--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 12

独り言

昨日実家から帰宅した時の事。
以前勤めていた会社で、お世話になった方と久し振りに連絡をとった。
私とは一回り以上、歳の離れたこの方は私にとって、とても尊敬出来る方だ。
会社を辞めてから十年近く経つ今も、1年に2・3回の割合でお会いさせて頂いている。

この方は、結婚した数年後に息子さんを二人出産された。
二人目の息子さんが中学生になる頃、ご主人が”脳梗塞”で倒れてしまった。
それまでは自営業をお二人で営まれていたが断念され、ご主人の看病をされながら働きに出、息子さんを育てられた。
ご長男は障害をもたれている。
お母様も病気を患われ、その方のご心労は計り知れないほどのものである。
他人の私からみたら 「何故この方ばかりが、是ほどまでにご苦労されなければいけないのか・・」と思ってしまう。
しかしその方は、そんなご苦労を微塵も見せない。
言葉数も少なく・かといって暗い印象もない。
仕事には厳しく・ご自分の能力も素晴らしく高い。
言葉使いは丁寧だが、表現力は正直・上手な方ではない。が、この方の仰る言葉は重みがある。説得力がある。
私はこの方が大好きだ。口先だけ・うわべだけの人とは違う。

人の痛みを理解できない・または理解しようとしない・もしくは理解する能力がない。
人の言葉を、噛締めて飲み込む前に・頭の中で理解する前に、感情のままで言葉を喋る。

大体、そういう方々は人が話をしている最中にも関わらず、口を挟み「わかる・わかる」「えー、貴方の方がまだいいじゃん。私なんかねぇ・・・」「私の方が大変よぉー」などと、平気でこういう発言をする様に見える。
勝手な言い方ではあるが、話しを聞く此方から見れば大した経験も苦労もしていない様に映ってしまう。
その方々からすると、その事はとても辛く・大変な事なのだと思う。決して否定はしないが賛同する事は出来ない。
人の言葉の真意を見ようとしないし、物事の上っ面しか見ようとしない。
私はそう言う方々とは上手にお付き合いが出来ない。
自分の事を話そうとも思わないし、聞きたいとも思わない。

自分の周りに集まる人間は、自分の鏡である。
周りがいい人ばかりなら、きっと自分がいい人なのだろう。
しかし不平不満をぶつけてくる人だらけなら、自分自身が不平不満を言っているのだろう。

自分の考えている事は大体相手にも伝わってしまうものだと思う。
自分が思うように、相手も私に対して同じ印象をもつのが判る。
私はよく仲の良い人から「考え過ぎだよ、みんな其処までは考えていないよ!自分が疲れちゃうよ!」と言われるが、自分でも嫌になるくらい考えこんでしまう。
はっきり言って、相当 ”重いんだよぉー” ”面倒くさいなぁー” と思われるタイプだ。
考え込む割には考えた事を上手に表現できず、結果・誤解をされる事が多々ある。
そんな表現力の能力のなさに自分でガッカリする。
子供の頃から読書が好きで、かなりの数の本を読んできたにも関わらず、文章力もない。
これは努力を重ねてきても、あまり改善されていないので、表現力・文章力の才能がないのだと思う。自分で自分が残念だ・・・

話しは戻るが、久し振りの連絡で思わず話し込んでしまった。
私の父を気遣って下さり、連絡をしようと思っていたが「忙しかったら申し訳ないから」の理由で連絡を入れられなかったと仰った。
その後お互いに最近の近況報告をし合った。
その方の昔からの大親友様が2月10日(水)に”直腸癌”で亡くなられたそうだ。
お見舞いに行きたいが相手を思い遣り、タイミングを覗っていた矢先の事だったという。
最後にお会いしたのは10月だったらしい。とても悔やまれていた。
亡くなられた方は、入院中・結局一度も自宅に戻る事が出来なかったらしい。
そして亡くなられる二日前は、是以上ないと言う位苦しみ・苦しみぬいた挙句に旅立って逝かれたとの事だった。
しかし息を引き取ったその方のお顔は、とても穏やかで微笑んでいるかのようで、それだけが救いだと仰った。
「きっと・やっと苦しさから解放されたんだねぇ・・・」と残されたご家族と話し合ったという。

表現の仕方や・言葉の受け取り方・考え方は人其々に違う。
そう思うと人の言葉を簡単に否定する事など出来ない。
まして尊敬する方の言葉なら尚更のこと・・・
しかし今日は”その言葉の真意が覗いきれなかった”ことがある。

「10月にお見舞いに行ったときに、熱が下がれば一度家へ帰れると彼女は喜んでいたのに・・・
結局は家に帰れることなく亡くなってしまった。
そして最後は断末魔の叫びで息をひきとった・・・何の為に辛い治療をして、頑張っていたのだろう・・・
だったらいっそ、生きながらえる意味はなかったように思う。」と仰った。

