--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 09

風邪っぴき

2010年2月1日(月)
誕生日だと言うのに風邪で会社を休み、ベッドの上でネットを見まくり、更新をする。
友人からの有難い”おめでとメール”を貰い”寝てますメール”を返信すると”お大事にねメール”に変わった。
・・・切なかった(-_-;)

2月2日(火)何となく調子が悪かったが出勤した。

2月3日(水)父の診察の日。
病院から帰宅後の兄から、今日の報告をメールで教えてもらう。
抗がん剤は無事に出来た。
”痺れ”についてA先生に聞いてくれたとの事であった。
抗がん剤の種類によっては、そのような副作用がでるらしい。
しかしジェムザールでは、あまり聞かないと言う。
もう暫く様子を診ましょうと言う事になった。

普段なら会社帰りに実家に行くのだが、前日会社から帰って来た時には熱がぶり返していた。
父が”癌”になってから、姉も私も具合が悪い時は敢えて実家に行かない。
抗がん剤投与後に、風邪でもうつそうものなら大変だ!

姉は忙しく元々実家にはあまり顔を出せないので、その事は父も気にしない。
しかし自由と時間を持て余している私が実家に行かないと
「なんだ?具合でも悪いのか?」
と必要以上に心配をかけてしまうらしい。
実家に顔を出せない時は必ず兄にメールで報告する。
「具合悪くて行けないけど、父ちゃんには言わないで!用事ができた。とか言って、誤魔化しておいて。」
自分の事を棚に上げ、娘の心配を最優先にしてくれる父に申し訳ない。

兄にはメールで言っておいたのだが、やはり心配させてしまった。
夜、母から電話があった。
「大丈夫?ちゃんとご飯食べてるの?お父さんが心配してるから、何か持っていこうか?」
との問いに
「大丈夫だよ!ご飯もちゃんと食べてるし、平気だから。」
と応えたが、汚い話しだが食べれば”下痢”か”嘔吐”で眩暈に頭痛・腰痛で辛かった。
医者に行きたくても家から出るのは無理そうだった。
常備薬のロキソニンとメリスロンを飲み凌いでみる。(そのくせPCはやっていたが・・)

そして母がこうも話した。
「お父さんが前から行きたがってた”田舎”(母方の実家)に、明日3人で行ってくるから」
との言葉に「ふ~ん、父ちゃんは大丈夫そうなんだ?んじゃ、気を付けて・宜しく伝えてね。」と言って電話を切った。

田舎に行きたがってた?そんな話しは、聞いたことが無い。
去年の入院時に何度かお見舞いに来てもらい、そのお礼にはもう行ったのに・・・
そう考えたら自分が昔着ていた服なども、やたらKちゃん(姉の旦那様)やIちゃんに
「俺はもう着ないから、よかったらどう?」
と言っていた。
今年に入り、父はまた体重が増えた。服が大きすぎるなんて事もない。
Kちゃんは父の服は何とか着ることが出来るので、今着てもおかしくないような物を何着か貰ってくれた。
(まぁ、Iちゃんに関しては全くもって無理なのだが・・・)



何か思うところがあって、そのような行動を取っているのだろうか?
体調の善い今だから?まさか・身辺整理とか・・・?と一瞬考えてしまった。
・・・ううん、そんな事はない。
具合が悪いと”ろくなこと”を考えやしない。考えすぎだと自分を諌めた。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/88-093afffa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。