--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. . 18

告知のエピソード

2月18日(木)
明日・実家へ泊まりに行く事にしたので、今日は顔を出さなかった。
父ちゃんは、ご飯食べれたのかなぁ・・?と心配しながらの更新。
電話で聞こうにも我が実家の就寝時間は以上に早い!
嘘のような本当の話、私が泊まりに行かない時は父も母も夜8時までには布団に入る。
母は のび○ なみに寝つきが早い。・・・父ちゃんは寝れてるのか?

たまに自分のブログを読み返してみたりする。
まぁ・読みづらいブログだこと・・・誤字・脱字が沢山あってお恥ずかしい(´Д`;)
そして大分・はしょって書いてきたので、書いたつもりであった事が抜けていた。
以前、告知された時のエピソードは書いたけど”余命宣告をしない”事を決めた時の日記を書いていなかった!

今更だけど追記しておこうと思う。

当時・入院していた隣県のK病院で”膵臓癌の告知”を受けた。
その時は(正式に告知された時)父と私の二人であった。
しかし翌日の担当医との話し合い時に、母・兄・姉・私は父の”余命宣告”を聞いていた。
『早くて3ヶ月か半年・・・抗がん剤が上手くいって1年』

自宅に帰り、4人で話し合った。

母の意見 → どちらでもない
1、自分の身体なのだから、自分で察知するだろう。
2、本人から聞かれたら教える。
3、此方からは敢えて教えない。

兄の意見 → 時期を覗って告知する
1、自分の身体の変化は自分が一番解るはず、隠し通せる訳がない。
2、万が一を迎える時に、思い残す事が無いようにしてあげたい。
3、もし自分だったら、そうして貰いたい。

姉の意見 → 告知しない 
1、余命宣告通りになるとは限らない。
2、父が受け止められる訳がないし、精神的に耐え切れない。
3、生きる希望を失くしてしまう為、治療さえも受ける気力が湧かなくなる。
4、もし本人に聞かれても隠す事が懸命だ。
5、もし自分だったら、余命宣告して欲しくないから。

私の意見 → 告知する
1、余命宣告通りになるかは判らないが、自分の命なのだから知る権利がある。
2、父が余命宣告に耐えられるかどうかは本人次第で、私達が勝手に決めつけるのはおかしい。
3、余命宣告するからには、父の精神面も含め・何があっても家族が全力で支える。
4、自分の余生の過ごし方は自分で決めて貰いたい。本人にはその権利がある。
5、私なら絶対に告知して貰いたい。

同じ家族でも考え方は各々違うが、兄と私の意見は殆ど一緒だった。
母は無理に言う必要もないし、だからと言って無理に隠す必要もない。
姉だけが全くの反対意見であった。
しかし・この話し合いに”正解”などは何処にもない。
結果、兄の意見を尊重して現在に至っている。

あの時、父本人に言っていたら最悪の現在になっていたのだろうか?
・・・しかし・そんな事は現在となっては誰にも判る筈がない。

乗り越えてきた現在だから、きっとこれで善かったのかも知れない。と思う。
今は有難い事に抗がん剤が効を奏している。
この先は・・・?それも判らない。
先の見えない暗い状況を考え・絶望するのではなく、父と過ごしていける現在を、明るく過ごして行きたいと思う。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
    ↑
ランキングに参加させて貰っています!
お手数おかけしてすいませんが、
宜しければクリックをお願い致しますm(  )m
スポンサーサイト