その言葉を考えた。
どんな気持ちでその言葉を仰ったのか、色々な意味で私なりに解釈してみた。
しかし私には判らない・・・
苦しみ・痛みの中で亡くなってしまわれたとしても、それは結果論だと思った。
死のために頑張って闘病された訳ではないと思う。

病気に負けてたまるか!と思うし、そのような表現方法をするが、実際に病気で亡くなられたとしても 死 = 負け だとは思えない。
自殺する方にはその方々しか判り得ない事があり自殺するのだろう。
しかしそうは思っても、伯父が自殺をした時に私は思った。
”伯父は病気からも、自分自身からも逃げたのだ”
その考えを持つ私には、どんなに苦しまれても最後まで逃げずに、病気と闘われた親友様のことを勝者だと思う。
見事にご自分の ”生命” を全うされたのだ。
私なんかには想像も出来ないほどの苦痛・・・並大抵の事ではないと思う。
どんなに痛く・苦しくても生き抜いた日・一日は無駄な事など一切ない。素晴らしい事だと思う。

父に置き換えて考えたら、確かに辛さや・苦痛などを味わって貰いたくはない。
が、絶対に逃げずに立ち向って行って欲しいと思う。
私達家族には、「痛い・辛い・苦しい」と一人胸の中で我慢せずに言って欲しいと思う。

父の気持ちを考えてみる・・・
父が今・何を思い・何を考え・どれ程の孤独感・恐怖感を味わっているのだろう・・・
遣り切れない気持ちで一杯になる。
ただ、命を諦めるような言葉だけはご免だ・・・。

もしも、私がその立場にたったならば・・・果たして自分の命を逃げずに全うする事が出来るのであろうか・・・
立ち向って行けるのだろうか・・・?
自信はないが、立ち向い・命を全うできる人間になっていたいと思う。

尊敬できる方の仰った言葉の意味・・・。
私の幼稚な思考回路では、どうしても理解が出来ない。
今度お会いできた日にその言葉の真意を是非・教えて頂きたいと思った。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m




スポンサーサイト

comment

カモメ先輩
ご友人のお気持ちも本人でないと分かりませんが、「こんなに苦しい思いをして助からないなら、もっと苦痛の少ない道があったのかもしれない。もう苦しみから開放されたのだから、安らかに眠って欲しい。」自分は、母が亡くなった時、そう思いました。
なんか頭がこんがらがってきました。
2010.02.12 18:29
みぃー。
カモメ先輩さま
いつも有難うございます。
私も祖母を亡くした時にそう思いました。
しかしそれらも含め、祖母の一生だったのだと思いました。
生きながらえる意味がない
この言葉だけがどうしても理解できないでいます。
かく言う私も、何度も死を選ぼうとした事はありました。
しかし今、こうして生きている・生きていられる事は感謝の日々だと思うようになりました。
・・・ごめんなさい(><)やっぱり上手に表現できなくて・・。

私の独り言を一緒に考えて下さって、お知恵を貸して下さって有難うございます。
その方に聞く事が出来たら、ご報告させて下さいませ・・。
明日もお邪魔させて貰いにお邪魔しまぁ~す(o^-^o)/
2010.02.12 19:44
ミケ
私自身もとても考えさせられた、みぃーさんの『独り言』でした。

母が膵臓癌の宣告を受け、抗がん剤治療を始めた頃、病院内の『ガン相談窓口』で緩和ケア看護師さんに面談をしてもらいました。
その時、「いつかお母様とのお別れの時が来ても、あなたが取った行動に決して後悔しないでくださいね。ああすればよかった、こうすればよかったと思いがちだけど、それは全て結果論で、今あなたがお母様のためを思ってされていることに間違いはないですからね。そのことを忘れないでくださいね。」と言われました。
それからの私は『今』だけを見て行動しています。
今、母が何を思い、何をしたいか…それだけです。母が「生きたい」と言うから抗がん剤をしています。
『痛み』は本人しか分からない。それを支える『苦しみ』も支えている者にしか分からない。
第三者が他人の『生きざま』について語るべきではないと私は思います。

何だか、上手く書けなくて…ごめんなさい。
やはり文章って難しい…。

要らんコメントになったなら、お許しを…です。
2010.02.12 21:37
ふーみん 
 2度目の訪問になります。
 ふーみんです。はじめまして。

 私には、みぃー。さんが文章能力がないなんて、思えません。
 前回からも、とても共感いたしました。

 実は私の父も名前は一郎”でした。
 事故で10年間寝たきりになり、最終的にはガンで亡くなりました。
 私も命を諦める言葉は言いたくないと思っています。
 諦めませんしv-220
 
