が2人の会話を聞いたら、喧嘩してる?と、思われるかも知れない。
父・娘と言うよりは、歳の離れた友達同士と言う感じの会話の仕方。
何でもっとお互いに優しい話し方が出来ないのかと思う(><)
しかし、お互いにそんな性格を十分に理解しているので、まぁ・善しとしよう。
憎まれ口を利く父の方が、父らしいし、何か安心する。

ステント治療後から、黄疸値が中々下がらない。
医師の説明だと、黄疸が出始めてからあまりにも日にちが経ちすぎている為に、中々数値が下がらないとの事だが、
その間父はずっと絶食中で、見ている此方が辛くなった。
身体の痒みも緩和されず、あまりの痒さに夜も寝れないらしい。
足や腕も搔き毟り過ぎて、彼方此方から血が出ている。
元々父は細身だが、絶食中もあり腕も足も前にもまして細くなっている。
そして、その身体は黄色い。
毎日のお見舞い、行く度に「昨日よりは肌の色が、元に戻ってきてるじゃん」と、社交辞令の様には言っていたが、
正直戻ってきてはいなかった。
代わってあげられる事なら、代わってあげたいと思った。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/8-cd09a112
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。