comment

はじめまして。
私の母(78才)も膵臓癌です。
2008年5月に手術を受けました。
その後、TSー1を飲んでいましたが、これが合わず無治療で1年7ケ月
昨年暮れに腹部のリンパ節の横に転移
現在は、その部分に放射線治療をしています。
この後はジャムゼールでしたか?抗がん剤治療すると言われてます。
今は高齢の母がこの治療に耐えれるか心配です。うちも兄弟3人なんですよ~
先日、3人で今後の治療をどうするか話し合いましたが、
最終的には母に判断をしてもらうことにしました。余命については今の所主治医からは何も言われていないので
母はすべて知っています。
今日の記事を読んで
先のことを不安に思うより、母と過ごす日々を明るく楽しく生きていこうと力をもらえました。
ありがとうございました。引き続き日記を読ませていただきますね。
お互いにがんばりましょう。
2010.02.19 05:29
みぃー。
蓮さま
はじめまして^^
このような拙いブログを読んで下さり、有難うございます♪
コメントも有難うございます♪嬉しいです^^

当初の余命宣告通りだと、そろそろ一年が経つので不安もあります。
体調は下降線を辿っていくのか?それとも現状維持なのか?
是ばっかりは判りませんよねぇ・・。
出来なくなる事ばかりを考え落ち込んでいくよりも、まだ出来る事に感謝をもって明るく過ごす方が有意義な気がいたします。
せっかく共に過ごせる1日ならば、辛い顔をして過ごすより少しでも笑っていたいと思います。

ブログの内容も”辛い”事ばかりを書くのではなく”楽しい”や”嬉しい”事をなるべくなら書きたいと思っております^^
自分達家族の思い出になれば・・・と思う気持ちもあるので、後で読み返した時に”ああ・辛かった”しか思い起こせない様なら寂しいな・・・と思います。
なので、どんな小さな喜びも綴っておきたいと日々・更新しております^^
その結果、とても訳の判らない内容となっておりますが、どうぞこれからも引き続き宜しくお願い致します(-人-)

連さま 『ありがとうございました』なんて言って下さって、此方こそ『有難うございました』です^^
こんなブログでも、そのように思って下さる人がいらっしゃる・・・。私こそ感謝です!
2010.02.19 13:20
ミオ
遅い時間に失礼します。
みぃー。さんご自身も、辛い持病と戦っていらしたんですね。
ご自分のこと横に置いて、家族の事を、お父様の事を想うみぃー。さん。
心優しい方ですね。
読み返し、自分の小ささに、自己嫌悪しちゃいましたよ。
告知って、難しいですよね。
どんな病気でも、本人の気力が大きく左右すると私自身は思っています。
希望をなくしたら、病状は進行して行くようにも思えますから、私もお兄さんの意見と同じですね。
何度も再発を繰り返した母の事を、何時か書きたいと思っていますが、母に葬儀の準備をした事が有るんですよ。
今は、克服しています。
小さなキッカケで、余命宣告が変わる事だって有るんです。
国内で使用できる抗がん剤も、許可されて増えてきていますから、克服される道だって残されています。
明るく楽しくが、一番の免疫治療に繋がるように思えます。
それをシッカリとされている、みぃー。さんが、強く明るく輝いてみえます。
お父様を思い、家族が一つになれるって素敵なご家族ですね。
ご自身の体調は酷使されないでご自愛くださいね。





2010.02.20 01:12
みぃー。
ミオさま
ご訪問とコメントを有難うございます♪
そんな、お褒めのお言葉を頂けるような私ではありませんよぉ~(・д・ = ・д・)
しかし直ぐ調子に乗る私なので・・・お恥ずかしいです(/□\*)

お母様のご葬儀の準備をなされた事がおありになるんですねぇ?
それほどまでに大変なご状況を乗り越えられたなんて、素晴らしいですね!
父も何度となく最悪になりそうな状況を乗り越えてきてくれました。
ミオさま が仰って下さる様に、明るく笑顔で過ごしていこうと思います♪

暖かい・お優しいお言葉、参考になるとともに、胸に染み入ります。
有難うございました^^

ミオさま、お加減は如何ですか?
ご無理される事ないように、お身体ご慈愛なさって下さいね。
2010.02.20 12:53

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://mie120.blog107.fc2.com/tb.php/99-0235497a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。