 また、オジャマさせてください。。。
2010.02.13 04:32
りりぃ。
今回の記事、また言葉の難しさを考えさせられました。
なぜなら私はこのお友達の言葉を自分が聞いたら何も違和感を感じず
相槌を打ったかもしれないと思うからです。
というのも私の亡母は生前、まだ健康だった頃から
「治る可能性が少しでもあるのなら痛みも我慢する、でも可能性がないのなら短い時間でもいいから痛みなく普通に過ごしたい」
と言っていました。
亡くなった方が治る可能性があったのかどうかはわかりませんが
この方はお友達の辛い最期に心を痛めていらっしゃって
たとえ短い時間でもご自宅で家族と過ごす時間を持たせてあげたかった、と思われているのではないのでしょうか。
もちろん結果論なのですが、こういう気持ちになるのは理解できます。
ただ、
「生きながらえる意味がない」という言葉は、闘病を否定する気持ちで仰ったことではなかったと思いますが
闘病中のご家族を全力で支えているみぃさんの前で言ってはいけない言葉だったのだと思います。
私自身、人間の未熟さで日常こういう失敗が多いので、とても身につまされるお話でした。
みぃさんの日記はわかりやすいしくてユーモアもあるし、ちゃんと主張があって読ませます。
今日も勉強になりました。心から応援しています。
2010.02.13 10:38
みぃー。
ミケさん、いつも有難うございます^^

> 要らんコメントになったなら、お許しを…です。
     ↑
とんでもございませんです 。(>_<;=;>_<)。
少ない脳みそで一人で考えていても、結局は堂々巡りになってしまいます。
他の方のご意見を聞かせて頂ける事は、大変勉強になります (*゚Д゚)φ))
私の面倒くさい独り言にお付き合い下さいまして有難うございました(-人-)
2010.02.13 11:20
みぃー。
ふーみんさま
ご訪問下さり・コメントまで・・・有難うございます^^
履歴から ふーみんさま のお名前を拝見させて頂き、一度お伺いさせて貰ったのですが、最初から読ませて頂いてからコメント入れさせて頂こうと思い、その場は読み逃げしてしまいました・・・(。・人・`。))すみません・・。

お父様 ”一郎” さまなんですねぇ・・。
なんだか ふーみんさま の境遇(元旦那様とか)お父様のお名前だとか、私と近いかも?なんて思ってしまいました。
(勝手な仲間意識でご免なさい -人- )
そして、お褒めの言葉まで頂いて・・・嬉しい限りでございますo(´▽`*)/

ふーみんさま のブログに、度々お邪魔させて頂く事かと思いますが、これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
寒い日が続きますが、お身体ご慈愛下さいませ・・。
有難うございました♪
2010.02.13 11:34
みぃー。
りりぃ。さん、お早うございます。
いつも有難うございます^^
私が考え過ぎなだけなのかも知れなです。本当に自分でも嫌になる位、面倒くさい性格です(_ _|||)
やはり他の方からの考え方を聞かせて頂ける事は、とても勉強になります。
りりぃ。さんの仰って下さった
”闘病中のご家族を全力で支えているみぃさんの前で言ってはいけない言葉”
もしかしたら、そう言う感じで私が受け取ってしまい、違和感を覚えたのかも知れません。
だとしたら”言葉の真意が覗えない”なんて、偉そうな事を書いた自分が恥ずかしい気持ちになりました。
ミケさんが仰って下さった言葉ともリンクしているなぁ。と思いました。

私はお調子者なので、褒められると直ぐに”頭にのる”人間で・・お褒めの言葉など頂いた日は有頂天でございます♪
(そのくせ、褒められても伸びるタイプでもないのが、また残念ですが)
いつも勉強させて頂いているのは私の方でございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
有難うございました d(>ω<*)☆
2010.02.13 11:52
メイ
先日、こちらのブログにたどり着き、少しずつ過去記事すべて読ませて頂きました。
イチローさんの回復力、すばらしいですね。
すい臓癌の方や、そのご家族にとって、こちらのブログは大変励みになるだろうなと思います。
いまさら、なんて思わずにブログ立ち上げてくれて、ありがとうございます。

今回のお友達の言葉ですが、彼女が常日頃から考えてる事ではないのかもしれないと思いました。
苦しんで亡くなった友人が、可哀想で可哀想で、ついそんな事も考えてしまった・・・そんな気がします。
もちろん、闘病中のご家族のいるみぃー。さんに言ってはいけない言葉だと私も思いますが、そうゆう考慮も出来ないくらい深い悲しみに陥ってしまっていたのかもしれません。
勝手な解釈かもしれませんが・・・。
2010.02.13 12:49
みぃー。
メイさま
ご訪問下さり、コメントまで・・・有難うございます(-人-)
短い期間でかなりの日記を書いた(つもり)ので、全て読んで頂くことはかなりお疲れになったのではないでしょうか?
読みづらいブログだと思います。なのに・・・有難うございます^^

勝手な解釈かもしれませんが・・・。
    ↑
そんな事は決してないです(・д・ = ・д・)
他の方の意見を聞かせて頂く事は、本当に・大変勉強になります。
私こそ、その方の悲しみを判ったようなつもりで、実は理解出来ずに配慮が足りなかったのでは・・?と思います。

メイさま 貴重な参考になるご意見を有難うございました o(>Д<。*)ノ゚

メイさま のところにもお邪魔させて頂きます^^
これからもどうぞ宜しくお願い致します♪(*^▽^*)
2010.02.13 14:01

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/93-5eb8af49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。