--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 06

2010年に突入

何事も無く2009年を越す事が出来た。
2010年1月2日(土)この日は姉夫婦と姪っ子、Iちゃんと私が実家に集まり総勢8人での新年会。
去年の暮れから持って行くと約束していた”カニ”と姪っ子への”お年玉”を携えて実家に向かった。

12月のとある日の事。
食にはさほど興味の無い父が
「みぃー、お父さんは”唐揚”を作るからお前は”カニ”を持って来てくれ!」
自分でもこのままの調子なら、無事にお正月を迎えられると思ったのだろう。
其れまでは先の予定をたてたり、先の約束はしようとしなかった父。
それどころか
「無事に正月を迎えられるか判らない・・・」
などと言っていた父から、お正月に用意する食材の事を言い出した時は嬉しかった♪
「判ったよ!んじゃネットで”カニ”頼んどくから!」
と毎年暮れになると頼んでいたネット通販で”カニ”を購入した。
・・・しかし”カニ”とか言ってるけど、自分は食べないのに?
皆の為にか?・・・まぁ・いっか!

実家に着くと、丁度姉夫婦と姪っ子も到着したばかりだった。
父は外に出ていて皆を待っていてくれた。
父が姪っ子のK美に「善く来たね^^」と声を掛けていると言うのに、当のK美は私の顔が見えた途端
「みぃーちゃん♪」と父を素通りして私の元に走ってきた。

因みに私は姪っ子に”おばちゃん”とは呼ばせていない。
あくまでも”みぃーちゃん”と呼ばせる心の狭い叔母なのだ。( ̄ー ̄;)

K美はとても私に懐いてくれている。
子供の居ない私も、そんなK美のことはとても可愛く思う。
しかし私が傍にいると、父や母が話しかけようとも無視をしてしまう。
まだ幼いK美に大人の諸事情が判る筈もないので仕方がないのだが、実家に来た時くらいは父や母とも触れ合って欲しいと思う。

そんなK美を騙し騙し相手にしつつ、しっかりと”爺ちゃん・婆ちゃん孝行”をさせる。
中々気をつかう作業なのだ(-_-;)

我が父、イチローは元旦から”肉を漬け込む作業”に入っていたらしく10kg近くの”唐揚”を作ってくれていた。
そして簡単なお節と、私の持ち込んだ”カニ”で、食卓はそれなりに整った。
お酒さえ呑まない父だが、この日は普段口にする事ない”カニ”もお気に召したらしく結構食べてくれた。
その食べっぷりは見ていて気持ちがいいものだった♪

ああ・こうして何の変哲もないお正月の風景が目に出来る幸せ(人´∀`*)
その幸せをきっと各々の胸に刻んでいたに違いない。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/80-f075ce63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。